FC2ブログ

も~っと! おジャ魔女どれみ 「はじめて会うクラスメイト」

待ってましたの第20話です。
「おジャ魔女」屈指の名作と言われている(かどうかわからない)
長門かよこさんネタ第1弾。
今回は演出に佐藤順一氏が久しぶりに加わっているところからも
スタッフ様の意気込みが伝わって来ます。


いつものように遅刻しそうになって走る春風さん。

  

道端で嘔吐している少女に出会いました。
学校へ行く途中で、具合が悪くなってしまった様子。
「水持ってくるから」という春風さんですが、少女は走り去っていった。

学校へ行ってみると、「長門かよこ」という女子児童が、前年度3学期から
不登校になっているという話が出ました。
春風さん:「こんな、男の子みたいな髪型の子?」
結構失礼な言い方だな。

さっき会った少女が長門さんであることを知った春風さん、家庭訪問に行く
保健室の先生・ゆき先生にくっついて長門さんの家に。

  

長門さん:「学校へ行くと気持ち悪くなるの!」
      「帰って!」

完全に心を閉ざしてる。
帰宅してからも、ずっと長門さんの事を考えてる春風さん。
一晩考えた結果、

  

春風さん:「私、学校休んでみる!」
長門さんの気持ちを知るためだそうで。代わりに妖精のドドを変身させて
学校に行かせます。
余談ですが、黄色のポジションはこの頃から決まっていたんだなぁ…。

  

真昼間から図書館へ行く長門さんに同道する春風さん。
はじめは煙たがられますが、あまりにも純朴な春風さんに少しずつ
心を開いていく長門さん。
このあたり、長門さんの表情に微妙な感情の変化をつけるなど、
非常に演出が細かいです。

長門かよこは、花とか星とかに詳しい繊細な子。
割と不登校の子によくいるタイプだと思った。
私事ですが、これを書いてる私も元不登校で、星に詳しかったから。
  

  

MAHO堂に連れ込んじまえばこっちのものよ。
お菓子作りを通じて親交を深める二人。
ここで重要なのが、春風さんが「学校に来させる」ためではなく
純粋に「かよこちゃんと友達になりたい」という気持ちから行動してること。
それが功を奏し、
長門さん:「どれみちゃんみたいな子がいるんだったら…」
      「私、学校に行く!」

実際にはそう簡単にはここまで行かないのですが、30分番組だから
しょうがない。
翌朝、おジャ魔女さんたちと元気に登校…するかと思いきや。

  

学校が見えた途端、様子がおかしくなる長門さん。

  

そうそう、これだよこれ。
皆の声も聞こえなくなって、周囲の様子もわからなくなり、ただ恐怖に
縛り付けられる瞬間。春風さんたちの声をオフにして、長門さんの鼓動を
速め、周囲をモノクロで描くこの描写が凄い。かなりリアルです。
これは、パニック障害の一種だと思う。

不思議そうな表情をしてしまってるおジャ魔女さんたちですが、これは
あまり良い事ではありません。患者を落ち着かせるには、周囲の人々が
落ち着いていないと。それを小学生の彼女らに求めるのは酷ですが。

  

長門さん、雄図むなしく登校出来ず。
がっかりする春風さんですが、ここまで漕ぎ付けただけでも大変な
進歩だと思う。実際にはここまで来るのが大変なのです。

  

がっかり春風さんあてに、長門さんから手紙が。
長門さん:「私、どれみちゃんと友達になりたい!」
大喜びする春風さんでしたとさ。

長門さんの戦いはまだまだこれからですが、とりあえず第1弾は
これにて幕。


■今週のドド

 私のドド好きは、一部で有名らしいです。
 ドド結婚してくれ。
 そんなドドが春風さんに化ける瞬間。

 
 

 怖え。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

どれみとかよこの船上パーティ

>紙粘土さん

こんばんは。

>いささか重たい内容な気もします
いや、めっちゃ重たい内容だと思いますよ。不登校経験者としては、見ていて具合が悪くなるほどです。それだけ「どれみ」が凄いということですけど。

>どれみの入浴シーン
え、そんなのありましたっけ?見直してみよう(助平
彼女の入浴シーンは、第2期のはじめでも公開されてるのに、プリキュアさんでそれが無いのはどういうわけだ!と怒ってみる。

「トゥース!」とか言ってると、骨折しちゃう気がするんだ…。

ラブとセツナの関係は、さすがにどれみ&かよことは無関係のような(^^; まあこれから「かよこシリーズ」が2回あるので、お楽しみに。

マジョドンさんは、確かにドケチですね。。

どれみとかよこ 相手を思いやる心!

こんばんは。

こちらでは今日この回でした。

今回は確かに日曜日の朝8時30分の番組としてはいささか重たい内容な気もします。しかしなるべく全体が重たくならないように工夫されてもいますね(意味なく玉木を絡めたり、どれみがステーキ丼食い損ねるとか、どれみの入浴シーンとか←そこか。ダメだこの男)。

どれみとモモチャンがゆき先生といっしょにカヨコの家に行った時、かよこに挨拶した時“チース!”と挨拶していましたが、今だと「トゥース!」だと思ったのはオレだけではないと思うんだ。

後年の「フレッシュプリキュア!」のラブと(イースだった頃の)セツナの関係って、シチュエーションこそ違うものの、今回のどれみとかよこの関係のリメイクまたはオマージュでしょうね。

次回は今回の続きかと思いきや、オードリーの春日俊彰並にドケチなマジョドン再登場。

次回は
「まほうのもとがなくなっちゃう!!」にジャスティーン!

来週も・・・トゥース!

いえいえ

>紙粘土さん

悪気の無いのは十分承知していますから、別に怒っているわけではないですよ。
私も体調不良で、つい。。

「おジャ魔女」に反応してくださる方が少ないというのに。。。

申し訳ありませんでした

見たという報告のつもりでしたが、つい。

>気分を害されたらすみません
いいえ、三十路さんのおっしゃる通りです。でしゃばり過ぎて申し訳ありませんでした。

一本の記事になります

>紙粘土さん

こんばんは。

この回の感想はサボった覚えがあります。。

ところで、紙粘土さんはここに詳しいレビューを書かず、ご自分のブログに書いてくださいませんか?どう返答して良いか困ってしまいますので…。
キツいようですが、他にもコメント欄を自分の感想の場にしている方がおられるもので、思い切って書いてみました。気分を害されたらすみません。

正義の張り手を見せてやれ!

こんばんは。

今日のこちら○レ玉のどれみのコメントを書こうと思ったら、感想がなかったのでこちらに書きます。

コタケが、優勝商品のゲームソフト欲しさに木村、柳田とチームを組んで子供相撲大会に出場するも・・・というのが主な内容でした。

しかし柳田は乗り気ではなく、特訓中の写真を隠し撮りされ、玉木達に物笑いのタネにされるも柳田は気にせず、しかしコタケやどれみ達は玉木の人間性無視の態度が許せず柳田にやる気を起こさせます。

当日、ゲームだけでなくあげパンが商品と知るや柳田は俄然やる気に。コタケ達は善戦するも、決勝戦で柳田以外は負けてしまい、幸せとゲームではなく、準優勝商品のあげパンをゲットし、柳田は大喜び。


今回よりOP映像が一部変更になりました。今回も玉木は相変わらず非人間的な言動をとっていました。
個人的な話で申し訳ないのですが、柳田は私の小4の時を見ているみたいでした。姿が。
柳田は紫に給食のあげパンをもらっていましたが、あれは絶対ファンを敵に回しましたね。

次回は
「謎の美少年・暁くん登場!」にジャスティーン!

そうですねえ

>kaiserさん

こんばんは。

>「あ、懐かしいの見てるじゃん」
>で済みます(笑)
うわあ、羨ましい。うちの家族なんて、何を言い出すかわかりませんよ。リアル世代の強みですねえ。
そういう私も、おジャ魔女なら観てるのバレても言い訳が出来るとか思ってます。開き直ってやります。

>ナイショ1話とか見終えたら「この話深いなぁ…」
って言ってましたから
ナイショは、大人向けの「どれみ」ですからね。大人の鑑賞にたえるものじゃないと、DVDは売れません。

でも先週の中島正義の話とか、長門さん話を見せたら何と言われるか楽しみです。「子供向けにしては良く出来てるなあ」とか言われるのではないでしょうか。

45話…長門シリーズの最後ですね。服を差し出して「ここに吐け!」というのがやりすぎだと思った記憶があります(一度DVDで観てます)。順調に行っていたのに、あの場面はちょっと…と。

kaiserさんは、風邪はもうよくなられたのでしょうか?不安定な気候が続いてますので、お互い気をつけましょう。

>このどれみとデジモンシリーズは僕にとって、テレビ番組としては最高の財産を貰ったような気がします
デジモンですかぁ…。「プリキュアSS」の映画と一緒にやっていたので観たのがデジモンだったかな?リズムちゃん(?)が可愛かった。。(ロr(ry

大胆な行動

この番組は子供番組という設定で作られているため、
どう説得しても「子供番組だから」と捕らえられてしまっています。
まぁ、仕方ないことなのですが…。

だから、僕は大胆な行動に出ました…。

「家で堂々と見よう…」。
まずはこれを始めて早1年…。

リアル世代ということが幸いしたのか、これを見ている時に母とかが通りかかると…
「あ、懐かしいの見てるじゃん」
で済みます(笑)

しかも、皆が良く集まる「茶の間」で見ているので皆の視界に入らざるを得ないと(笑)

実際、見てて単なる子供番組ではないことは認めさせましたし…。
ナイショ1話とか見終えたら「この話深いなぁ…」
って言ってましたから。

この長門シリーズもいずれ見せる予定です。

というか、僕の友達が勝手に…
「きっと毎日が日曜日~ 学校の中に遊園地~」
って教室で堂々と言ってたら世話無いですが(笑)
もはや、リアクションすら取れないww

前回の父の日エピソードも中々良い話でしたし。
父親にとって息子とキャッチボールすることはどんな思いなんでしょうね…。


※先週、風邪でダウンし何日が学校を休みました。
その時、この長門シリーズ含むおジャ魔女を寝ながら見てたんですが…
不覚にも45話で泣いてしまいました。

それほど素晴らしい番組ということを物語っていますね。
このどれみとデジモンシリーズは僕にとって、テレビ番組としては最高の財産を貰ったような気がします。

…長々と失礼しました…。
(どれみ関連の話になると熱くなっていかんいかん…)

漢字読めない

>ケインお杉さん

こんばんは。

「男の子みたい」は、確かに少し失礼だなと思いました。でも、番組を見てるお子様には「ボーイッシュ」という言葉は難しいので、仕方なくこういう表現になったのでしょう。

どれみってKY

どれみの「こんな男の子みたいな子」はムカつく!まさにKY。私だったら「ボーイッシュな子だね」としか言わないし もしかしたら薬の副作用かもしれないし タイトルが「も~っと!」なんだから「も~っと!」気使えよKYどれみ!!            {ぽっぷかよ!}

鬱ですか。。。

>セラフィーさん

こんばんは。

鬱病は、不登校どころじゃない大変な病気ですよね。それこそお医者さんが頼りでしょう。でも結局は自分が頼りなのは同じかしら。。

>賛否両論でした
その話題になった話というのは、まさにこの「長門さんシリーズ」かもしれません。確かに体調の悪いときに見ると、あまりにリアルで余計に具合が悪くなりそうです。スタッフ様凄すぎ。

セラフィーさんも、お大事に。。

さすがサトジュンさん

>マコトさん

こんばんは。

「も~っと!」は全体的に真面目に考えさせられる話が多いですね。先週は感想を書きませんでしたが、父子の愛情とか。

かよちゃんシリーズが完結するのは、千葉では秋も見えた頃かな…。自分とかよちゃんを重ねて観てました。

>彼女さん
いや、謙遜しなくてもいいですよw
私も女友達が不登校経験者でした。やっぱりかなり繊細な神経の持ち主でした。

ではでは。

宇宙戦艦ヤマトとか、メグちゃんとか

>紙粘土さん

こんばんは。

私の70年代アニメというと、こんな記憶しかないです。あ、あと後期型ルパン三世。

今回のおジャ魔女さんは、お子様だけでなく大きなお友達や教師、保護者さまにもじっくり観てほしい内容でした。重かったです。。

私も分かります

 鬱が一番ひどいときも似たような状態です。目の前の景色が遠くなり、自分がらんどうな体育館の中にいて、天井から声がガラガラガラとと降ってくるように聞こえます。

 ドレミのこのエピソードは、放送時から一部ではかなり有名にでした。難しい問題を逃げずによく描いたというのと、あまりにリアルすぎて昔の自分を思い出して気持ち悪くなったの賛否両論でした。

ここまでくると万人受け?

こんばんは。

今回は結構真面目なテーマを取り上げてましたね。
(サトジュンも関わっているしね)

どれみさん相手に心を開いたけれどかよちゃんにはまだ越えなくてはならない壁がある、そういう感じの終わり方でしたね。

あと個人的な話ですが今回の話を観ていて昔の彼女(というよりも女友達ですが)をおもいだしました。
彼女も小学校のときに登校拒否になってしまった様なのでそういうことも交えて観てました。
(学校は別々でしたが・汗)

ではでは。

保護者さまに観て欲しい

>高一男子さん

こんばんは。体調のお気遣いありがとうございます。

>いくらそれを説明しても決まって私をロリコン扱いします
説明するだけ無駄かと思いますが…。私も高校生の頃、宮崎アニメのファンだった同級生をオタクオタク言って馬鹿にした覚えが…。それが今や、立派なオタク、下手すればロリコンですからね。

>千葉千恵巳さん
18歳以上向けの写真集を出されていて(1994年頃)、それを確か2000年頃に古本で買った記憶があります。当時は「どれみ」というアニメの存在は知ってましたが、「子供向けだろ」と蔑んでた時期でした。え?写真集はなかなか…じゃなくて、売り飛ばしましたが。。一部が載った「投●写真」という雑誌は今でも持ってます(ヲイ
いや、おジャ魔女さんの声優さんはきれいどころを揃えてますよね。

かよこよ苦しみの炎を跳べ

こんばんは。

テレビアニメは、70年代から様々なテーマが探られてきました。

ただ、テーマによっては、下手をするとメイン視聴者の子供達が感情移入し辛くなってしまうんですよね。







凄いアニメ

こんばんは。

「かよこちゃんシリーズ」の第1話目、難しいテーマにも取り組む「おジャ魔女どれみ」。もはや小さい女の子向けなアニメには留まりませんね・・。

私のクラスメートのほとんどはいくらそれを説明しても決まって私をロリコン扱いします。

悲しいことです。 わかってくれる人もいるんですがね・・。

管理人さん、体調を崩さぬようお大事に。では。


(P.S)
BS朝日でおジャ魔女無印が火曜日にやっていたのを見ました。時間的に部活があるので休みじゃないと見れないのが狂おしいほどに残念です。

(P.S2)
飛鳥ももこを演じている宮原永海さんのブログでどれみを演じる千葉千恵巳さんの写真を見ましたが・・
かなり綺麗でした・・。では。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR