fc2ブログ

those were the days (憂鬱注意)



結局、一睡もできなかった…。
南西の低空に、寝ぼけた月が沈もうとしていた。

自分の病気のこと、将来のこと、いろんな事柄が脳を駈け巡り、眠りにつくことを許さなかった。

何故、不安になるのか。
考えても仕方の無いこともあるけど、少なくとも病気に関しては努力不足。

「何か、治すための努力をしてるの?」
私から去って行った友人たちが、必ずといって良いほど残して行った科白。
きっと、主治医も同じことを考えているだろう。
具体的には、認知行動療法に関して。

28歳の時だったか、臨時で来ていた医師に、
「認知行動療法を、今のうちに死ぬ気でやらなければ(病気は)一生治らない」
そう言われてショックを受けたものだった。
血反吐を怖がっていては、治らないというわけ。

現在の生活は、もうあと何年も続かないと思う。
その後は……考えると身が縮む。

今週は両親が主治医を訪れて、今後のことを決めることになっている。
私は今から、判決を聞く被告人のような気持ちでいる…。

この30年弱も地獄だったけど、これから本当の地獄が待っているのだ。
生き延びたければ、耐えるしかないのだ。

  
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR