fc2ブログ

真夜中に昇るオリオン座

昨夜遅く…というか早朝ですが、東の低空を見ると雲の間からオリオン座が見えていました。
もう8月中旬には、明け方の東天に見えていたはずのオリオン座ですが、天気に恵まれなかったりして
私が今季見るのは初めてです。

毎年、熱帯夜にオリオン座を見上げる事が多かったのですが、今年は涼しい初秋の観望と
なりました。

私の住む街も、年々空が明るくなって、星が見えにくくなるのは悲しいことです。
小学生の頃は、もっと鮮明に見えたものです。

しかし、いつ見てもピリリと気持ちが引き締まるオリオン座。
厳しい冬の到来が近いことを、無言のうちに語っているようで。。

おひつじ座には、非常に明るく木星が輝いており、今度の冬の夜空は賑やかになりそうです。

狩人のオリオンは、女神様に恋をした。
しかし、女神様は身分の違うオリオンと結婚するのを嫌がり、蠍を送って
刺し殺させたという。その功績で、蠍は星座に、ゼウス様はオリオンを憐れんで
星座にしてやった…とかいうギリシャ神話を思い出した。
星座になってからもオリオンは蠍を怖がり、さそり座が出ている間は決して天空に
現れないのであった。(北半球中緯度地方では、確かに両者を同時に見るのは難しい)

恋というのはいつも理不尽で、ほろ苦い。
小学生の頃は、こんなに恋で人生が狂うとは夢にも思わなかった。・゜・(ノД`)・゜・。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR