FC2ブログ

ハピネスチャージプリキュア! 第42話 幻影帝国の決戦!プリキュアvs三幹部!

ついに重い腰をあげて、幻影帝国のお城に乗り込むプリキュアさんと神。
神が、プリキュアさんと同じ速度で走ってる?!という違和感は良いとして。

非常にショックだったのは、「おともだち」の付録DVD。
毎年、プリキュアさんだけで構成されていたDVDだったのに、今年は…。
番組冒頭のフォームチェンジも、最後の販促という感じで悲しかったです。

立ちはだかる三幹部、ここは私たちに任せてラブリーと神はミラージュのもとへ!という王道展開。
プリキュアチームを分けて戦う三幹部の作戦は、理にかなっていると思われ。
なんか徒党を組むと強くなる小娘たちですから。

ホッシーワさん:
  「好きなものを食べて何が悪いの?」

ハニーさん:
  「栄養のバランスを考えてほしいの!」

え…『おおもりご飯』のお弁当って揚げ物ばかりで栄養バランス悪い気が。。

一番驚いたのが、フォーチュンさんのパンチがオレスキーさんの顔面にモロにはいったシーン。
今までああいうクリーンヒットは、あまり見た事が無かった気がします。

異口同音に「仲間の大切さ」を幹部に説きつつ、イノセントな必殺プリカードを取り出すプリキュアさん。
なんだかんだ言って、結局はそれか。
ケバい洗脳の輝きに、ついに屈した三幹部さんたち。(ドレッサーは神が持っているんじゃ…という野暮な突っ込みはなしで)

プリンセスさん:
  「ナマケルダ、みんなのおかげでここまで強くなれたよ」

ナマケルダさん:
  「まったく、大したものですぞ…」

番組初期、敗北続きで逃げ回っていたキュアプリンセスさんと、それを嘲笑っていたナマケルダさんとのやり取りだけに、見ていてホロリと来てしまいました。
浄化され、消えて行くナマケルダさんを見つめるプリンセスさんが、ひとすじの涙を流すという演出が個人的には欲しかった。それだけが残念でしたぞ。

ホッシーワさんもオレスキーさんも、結局どういう経緯で悪堕ちしたのか語られぬままの退場なんでしょうか。
ご想像にお任せします、ということかな。。
尺が足りないとかそういうのじゃなく。

ラブリーさんと神が、ついにミラージュ様のお部屋に辿りついたところで今週は幕。
ミラージュ様のお怒りごもっともです。
かつての恋人が、新しい恋人を連れて殴り込みですから。
それでも「ブルーの前で(ラブリーを)消す」という科白まわしに、神への愛を感じます。


今週はやたらと見えていてアララ…
オレスキーさんに突撃する一瞬、ふぉーつんさんの…
最後に脚を組むミラージュ様…
しかし、ケツバットならぬケツステッキが「パチン」という張りのある音だったプリンセスさんに欽ドン賞。
結局、ヒメルダさんに全部持っていかれた一年でありました(早!
スポンサーサイト



望郷の念

もう、旧家との縁が切れて、新居に馴染んできた今日この頃。
…というほどでもないのです。

まだ「他所の家に泊ってる」感覚が抜けません。
後始末で旧家に戻ると、嗚呼ここは良かったと思うわけで。

なに甘ったれてんだ、と言う声も聞こえそうですが、「40年以上住めば、望郷の念にかられるのも無理はない」とお友達に言われて、別に珍しい現象ではないのだと納得しました。

ただ、長い目で見れば(両親の脚が弱ってるということのほかに)自分にもプラスになる、環境の変化なのだと思っています。
いつまでも同じ環境では、進歩がないこもしれません。
これを機会に、ひとまわり成長できたらと思います。


先日、快速西馬込行き電車を見かけたので、旧家で撮った模型の写真をば。
2002年7月、ラジオの文化放送のイベントで「快速 西馬込」に乗った懐かしい思い出が。
おっさんの懐古趣味ですハイ。

碁! プリン○スプリキ○ア

ロゴの公式サイト発表も来ました。
柴田さんが「プ○キュアであってプリキュ○でなくなるかも(大意)」と仰っていた来春の新作ですが。
ちょっとだけ妄想してみた

ある日、主人公(18)は頭の上に降ってくるチケットに気が付く。
選ばれし者にだけおくられるチケットを受け取ると、街中のプリ○ィストアから○リキュア世界に入ることができる。
入ったが最後、抜け出た者はいないプリティ○トアの奥の奥。

主人公は「囲碁パレス」なるお城に連れていかれ、戸○ヨッ○スクールのようなスパルタな囲碁競技の特訓をうける。
「囲碁はレディのたしなみ」
「囲碁を極めし女の子は誰でもプリ○ュアになれる」
を旗印に、世界各国から集った少女たちと切磋琢磨する主人公。
註:女の子(18)に見える少年(18)登場予定

はじめは反撥する主人公ではあったが、同じ境遇の少女たち(18)と友情を育み、次第に碁をモチーフとした必殺技を会得していく。

囲碁パレスで訓練をおえた主人公は、競技囲碁界から地球を支配しようと目論む「ヤオッチョー」との戦いに投入される。
主人公とその同期生4人で結成したチーム「碁!プ○キュア」

数多のチームがヤオッチョーに戦いを挑み、敗れていく中で、「碁!プリキュ○」チームはヤオッチョーの組織を倒し、「碁!プりンセス○リキュア」の座につくことができるのか?

待て、来春!!



  大嘘です

部屋とメガネと心療内科

今日は、月一回の心療内科。
引越し後の苦しい状態を、主治医に話してきました。

主治医:
  「かなり厳しい状況だね」

それだけ…なんですか?
と思いつつ、お医者もどうしようもないんだなと。自分自身がしっかりしなくちゃならないんだと。
とはいえ、薬が少し増えたのは主治医の深い考えなのでしょう。

とにかく、食べられないのが困るのです。
好きなもの(出来ればカロリーメイト)を、少しずつ食べることしか対処法がないという薬剤師さんのアドバイス。
口角炎が治らないのも、自分が思っているよりも強いストレスを感じているからだとも。
(かといって同情してほしいとか、そんなんじゃありません念のため)

新居に移ってから二週間、まだ他所の家に泊まっているような感覚が抜けません。
今日、ちょっと用事があって以前の家に行ったのですが、やっぱりここは良かった…と思いました。
4○年以上住んでいたわけですから、無理もない話だとお友達には言われました。
それもストレスの一因なのかもしれません。

はじめての遠近両用眼鏡。
慣れないせいか、全体的には以前より見えにくくなってます。
真正面からは、遠くも近くもよく見えますが、少し横目になるとボケる。
逆ナイロールなので、少しは助かっていますが、これも慣れでしょう。

住民票もとってきたし、後は免許証の訂正とかその他雑多な事を済ませるようにします。

シリー…引越しの身辺整理で出て来ました。
嗚呼、ヒメルダさんのシリーが、ケツバットが楽しみだなぁ(*゜▽゜*)=3 ホンホンッ(やっぱしそれか

ハピネスチャージプリキュア! 第40話 そこにある幸せ!プリキュアの休日!


親切なお友達のおかげで、少し遅れましたが第40話を見ることができました。
TJさんのイラストの「うわああ部屋が燃えとるう~(大意)」の意味もわかって良かったです。

あの戦時における日々でも、日常を「幸せ」と感じるというのは深いなーと。
彼女らなりに「ハピネスとは何ぞや」を考えてる。それは、最終決戦を経て変わるのかもしれませんが、今現在の答えなのでせう。

それから、もはやサイアークはハピネスチャージさんの敵ではない、ということを強調したい回だったのかもしれません。
まさに蹂躙、サイアーク・チョイアークを物として叩きのめすプリキュアさんに、思わず三幹部さんも座り小便(ねぇよ

41話を見て「ミラージュ様(はあと)」になったのですが、この40話を後から見たら「ヒメルダ(はあと)」
オシャレ魔女でしたっけ?(禁句) 
もうね、ヒメルダさん大好きデス。

トップの落書きみたいなシーンもプリティでキュアキュアです。
あのシーンの声も、潘さんなんだろうか。別人みたいでしたが。
(バトルで突撃するときのモコモコパンツに目ががが)

ミラージュ様とヒメルダさんの一騎打ちになってきました三十路スコープ。
次回42話予告を見るかぎり、ナマケルダさんのケツバットが欽ドン賞をとりそうな予感がしますが、ミラージュ様も頑張れー。

プリキュア洋画劇場

ファントムさんが敗れ去り、ファンファンというキュアミラージュ付き妖精であることが判明した第41話。
なんとなく、今後の展開が読めるような気がします。

最終的に、ミラージュ様は助からないんじゃないかと。
300年も昔の人が、現世で暮らすというのも……プリキュアさんならあり得なくはないですけど。

月影ゆり先輩のオヤジさんと同じように、ディープミラーさんの放ったビームの直撃を受けてミラージュ様が散る。

ミラージュ様:
  「ブ、ブルー…愛してるわ…あなたは、あなたの世界で…生きて…(ガクリ)」
せっかくわかり合えたというのに。ミラージュの亡骸を抱っこして号泣する神ブルー。

いや、僕もすぐに行くよミラージュ。
ディープミラーさんとブルーとは、SFによくある反物質の存在で、くっつくと大爆発してしまうという超設定とか(えー)。
神とディープミラーの、腐な展開…は専門家に任せるとして(ぇ)

ディープミラーを消すために敢えてブルーは、自ら消滅することを望んだ。
新たな世代が、この世界を作っていけば良いのだ。
プリキュアや誠司、仮面タクマーたちに自分の成し得なかった「平和」を託して消えていく神ブルー。

キュアラブリーさん:
  「ブルーブルーブルー――――」

ヒメルダさんは王女として復帰し、愛乃さんは誠司くんと、氷川さんは海藤クンと、ゆうゆうはご飯との平和で新しい生活が始まった。
以前の普通の生活が戻ったわけではない。
「プリカツ」を通じて愛とはなにか、人生とは何かを知った人類の新たなスタートなのだ。

桜の花びらが舞う、まだ少し寒い青空を寂しそうに見上げる愛乃めぐみ。
遠い世界へ去っていったブルーとミラージュ…愛とは、人生とは何かということを教えてくれた彼らのことを、決して忘れない。

『ハピネスチャージプリキュア・完』





  ねぇよ

ハピネスチャージプリキュア! 第41話 ミラージュのために!ファントム最後の戦い!

不覚にも先週は録画失敗で見られなかったのですが…日常回の最後だったようで。
今週は幻影帝国、旧ブルースカイ王国へ殴り込みをかけるハピネスチャージチーム。
形勢不利な幻影帝国で、血みどろの本土決戦が始まる。。

今まで攻撃をせずに受け身だったのは何故だ…と思わなくもないですが、ミラージュ様が世界中の人をサイアークにするに至ってプリキュさんも動かざるを得なくなったということでしょうか。そういうことにしよう。

迎え撃つは、ミラージュ様の犬ことファントムさん。
霧に覆われたブルースカイ王国という設定でプリキュアチームを分断、因縁浅からぬファントムVSキュアハニーに持って行きました。
やや強引な展開が毎年、「暮れだなあ」と実感させてくれます。

ハニーさんが善戦したのは、ファントムさんも本当はハニーさんを倒したくなかったからだと希望的観測をしてみました。
それゆえ、神ごときのバリアが通用したのだと。

ブルー:
  「一緒にミラージュを救おう!」

腰抜けな神ですが、言ってることは割とまとも。神もプリキュアさんとともに成長してきたということかしら。

それにしても、ディープミラーさんに洗脳されたりプリキュアさんに洗脳されたり、間で弄くりまわされる可哀想なファントムさん。
予想どおり、浄化されたファントムさんはキュアミラージュさんのお伴の妖精・ファンファンでした(ぇぇっ?!
過去の(回想の)ミラージュ様の視線の低さで、なんとなく想像できたので「やっぱり」という感じではありました。
犬じゃないだけ良かったのか…いや犬のほうが(ぇー
ていうか、ファントムの正体を知らなかったのか神ブルー。

先週見られなかった分、油断していて意表を突かれた「イノセントぉ~♪」
プリキュアシリーズ新時代への過渡期、という印象です。来期が心配になる、取ってつけたようなお歌がなんとも。。笑えます

ミラージュ様も、いよいよ進退きわまった感があります。
ディープミラーさんの洗脳から解放され、神と結ばれて黄泉の国へ…だとお話が終わってしまいそうなので、もうひと波乱あるのでしょうか。

ディープミラーさんの正体はわかりませんが、ラスボスであり、最終的にプリキュアさんに浄化されるであろうことは想像できます。
墓場から蘇った世界中のプリキュアさんとハピネスチャージさんとが力を合わせて、という熱い展開に希望が膨らんだところで以下次週。

今週の欽ドン賞は、最近やたらと可愛いミラージュ様。世界規模で際どいアングルを披露。最悪どころか最高になってしまいそゲフンゲフン!!


次週はいよいよ三幹部との決戦ですか。彼らにどういう過去があって、どう救われるのか興味深いです。こちらも妖精でした、とかはやめてほしいなぁ。。
ナマケルダさんの棒がヒメルダのシリーにドカン!にフライング欽ドン賞(*゜▽゜*)=3

おかげさまでブログ9周年

本日11月23日は、弊ブログの9周年記念日です。
2005年、もはや懐かしい年代ですね。恩師のバロン金山さんからgooブログを勧められて、じゃあちょっとやってみよう…という経緯で。

プリキュアシリーズを見始めたのが、この年の5月、「MaxHeart」放送中でした。
雪城さん、懐かしいですねえ。(最初は美墨さん目当てだった)
九条さん、麗しかったですねえ。

なんとなくMaxHeartの感想っぽいのを書いて、後は身近な出来ごとを綴っていた…
って今も同じじゃんllllll(-_-;)llllll

2008年~10年あたりでしたっけ、複数のアニメ感想を書きまくっていたのは。
あの頃が一番、ブログというものに緊張感がありました。
お叱りを受けることもありまして。。って今も同じじゃんllllll(-_-;)llllll

これからは10周年、何とかやり遂げたいものです。
何でも10年やれたら、自分としてはスゲーと思うし。
プリキュアシリーズも、最後まで追いかけられたら本望です。

この9年間、多くの方々に支えられて書いてこられたという思いが強いです。
かなり初期から見てくださっている方は勿論、新しく見てくださる方もおられるようで、励みになります。
「三十路さんはネットリア充なんだよ」というお友達がいますが、そうなのかもしれないと、最近思うことがあります。
先日の引越し騒ぎのときにも、それは強く感じました。

いつも見てくださっている方、通りすがりに見てくださった方、皆様に感謝をしつつ10周年目指して書き続けます。

 いつもありがとうございますm(_ _)m

兄メイト

部屋が暑い、寒いで揉めていたりする今日この頃。
母上は暑がりでオヤジは寒がり…病気の関係もあるのでしょうか。

今日は、珍しく寝ぐせがついたテレビまんがヒーローみたいな髪型で量販店へ。
家族を乗せての、苦手な四輪運転手。。
引越してからは、初めてですな。以前より店に近くなりました。

なんであんなに量販店は疲れるんだろう。広すぎて、何がどこにあるかわからないからかな?
一人で「あれを買おう」と決めて行ったときには、それほど疲れません。
別々に行動することも大事だとは思うけど…オヤジとの残された時間を大切にしたいという思いが強いのです。
あ、また辛気臭いな。。

引越し直前に、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の第9巻を購入してそのままになっていました。
第8巻が綺麗に終わっていたので、もう終わりかと心配したのですが、新キャラ投入&幼馴染ついに起つ(?)でまた面白くなってきました。
そういえば震災の頃から大ファンで追っかけているんだよなあ。
アニメ化から原作ファンに移行ということで、アニメの成果かと思います(一般的にはわからないけど)

休み明けから役所や銀行、病院、ド○モに免許センターとか、いろいろと忙しい日々が続きそうです。
新居にもまだ慣れませんし、きつい状況は続いております。

雨の日

なんとなく、体調が良くない…
やはり環境の変化が、まだ受け容れられない状態で葛藤が続いているのだと思います。
時間が解決してくれることだろうから、放っておくしかありません。

今日はトイレの工事が入りました。
そうこうしているうちに雨が降り出し、冷たい雨の中郵便局や眼鏡屋さんに行ってきました。

まず、運転免許証を現住所に変えなければ、郵便局も銀行も登録情報を変えられないことがわかりました。
一丁頑張って免許センター行くか。。

眼鏡屋さんの用事が終わると、アニ○イトさんに恐る恐る入っていきました。
いや、入口に女子学生様が群がっていましたので。。
おっさんにとっては、古書店のヱ本コーナーに入るより怖いのです。あ、でも最近は全然絵本コーナー行ってないな。。

プリキュアさん、ほぼ全滅か?
クリアファイルとバッヂしか無いぞ。。
木之本桜先輩が、何故か頑張っておられました。figmaとかフィギュアーツとか、頑張ってるなあ。
おジャ魔女どれみ先輩も、ガチャで頑張っていたし。
あと面白そうなのは、ラブライブくらいでしょうか。あ、fateもいいなあ。リバイバルっぽいのがブームなんでしょうか。

それらよりも、大々的に扱われていたのは所謂「○女子」様のコーナー。
お客さんの性別は、(見た感じでは)圧倒的に女性が多い。
学生さん、社会人(?)が群れをなして、威圧感あります(^_^;)
細かく観察すると、女装子さんもいたりして?(ねえよ

帰り道、間違って旧住まいの方へ行きそうになって、ひとり笑い泣き。。

あ、辛島さんの「雨の日」をリクエストしようと思ったけど、現状無理ですね。
ご無事をお祈りしております。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR