FC2ブログ

も~っと! おジャ魔女どれみ 「みんなで!メリークリスマス」

あとひと月ほどで、チバテレビでのおジャ魔女さんの第3期ドサまわりは
終わります。第4期に繋がるかどうかは未定です。
とにかく今は、全力投球するしかない。

というわけで、今週は「長門かよこシリーズ」の完結編を持ってくることに。
第3期の飛び道具を持って勝負に出たおジャ魔女さん。

ちなみに、第一回はこちら、第二回はこちら


過労が祟って学校で倒れてしまった瀬川おんぷ。
保健室に担ぎ込まれ、そこで保健室登校をしている長門さんと話すことに。

  

瀬川さん:「学校にいるほうが、気が休まるから(棒読み」
嫌味か…。いや、これだけ大切な友達がいれば、お仕事よりも
気が休まるでしょう。

皆で給食をとることになり、長門さんが発した言葉は
「どれみちゃんは、あたしが学校に来られない理由をきかないの?」

  

春風さん:「かよこちゃんはもう、学校来てるじゃん」
長門さん:「…ッ!!」

それでも、この親友には自分の事を聞いてもらいたい。
学校に来られなくなった理由を話し始める長門さん。

  

思わず、裏で先生方の動きも慌しくなります。

長門さんが語った過去。

  

慎重で丁寧な性格ゆえ、やる事なす事が遅い長門さん。
決して悪い事ではないと思いますが、クラスメイトにウザがられ。
「長門のせいで、うちの班いつもビリだよ」
「ほんとほんと、やる事が遅いのよ」
クラスメイトの陰口を聞いてしまった。

頼りにしていた林野くん(CV夏木りん)にも、冷たくあしらわれて
絶望してしまった長門さん。彼に悪気は無かったようですが、繊細な
長門さんにはショックだった。

  

クラスメイトが謝って、これでOKかと思いきや、根はもっと深いところに
ありました。

  

当時の担任・市川先生の対応がまた良くなかった。
このままでは将来が駄目になるとか、お願いだから学校に来て頂戴とか
子供にプレッシャーをかけまくり。

教え子を愛するが故であったと、将来長門さんは思い出すでしょうが、
当時は市川先生に恐怖や怒り、申し訳なさを覚えたかと思う。

おまけに、彼女が不登校になったせいで、両親が不仲に。
父親が母親に手をあげるのを見てしまった。

自分がちゃんと学校に行ければ、皆が不幸にならずに済む。

  

学校に行かなければと思えば思うほど、嘔吐してしまう。
私事ですが、長門さんのゲロ酸っぱさ苦しさがよくわかるだけに
辛いシーンです。

自己嫌悪に陥って苦しむ長門さんに、泣きながら抱きつく春風さん。

  

春風さん:「あたし、かよこちゃん大好きだよ!」

春風さんが天使に見える、今週最大の名シーンです。
(似たようなシーンを7月頃に見た気もしますが、気のせいでしょう)


関先生の計らいで、現在不登校の子供たちのためにボランティアを
している市川先生に会いに行くことに。

  

所謂フリースクールで、教師としてではなく「おばさん」として
子供たちのためにボランティア活動をする市川先生に感銘を受ける長門さん。
長門さんの出来事がきっかけで、勉強するために休職しているそうで。

ここに来ない?と誘ってくださる市川先生ですが、長門さんは
「大切な友達のいる学校へ行きたい」。


クリスマスも近づいたある日、ついに教室へ行く決意をした長門さん。

  

やはり、そう簡単に恐怖を拭い去る事は出来ず。
景色を灰色に描き、長門さんの鼓動を強調したこの御馴染みのリアル演出。
また私事ですが、パニック障害の発作もこのようなものです。怖ぇ。
長門さん:「はう!!」

  

春風さん:「吐いたっていいんだよ!」
自分の服の裾を引っ張って差し出す春風さん。

…そりゃやりすぎだろ。大げさすぎる演出に、若干萎えた。

  

級友:「頑張れー!かよこちゃん!」
足元ふらふらの長門さん、何とか教室の関先生に抱きついた。
自分の体調も崩すほど悩んだ関先生も、感無量であろう。

ただ、不登校経験者から見ると、やや問題があるように思えます。
こういう場合、あまり特別扱いしない方が、プレッシャーがかからなくて
良いと思う。教室の「おかえり、かよこちゃん」の飾りつけとか、
「頑張れー」なんて、当人にとっては重過ぎる。

  

それじゃドラマにならんだろ、というわけで「メリークリスマス!!」

現実的な話は、アニメの感想には無用だと思いますが、ひとつだけ。
理想はやはり、保健室で勉強していた長門さんが、ふと「あたし、教室に
行ってみる」と言い出して、教室へ…というのが無理が無くて良いかと。
関先生も特別扱いせず、ごく当たり前に受け入れてあげる…といっても
実際には難しいだろうし、アニメにしたらさぞつまらないだろうなぁ。

「長門かよこシリーズ」は今回で終わり、その後の彼女は普通に登校することに
なるようですが、そこまで行くにはまだ血反吐をはく努力があるはずだと思いたい。


■空気を読まず、今週の飛鳥ももこ

  

ももたん:「善は急がばまわれ!」
マヌケなことを言ってしまう ももたんですが、

  

美脚・美ヘソですよ奥さん(駄目人間
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

もうかよこがおジャ魔女でもいいんじゃないかな

>紙粘土さん

とぅーす。

春風さんが長門さんに抱きついて泣くシーン、あれはシリーズ屈指の泣ける場面だと思います。たしかにいろいろと限界に挑んでる感じがします。
長門さんが最後に登校するシーン、皆で応援するのはやりすぎだという意見も、当時多数あったようです。記事にも書きましたが、私もややオーバーかなと。

>>ラブとセツナ
ああ、そういえば丁度一年ですね。またDVDを見直してみよう。

市川先生というのは、割とよくいるタイプの先生像だったと思います。先生なりに苦しんで…というのがフリースクールに携わっていることで語られています。

冒頭のモモやんって、どんなだったかな。わ、忘れとる。。。

>>あとカヨコの母親も来海えりかの母親です
そーなんだ。。使いまわ(以下略

4人はプリキュア!クリスマスイブの別れ!!

こんにちは。

こちらでは先日この回だったのですが、諸事情でさっき見終えました。

長門かよこ話の決着が着きましたが、このようなテーマを日曜日朝8時30分からの放送のアニメで扱うというのはスタッフの皆さんがこの当時「鉄腕アトム」から40年近く経ったテレビアニメでどこまでやれるのかという限界に挑んでいる気がします。

>似たようなシーンを7月頃に見た
あれからもう1年経つんですか。ラブとセツナのあれはこのどれみとカヨコの関係の換骨奪胎したリメイクだったのかな。このシーンは涙が止まりませんでしたね。

市川先生の何でも班ごとに競わせるというのは生徒一人一人のバイタリティーを潰しててあまりいいとは言えませんが、反省してフリースクールで働いているというさりげないフォローも良いですね。

冒頭のモモヤンのくだりは重くなりそうな話のなかでそれをやわらげていていいですね。人差し指立てたらやはり今だったら「トゥース!」だと思うんだ。

次回は
「ハチャメチャ魔法忘年会」にジャスティーン!

みんなのハートをキャッチだよ!

来週も・・・トゥース!

余談。スポンサーのむさしの村のCMのハートキャッチプリキュア!のイベント告知画像が2人からサンシャイン登場にあわせて今週からサンシャインの画像が追加されました。あとカヨコの母親も来海えりかの母親です。

気持ちはわかりますけどね

>HETAREさん

>何もしてあげないのも寂しいというか失礼なのでは
そういう気持ちはわかるんですが…。
自分の感想を読み返してみて、林野くんの態度が大きく変わってることに驚いてしまいました(^^;

>毎回の楽しみの一つですよね
毎週楽しみにしてる自分が、ちょっとキモいですが…。好きなものは好きなんだからしょうがないです。。

プレッシャーをはなっている

>当人にとっては重過ぎる
確かに
病欠明けで学校行くだけでも少しはプレッシャーがあるのに、長門さんの立場を思うと・・・

しかし何もしてあげないのも寂しいというか失礼なのでは
という議論がクラス内あったんだと思ってます


>美脚・美ヘソですよ奥さん
これも毎回の楽しみの一つですよね!

キター!って感じです

>高二男子さん

こんばんは。

今期の視聴&感想は、「飛鳥ももこ」と「かよこちゃんシリーズ」のためだったと言っても良いくらいに力を入れてました。

作画も最高レベルで、やっぱり見ていて気持ちが良いですね。吐き気はしましたけど。。

>別の感想サイトでも同じような感想を見たことがあります
ほぉ…やはり同じ視点で見る人がいるんですね。「がんばれコール」もそうですし、服を差し出すあたりがちょっとわざとらしいかな、と。もう少しスマートに演出してくれたら、100点満点あげても良かったと思うんだ。

出来れば、新作が見たいですねえ。関さん、これ見ておられたら何とかしてください(無茶振り

ガリーさん、営業ですか。ついでにマリカというジュースでもあれば完璧。やっぱりトマトジュースか…(意味深

かよこ現れる!明日を取り戻せ!!

>紙粘土さん

こんばんは。

林野くんについて、自分で過去の記事を読んでいたら、「こんな嫌な奴だったのか」と驚いてしまいました。それくらい、今回の林野くんは良い子だったです。

「長門シリーズ」は、「飛鳥ももこ」と並んで「も~っと!どれみ」の目玉です。これから体験される紙粘土さんが羨ましいです。

こっちは残り5話…トゥース。。

リアリティ

>kaiserさん

私もこの話、大好きです。見てると具合が悪くなりそうなんですが、やっぱり泣いてしまいますね。

>特にどれみがかよこに抱きついたところ
やっぱりコレっすよ。ここは泣いた人が多いんじゃないかと推測してます。
普段アホっぽい子の春風さんがやるからこそ、胸にこみあげるものがあるんです。オエ…(違う

体験者から見ると、ちょっと作為的な感じがする場面もありますが、そこは現実と同じじゃつまらないですから、良いと思います。

>ここまで生徒のために親身になってくれる先生や友達は素晴らしい
実際、こういう教師や友達っているものです。それでもなかなか学校に復帰するのが難しいというのが、私の体験でした。。

現実的で微妙なテーマを、上手く昇華させて描ききった佳品でした。

最強エピソード

こんばんは

かよこちゃん三部作の完結ですね 他のアニメには無い随分とチャレンジした話ですよね

小さい話ですがかよこちゃんのかつてのクラスメートもそれぞれ別の話でクローズアップされたりするなど芸が細かいです

また作画もいいですねぇ
気合いと魂のこもった最強エピソードだと思います

ただ三十路さんがやりすぎだと言ってたシーンは前に見た別の感想サイトでも同じような感想を見たことがあります がんばれコールは逆に重荷なはずだと書いてありました

でもおジャ魔女は流石です しかるべき時間帯に再放送でもされれば人気もでると思うんだ


あとどうでもいい話ですがこの前「ガリレオ」なるお菓子が売っているのを見かけました パッケージにはなんか胡散臭い、でも微妙に見たことあるような雰囲気のオッサンが・・ 何してるんですかガリーったら(違うキャラですよ)

どれみとかよこのクリスマスの誓い

こんばんは。

この当時、「鉄腕アトム」でテレビアニメが始まって約40年近く経っていてその間にも様々なテーマに挑戦した作品は多々ありましたが、本作品ではこのような今まで避けて通っていたであろうテーマにも挑んだあたり、極めてしまった感もあってそれまでのアニメの集大成的な作品なのかもしれませんね。

林野も、学級代表で医者のセガレで勉強できて・・・というキャラなのですが、多少思いやりに欠けるあたり、成績にこだわりすぎるところがあるあたり、ある意味彼も犠牲者なのかもしれませんね。ただ、こういうテーマはメイン視聴者の子供達が感情移入するには重すぎる気がしますが。

下から2番目のももちゃんは今だと「トゥース!」ですね。

リアルすぎるとはいえ

この話は中々好きです。
この回には何度も泣かされましたね。

特にどれみがかよこに抱きついたところ。
あそこのどれみのセリフも良いんですが、BGMが涙を誘いましたね。

あんなこと、大人でもできるか分からないのに小学5年生の子供が…。

ただ、やはりリアルすぎというのも一つの問題点。
体験者からするとやはり「ん?」とくるところはあるようで。

ただ、「不登校の子供たちにも勇気を与えた」ことができたならやって成功だと思います。

やはり子供にプレッシャーを与えてはいけないんと思います。
確かに、説得する側も肉体的・精神的にも疲れるのは間違いないでしょう。

しかし、ここまで生徒のために親身になってくれる先生や友達は素晴らしいと思います。

先週のあいこ回と言い、美空小の子供たちにはホントに良い子ですね。
「アニメだから」と割り切られたらアレですが、こんな子供たちや先生方を今の世の中に1人でも増やすことができたら嬉しいなと思います。

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR