FC2ブログ

『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』

いや、なんとなく話題になっていたので、お試しで録画して見てみました。

 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」


  orz


なんですかこれは。
こんなの放送していいと思ってるんですか。

  この程度でエロいと言われては困ります(えー)

まあ、なんですなあ…
パンチラというかパンモロ。動物の絵で修正が入る基準はいったいどこに…。

血が繋がっていなければ、兄を好きになる妹とかいるものなんでしょうか。
昔、「まいっちんぐマチコ先生」なんか見ていて、過激だと思っていたのですが
それとは大分違うなこれは。。
条例は大丈夫か

よく言えば、中学~高校生くらいの性的な思い出が蘇るような(よく言ってない)。
イカくさい本とかビデオとか、懐かしいものがあるじゃなイカ。
ちょ…私は何を書いてるんでゲソ。イメージが。。

何を書きだすかわからないのでもうやめます。
それくらい主人公の男の子がリアルで、おっさんは感情移入してしまう。
このアニメは、おっさん向けなのかもしれないな。。。
嗚呼懐かしき1980年代。

妹さんが兄を書店の18禁コーナーに誘う場面があったけど、兄は18歳以上なのだろうか。
ちょっとだけ気になる場面でした。
そう言う私も18歳未満のときに…ゴホゴホ

妹さんがミキタンだと思うと…兄を誘惑するのがノリカだと思うとゲフンゲフン!!!
ここは、「いいぞもっとやれ」なのか「イメージが…やめてくれ…」なのか悩んでしまいます。

若い人がこういうアニメを見るのは、むしろ健康的だと思うのですが、おっさんだと
洒落にならんいやらしさが滲み出てしまいます。コンビニとかでHな本を立ち読みしてる
おっさんと同じような。
私(三十路)に幻想を抱いている人はいないと思いますが、もしいたらショックだろうし。

私のイメージはプリキュアやおジャ魔女なんだ……(それはそれで問題だと思うが)。
とにかく、もう見るのはよそう。
あ、あれ…手が勝手に来週の録画予約を(えー

……見たければ見たいと言えよ…(ボソリ
スポンサーサイト



旅立つ君へ

あなたはもうすぐ、西の方へ旅に出る。
私はただ、あなたの無事を祈り、お土産に期待する(うそです)。
いつか、私もあなたと旅に行けたら…そんな夢…本当に夢のまた夢だな…をみる。。
ふっ…。たわけた事を。
這いも出来ぬ赤子同然の私に、何が出来るか。
だからこそ、私は…毎日を精一杯頑張って生きる…!!少しでも明るい未来のために。
そんな事を思いつつ、黄昏の空を見つめたのであった。

というわけで、今日のプリキュアSS。

霧生さんたちは、日向さんと美翔さんに内緒でダークフォールに戻り、
フェアリーキャラフェを取り返す作戦を立てていました。

  

みのりちゃん:「また動物園のときみたいに、皆で絵を描きに行こうよ!」
薫さん:「ええ」
みのりちゃん:「約束だよー?」
薫さん:「ええ」

つまんない駄洒落を二度も言ってしまうくらい、霧生姉妹も不安なのです。
生きては帰れないかもしれない。

しかし二人の企みも、すぐに日向さんと美翔さんにバレてしまいました。
もう、二人を失いたくない。
一緒に連れてって。

  

満さん:「キャラフェは私たちに任せて!」
困難な販促も買って出る霧生姉妹ですが、一時の感情で断ってしまった美翔さんは
現在でも在庫を抱えるはめに…。

  

薫さん:「みのりちゃんを悲しませたくない!咲に何かあったら…」
みのりちゃんを優しい眼差しで見つめていた薫さんが印象的でした。
日向さんを戦死させたら、みのりちゃんが悲しむ。
戦死前提な霧生さんはペシミスト。

しかし、ここまで無事だったのも四人が力を合わせたからです。
渋々、ダークフォールへ美翔さんたちを連れて行くことに。

王女様、いってきます!

  

フィーリア王女:「気をつけて」

  お ま え も 行 け よ

駄目王女にイラッときた本放送を思い出します。

かくして辿りついたダークフォール。
親父(アクダイカーン様)が待ち受けます。
「滅び」がすべてだと言う親父。娘たちが口答え。

  

霧生姉妹:「この命を生み出してくださったのは、あなた!」
アクダイカーン様:「ち、違うッ!! 我はあくまで滅びのためにおまえたちを…」
ちょっとツンデレな親父が可愛いと思ったのは私だけか。

混乱気味の親父、大暴れ。

  

立ちあがってアジトをぶっ壊し、いよいよプリキュアさんとの決戦です。
手からビームを発射する以外、これといった攻撃力の無い親父。
次回予告では、既にボロボロにされてます。
そして、ダークフォール最後にして最強の戦士が登場する…!

本当の黒幕とは…。
最後の最後、プリキュア史上最大の大決戦が始まる。
プロフィール

四十路

Author:四十路
10万4?歳

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR