fc2ブログ

病気に抗っていた頃の日記(ネガティブ中尉)

普通の日記です。大層なものじゃないです。
ただちょっとネクラなだけで(えー)。


トップは、先日お遣いに行ったときに撮った電車。
私が割と元気だった20年以上前、将来入社したいと思っていた鉄道会社です。
今でも駅員さんや乗務員さんを見るたび、羨望の眼差しとともに
(自分の分まで頑張ってくれ…)などと黄昏るのでした。


9月に入ったというのに、アブラゼミが鳴きまくってます。
本来、秋の蝉として鳴いているはずのツクツクボウシの声は、一度しか
聞いていません。
これはいったい、どうしたことか。

台風接近で、蒸し暑いせいもあるかもしれません。
今年は何故か、蝉の鳴き出すのが遅かった(7月の終わり頃)ため、
まだまだ蝉に精力が有り余っているのかもしれません。
あるいは、大震災の影響もあるのか。地中で過ごしてた蝉の幼虫たちに
液状化が影響したとか…。

  

先日我が家にも、蝉がやって来ました。
蝉の顔はグロいので、一応サムネで。クリックで拡大。


台風が接近しています。
あやしい雨雲が空を流れてゆく…

  

またいつもの悪い癖、「死んだら、あの雲の彼方に…」
私が死んだとしても、世の中は何も変わらない。
周囲にさざ波くらいは起きるかもしれないけど、大した影響は無い。
このブログも更新が止まるだけで、誰にも知られることはない。

街の子供たちは、変わらず遊び続けるだろうし、心療内科クリニックも
通常どおり診察を続けるだろう…。
「私は死ぬのに、あなたは生きている。こんな恐怖があるだろうか」という言葉を
読んだことがあるけど、まさに言い得て妙だと思う。

私の生命現象なんて、宇宙のスケールからしたらほんの一瞬の、それこそ泡がはじけるような
ものなんだ…と、星空を見上げるたびに思う。


私はどこで、人生を誤まったのか…
生まれつきの病気の素とか、育った環境とか、いろいろ考えられる。。
手術すれば治る類の病気ではないのが、かえって悩ましい。
十数年前、神経科医に「吐き気が起きないように、脳を手術してもらえないでしょうか?」と
頼んだことがあった。「そんなことをしたら、廃人になるよ」と諭されたのだが…。。
私の苦悩を物語る、大事なエピソードとして今も鮮明に脳味噌に焼き付いてる。

こんがらがった釣り糸を解くような虚しい時間を過ごす間にも、ネコたちは
食物を欲しがって甘えて来る。

  

がつがつがつ。
「食べる」ことこそ、生きる源だと再認識させられる喰いっぷり。

  

そして、飼い主(家族)とのひとときを楽しむ。
なんか、人生もネコ生もあまり変わらないよなぁ。。
生き物としての根源が変わらないのは、むしろ当然か。


廃人の垂れ流し終わり。
とにかく自分なりの人生を、出来れば笑って過ごしたいと思うばかりです。

「お前みたいな害虫は、死んだ方が社会のためだ」みたいなネット特有の暴言を
浴びつつ。。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR