fc2ブログ

父親が退院した頃の日記

先週から、親父が入院しておりました。
出血による貧血…かなり危険な数字になってからの入院でした。

入院して輸血をして…というのはもう、何度めになるでしょうか。入退院を繰り返すのは、もうしょうがないです。
親父のメンタルの主治医に「家族共倒れになるのが怖いから、息子さんもお母様も、(親父の)入院中くらいは骨休めをしてください」と言われておりました。

昨日、夕方から4時間以上、死んだようにぐっすり眠っていた私。
知らず知らずのうちに、疲れがたまっていたのかもしれません。

退院したとはいえ、これからが勝負です。
しばらくは、気合いいれなおして行かなければと思います。

とりあえず、母上が低血糖で倒れないめどがついた(というほどでもないか)ので、少しは安心している今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR