fc2ブログ

屈服した頃の日記


今日は昼間、ちょっと家族と出かける用事がありまして。
薬もちゃんと飲んで、体調万全にして出かけたつもりが、途中で強烈なパニック発作に襲われて帰宅することに…用を足すことができなかった。。

この発作状態を見た人でないと、病気がわからないと家族が言うほどの苦しみようで。
私は、自分が情けないやら悔しいやら腹立たしいやら、がっかりして帰宅したのでした。

落ち込む私に家族は「病気なんだからしょうがないじゃない」と言うけど、それに屈した自分が許せなくて。
もう患って何十年も経つんだから、もう少し対処のしようがあったんじゃないかとか。
発作中はもう、何も対処できないというのはわかっていますが。
誰が悪いというのではなく、自分が悪いのですがどうにも屈服したのが許せない。

こういう日もあるさ、次また良いときもあるし。再挑戦もできる。
そう前向きに考えるしかない一日でした。

こんなことBlogに書いても全然面白くないし、読んで不快になる方もおられるでしょう。申し訳ないですm(_ _)m
一応、こういう日もあったという記録として書いておきました。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR