fc2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 第4話を見てみた

毎週、バンダイのプラモデルのCMが面白いです。
沖田艦長:
  「プラモデルが子供の玩具だと?」
  「バカめと言ってやれ!」
確かに最近のプラモデル技術は凄いよなぁ。。

というわけで、第4話。
割と地味な印象の回でした。
やはり、ヤマトが戦闘しないとどうも…

その中で一番印象に残ったのが、冥王星のガミラスの司令のこと。
あの司令も、(先週コメで知りましたが)人種差別されているという。
上官:「(上手くやれば)私の力で、一等ガミラスにしてやる」

なんという第三帝国。
あのパゲの司令が可哀想になってきた。娘さん可愛いのに(やっぱりそれかい
敵さんには敵さんの事情がある、ということをちゃんと描くのは好き。

ヤマトは、日程に余裕が無いにも係わらず、土星の衛星に寄り道。
エンジンが溶けてきているという怖い現象のせいで。
修理に必要な鉱物が、丁度SOSを発信している船のある衛星に大量にあるというご都合主義(こら~

ガミラスさんは、地味に戦車なんか出してる。
航空機が戦車を叩くという、珍しい戦闘(?)


結局、そのSOSを出してる船には生存者なし。
戦死した古代くんの兄さんの船であった…というところがポイントかな。
古代くんが拾った銃に、兄さんの名前が、というところは出来すぎな感が無きにしも非ずですが、
なかなか良い演出でした。これで兄さんも成仏できそうです。

この調子で、1クールで大丈夫なの?というゆっくリズム(死語)。
早く総統閣下の青い顔が見たいですな。。

今週は、原田真琴さんに持って行かれたということで(*´∇`*) (カナシイオサーン


またCMの話になりますが、ブルーレイBOX「さらば宇宙戦艦ヤマト」とは懐かしい。
白色彗星、ズォーダー大帝、アンドロメダ…あの頃の泥臭い作画も、それなりに良かったです。。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR