FC2ブログ

さなぎ


うちの団地の階段に、さなぎがいる。

去年の秋も深まったころ、ここに3cmくらいの青虫がいた。
かわいさのあまり、三十路は指先でプニプニと触ったものだった。
青虫は自分を守るため、臭い匂いのする黄色いツノを出して
抵抗していた。

数日後、画像のような「さなぎ」に変身していた。

「なぜ、こんなところに・・・」

冬になって、その理由がわかった。
この壁は北西に向いており、関東のカラッ風をまともに受けずに
済むのだ。
今年に入って、雪が降ったが、この壁には雪が積もらなかった。
壁の向きが、さなぎを吹雪から守りとおした。

生き物の神秘・・・というものだろうか。
あの青虫は、すべてを読んでいたとしか思えない。
あんなちっぽけな虫が。

春がやって来た。
さなぎは、細い糸で壁と結ばれている。吹けば飛んでしまうような
細い糸で。
一見、生き物のようには見えない。これも、さなぎの自己防衛本能
から来るものだろうか。

この小さな茶色いさなぎの中で、確実に羽化の日を待っているのだろう。
毎日、階段を昇り降りするたびに観察しているが、まだらしい。
どんな蝶が羽化するのだろうか。

自分も、このさなぎのように、いつか羽化する日が来るのだろうか。
地球上の小さな島にくっついている、粒みたいな自分が。
いつか、美しい羽をひろげる日が来るのだろうか。
雨や雪や、冷たい風に耐え続けて羽化した蝶は、さぞ美しいことだろう。

・・・強いな・・・。
この「さなぎ」を見るたびに、ともすれば絶望しそうになる自分が
さなぎよりも弱い生き物のように思えてならないのだ。
君の強さに憧れている人間がいることを、君は知らない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR