FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第38話 「プリキュア、スーパーシルエットに変身ですっ!!」

あれ、おかしいな。
映画予告OPのはずなのに、あまりネタバレしないです。
やっぱり劇場で見ろ、ということなのでしょうか。
試食で腹いっぱいになられてはかなわん。

  

この花咲さんが、異常に可愛い。
馬鹿な。私は海派だというのに。。


で、先週の続きなのですが…

  

影の自分にボコられまくり。
この試練の目的は、どんな自分であっても認めて受け入れることです。
自分が大嫌いな花咲さんにして、殴り合うのも当然の事かも。

ブロ子さんが格闘している間、外で待つ皆さん。
マリンさん:「ブロッサムは弱虫で頼りなくて、あたしたちがいないと
        駄目駄目なんだからー!」
マリンさん、思わず本音が出ました。
しかし、それを受け入れるのが試練なんです。


そうこうしてるうちに、デューン様が地球に接近。

  

50年前に、ハートキャッチミラージュに奪われた自分の力を返してもらうという
デューン様。どこか地球やキュアフラワーを懐かしんでいるようにも見えました。
個人的には、肩に乗ってるおっぱい星人みたいなのが気になりますが。

とうとう、デザートデビルが地球に来ちゃった。

  

ブロ子が戻るまで、とにかくプリキュアパレスを守らなければ。
マントをつけて迎撃するプリキュアさん3人。

  

素朴な疑問なのですが、妖精のいないムーンライトさんは、どうやってマントを
出したんだろう。。

マリンインパクトをデザートデビルに喰らわせ、してやったりのマリンさん。

  

デコに照準入ってます。
こういうの、昔「プレデター」という映画で見たなぁ。顔に照準を合わせられて、ぐちゃって。
サンシャインさんが助けてくれたけど、もう少し遅かったらぐちゃですよぐちゃ。


その頃のブロ子さん。
「ちぇんじです!」

  

影ブロッサムさんの悲しげな表情が、印象に残りました。
む、無理して変わらなくてもいいのよ?そのままでもお父さんもお母さんも皆も
やさしくしてくれるわ。無理はいけないの、無理は…。

ブロ子さん:「私はただ、自分が嫌いなだけだった。あなたは少し前の私なんです」
       「私、変わります、変わってみせます!!」
この試練はまさに、物語の根幹に係わる事柄だったのですね。
テーマは「自立」。

もう、シャイで引っ込み思案の私は要らないの?悲しそうに言う影ブロッサムさん。

  

影を受け入れて、どうにか試練を乗り越えたらしいですが、そのシーンは
後で挿入する演出が上手い。
やってることは、サンシャインさんたちと同じなんだけどな!(えー

とにかく戦列に加わらないと。
お待たせしました!

  

マリンさん:「いいってことよ!」
デコが、ぐちゃってなりそうだったのに、何言ってるんですかえりか様。貴女こそ
ブロッサムがいないと駄目駄目なくせに。
それでもやはり、このカップルは良いですな。
「ふたりはプリキュア」を地でいくような。


鏡よ鏡よ鏡さん、プリキュアに力を!
ここぞとばかりに、ハートキャッチミラージュが踊る。

  

毎年恒例の二段変身、プリキュア・スーパーシルエット。
その繰り出す技は、「ハートキャッチ・オーケストラ」。

  

プリキュアさんたちが気合いを込めると、巨女が!
この技は…。
かつて夢原先輩たちが出した、エターナル館長を抱き殺した巨女のオマージュか。。
少しずつ、静かに薄くなって消えていくデザートデビルが新鮮です。


戦いの後…

  

自分の石像を見る花咲さんの、悲しげながら決意を新たにしたような表情がグッと来ます。
その胸に、あの影の自分を抱いて…。


  ハートキャッチプリキュア!  完


……というわけには行きません。
まだまだ来年1月一杯は頑張ってもらわないと。出来れば2年目希望。
涙をふきふき、以下次週。

「らいしゅうのプリキュアはおやすみします」……orz
デザートデビルには勝っても、駅伝には勝てないプリキュアさん。
次回は11月14日。楽しみにしてるよ、えりか様。


■次週予告

えりか様:「ごめん、マリンタクトなくしちゃった…」

  

マリンタクトが、敵さんの手に渡ってしまうそうで。

  『えりかピンチ!マリンタクトが奪われました!!』

この時期にギャグかますエリカ様、さすがの余裕ですな。
エリカ様:「別に」


■今週のキュアマリン

ムーンライトとのフォルティシモに憧れる14歳(中2)。

  

あらヤダ、なにこの子可愛い。
スポンサーサイト



めちゃモテ委員長2  MMTV 感想っぽいもの

今週は、月に一回のお楽しみ実写版。
てか、実写版しか見てないような…。アニメを見ろ、アニメを。

今日も今日とて生イブ様は、執事タニーさんを苛めまくり。

  

生イブ様:「タニー、あなたは紅茶を飲み物としか思っていないようね(棒読み」
      「タニー、あなたは乾きっぱなしよ(棒読み」

 紅 茶 は 飲 み 物 で は な い の か

おまけに「乾いてる」って…。タニーさんが羨ましい(えー

そんな生イブ様、今週は視聴者女児様をモデルに委員長とお洒落対決。

  

視聴者女児さまは、小学校6年生。
 「背が小さいので、子供っぽいコーデしか出来ない」
小6って、子供じゃないんか…。

生イブ様の大人っぽいコーデに対して、可愛らしいコーデで挑む委員長。
女児様はもちろん、委員長のコーデを選択。委員長勝利。なんという出来レース。
敗れた生イブ様(何も無さそうな隅っこで):「行くわよ、タニー(棒読み」

確かに、小6だったら、委員長の可愛いコーデの方が似合います。
ただ、背の低さをカバーするためのファー帽子がソ連軍…。


それにしても、生イブ様素敵…。
背が高くてガタイが良くて、顔もデカクて超棒読み…スター性を全て兼ね備えておられる。

  

その太っとい太ももに挟まれたい。。

『エレガントガール』、買おうかな。
EDで聴けると思ったのに、モテレッチソング2をやってた。
イブ様応援ブログとしては(いつから?!)、ちょっと残念なMMTVでした。

心療内科なう(辛気臭さ注意)



今日は1カ月に一回の心療内科クリニック。昨日から体調不良で、夕食がとれませんでした。昼までは食欲あったのに…。原因不明の食欲不振。こう言われても、主治医も困るだろうなぁ。。でも「ちゃんといわなきゃわかんないよ!」って、えりか様が(鶴崎先生が?)。話してみなきゃわからない。お金払って医者に来ているんだし。元気出さなくてはいかん。。大事な人のためにも。…えりか様…(えー)。とりあえず暫定更新でした。


追記(PCより)
帰宅したはいいけど、ガクガクブルブル。
思わずストーブなんぞを出す。

何もかもがどうでもよくなってきてる3×歳。
そりゃあ、19年も医者通いしてれば嫌にもなります。
そこまで通っても治らないのは、自分の努力が足りない…
というのはよくわかってる。
わかっていても、どうしようもない事もある…ということを知った
闘病生活だった。
社会の屑に成り下がったアホの戯言。
屑は屑らしく○ね。

メガハウス エクセレントモデル キュアマリン


何カ月も待ったエクセレントモデルがついにキタ!
註:この記事は10月26日(火)に書いてます

余程、脚を硬く作ってあるのか、この片脚ジャンプポーズでも支柱なし。
冬はいいけど、夏は確実に傾くでしょう。
何か工夫しないと…。
下手に工夫すると、売れなくなるけど(えー


  

エクセレントモデルとしては、「Max Heart」以来のプリキュアさん。
「ONE PIECE」のイメージが強いシリーズです。

このポーズの元ネタは、

  

OPのコレかな?


ぐるり。

  
  

  スパッツ少し長いよ…

アンニョヌエボ仕様?

髪の毛の色が薄く、先端にいくほど透明っぽくなるのは何だろう。
(イカの刺身みたいじゃなイカ)
肌以外はテカテカしてます。普通につや消しで良いと思いますが。
肩のあたりの塗装が甘イカと思えば、舌や爪が綺麗に造形されていたり。
なかなか全部上手く作るのは難しいみたいでゲソ。


  

プリキュア服が、ぴっちり貼り付いて「腹筋」「おへそ」が…。
嗚呼、テカテカしてるのはびしょ濡れなんですね(えー

  

お顔は文句無く、可愛いです。人形は顔が命。
プライズフィギュアも良いですが、こっちはほぼ完璧。
「サカナ顔」という点では、プライズに軍配があがります。


  

コフレ付属。
しかし、この位置では一緒に飾れません。個体差とかあるのかな?

フィギュア自体の出来は良好なので、あとはしっかりと台座に固定できれば二重丸。
台座が大きすぎるので、別の台座にはめ込むのもアリかと思います。

同シリーズのキュアブロッサムを買うかどうか、悩むなぁ。
保存用にもう一個マリンが欲しいと思ってしまう…どこまでえりか好きなんだ。。
来年1月で燃え尽きそうですorz



はい。

いつもの「パンツみたいだから恥ずかしいもん」シリーズは、今回は無しで。
スパッツが普通に見える仕様ですし。
お、お尻が(自粛
自粛、自粛です。助平オヤジ脱却です。ちぇんじです!

侵略!イカ娘  第4話

弊ブログ不人気記事No.1のイカの人(ちょ
今回も相変わらずよくわからなかった「イカ娘」。
原作のネタをいろいろと詰め込んでいるから、わかりにくくなってるのかも。
原作を知らないで見た方が、面白いんじゃなイカ。
感想を書くほどの内容でもないし(ひでぇ


財布を拾ったイカの人。
お礼に一万円もらった…(小銭入れにしか見えない財布だったのに…)。

  

商店街で見かけたエビを一万円分買って、たらふく食う。
…これは絶対に何か狙ってる絵だ…と思った(おまえはな
改めて気が付いたのですが、渚さんは某マイメロの歌ちゃん。こんな声だったかな…。

商店街で愛しのイカちゃんを見かけた早苗さん。

  

自らにリボンをつけてプレゼント、みたいなエビコスプレ。
熱中症の危険を冒してまで、イカの人を…。今回はゴミに出されちゃいましたけど、
早苗さんの想いが届くのを願ってます。


イカの人は、どこで寝泊まりしてるのかと思ったら、海の家に放置。
ひどいじゃなイカ。
ということで、相沢家に泊めてやることに。

  

初めての(?)歯磨きやお風呂も、ほのぼのと描いてます。
ちなみに、原作では何度も入浴シーンがあります。肝心の先端が隠されていますが、乳が…。。
巻末のコスプレイカ娘もいやらしい(場合がある)ので、コミックスを買ってください。


第4話の目玉は、この「偽イカ娘」。

  

他の海の家のメニューを偵察に来た栄子さんとイカの人。
「南風」という店の偽イカ娘発見。
この暑苦しそうな店長の趣味だそうで。子供たちに人気の
↑は、プロトタイプ。

うちのリアルタイプ・イカ娘を「れもん」で働かせてみてくれと言う店長のオッサン。

  

真面目に働けば働くほど営業妨害な、偽イカ娘(リアルタイプ)。
目からオイル、口からソース、鼻から青海苔を出して焼きそばを作ることも可能。
残念なことに、バーベキュー用に火を吹いたら、頭部ごと燃えてしまいました。もったいない。
見た目は不気味な偽イカ娘ですが、結構高性能だったと思うんだ。

何かと混乱して泣き叫ぶ本物のイカ娘を描きたかったのかもしれませんが、如何せん偽物が
インパクトありすぎて、あまり印象に残らなかったのは失敗か。。

  

早速EDに使われてる。スタッフ様もお気に入りらしいです。
ちなみに、偽イカ娘の被りものをしてた人は、ナイスバディの美人さん。
ベタベタのベタなオチで、イカ次週。

  

書けま10(テン)

あ、いや、居間で両親がそういうテレビを見てるんで。
私はあの番組嫌いなので…。部屋に引っ込んでPCに向かってみる。

ヽ(´▽`)/

メガハウス様のエクセレントモデル・キュアマリンを発送したと、お店から
メールが来てた。
明日には、えりか様を…(わきわきわき

えりか様といえば、昨日の闇えりか登場のときノーパンだったという
ご指摘をいただき、DVDを見直してみました。

  

これっすかねぇ…。
なんか違う。。でも、ダークえりか様もスタイルが良くどきどきでした。
ニーソは正義!!


  


なんて能天気な事を書いてますが、ここのところ気候のせいもあって体調がいまいち。
急に冷え込んだせいか、身体のコントロールが下手な私は風邪っ引き。
風邪薬を飲んだら、夜も昼も眠くて仕方が無い。
昨日のプリキュア感想は頑張って書いたけど、あれが限界。

最近、ブログを放置気味だったのも、身体のコントロールが上手くいっていないせいで。
秋の黄昏の部屋で、いろんな事を考えているとネクラにもなります。
(秋の暮れて行く部屋で、膝を抱えて考え事をするのは、中学生の頃からの癖です)
よく、好きな人の事を考えながら(この空の下にいるんだetc.)茜色の夕空を見上げたり(きゃー)。。

ゴホン!…なんというか、「記事を書こう!」という気力が湧かないというか。
自分の人生、お先真っ暗だよなぁ…とか思ったり。
そんなこと、今考えてもしょうがないのに。考えるくらいなら、何か行動しろと。
行動出来ないなら考えるなと。
ええい、もっと体を動かして働けぃ! 
とりあえず、早く〆て帳簿つけぃ!
はい、これからやります。


嗚呼、えりか様…。。
四谷さん:「昼間から○○ちゃ、体に毒ですよ」

  

(いや、昼間じゃないし)

ハートキャッチプリキュア! 第37話 「強くなります!試練はプリキュア対プリキュア!!」

月影優遇期間が、徐々に終わりつつ…
今週から、映画宣伝OPです。

  

しっかりビデオカメラの販促をこなす花咲さんとか、
小悪魔なエリカ様とか(ハァハァ)、オリバーくんとかいう吹雪くんも出るよ!(えー
どうなったんだろうなあ、猿人のオリバーくん(関係ないし古い


学園祭も終わったし、少しゆっくりしようと思っていたところで、
砂漠の王、デューン様からメッセージが送られて来ました。

  

デザトリアンじゃない怪物が!
すかさずマジカルステージ!!
で、簡単に怪物は倒したのですが、芯が通信機になってました。

  

デューン様:「プリキュアの諸君…」

緑色の惑星に、デザートデビルなるミサイルを発射して見せるデューン様。
みるみるうちに緑の惑星を枯らし、何もかもが懐かしい…状態に。
そのミサイルを、地球へ向けて発射。なんという遊星爆弾。
デューン様は、地球侵攻作戦を開始するそうです。その前に、ハートキャッチミラージュ
破壊しておきたい目論見もあるようで。そんなに怖いのかハートキャッチミラージュ
キュアフラワーが老いた今、ハートキャッチミラージュさえ壊せば何も怖いものは無い。

その様子を見ていたサバーク博士が、どこか悲しそうに見えたのは
私の感傷主義のせいか。。

それにしても気になったのは、ムーンライトさんの指揮官ぶり。
パワーバランスの崩れもさることながら、このバランスの悪さはなんだろう。
やはり、「本当の主役はムーンライト=月影ゆり」でした!というオチですか。

とにかく、可及的速やかにパワーアップしなければならないということで、
またプリキュアパレスの登場です。困った時のプリキュアパレス。
なんとこの時期に「最後の試練」。ちょっと早いんじゃ…。

最後の試練とは、

  

誰もが持っている自分の暗部と戦うこと。
それも、4人バラバラで。

皆既日蝕の下、自分の心の陰の部分と戦うプリキュアさんたち。
しかし、すぐに「戦うより抱き合いたい」ことに気付くプリキュアさんたち。

  

自分の暗部と戦うというよりも、それを受け入れる心が試されていたのであった。
ムーンライトさん:「私は、悲しみを背負って生きていく」
暗部を抱きしめる月光さん、スゲー格好いい。17歳の少女には、なかなか言えない科白です。

無事に試練を乗り越えた、マリン、サンシャイン、ムーンライト。
試練を乗り越えたご褒美として、プリキュアパレスに石像が残るのだそうです。

  

あの過去のプリキュアさんの石像は、コレだったのか…。
素朴な疑問なんですけど、「最後の試練」にしては、大したこと無かったような。
「プリキュア対プリキュア」と謳っている割には、戦いが激しくないからか。
自分の全てを受け入れることが大事だという設定は、大変良いと思いますけど。

…が、肝心要のブロ子さんが手間取ってます。
自分の暗部を受け入れることが出来ずに、殴り合っていました。

  

どれだけ花咲さんの性根はドス黒いのか。
一度、デザトリアン療法をしてもらうべきだった。


いろんな処がどす黒い花咲さんたちも、次週はいよいよ二段変身。
第38話、「プリキュア、スーパーシルエットに変身ですっ!!」

  

なんか白っぽい。EDでネタバレはしてるんですが。
朽ち果てたプリキュアさんが、ばりばりと割れて白く新しいプリキュアさんが
飛び立っていく様子が見える気がする(えー


■今週の嫁

  

あたしって、えりか様のこと全部大好きだから。 とくに太ももとか

君たちリンゴ・イチジク・ブルーベリーだね。



あ、いや…親父殿が法事のお返し(?)に貰ったジャムの果実です。
咲かせましょうか果実大恋愛(フルーツスキャンダル)。
某お歌とは無関係ですので(懐かしくてCD引っ張り出して聴いたくせに


最近購入した食玩。

 「プリキュア ラブリーカフェ」

こういうのも、毎年恒例です。箱庭シリーズ。
でも、組み立てても置く場所が無いので、ケースに納まるくらいの範囲で組み立て。

  

ちなみにベッドは、桃園先輩のお古です。
今回の家具は、あまり使えるのが無いな。。
ミニフィギュアの目が、どこを見ているのか不気味な件。
しかし、この歳で女児向け食玩…

  


古物店で買った激安プラモデルなんぞを作ったり。

  

初代ガンダムの、MSVのひとつ。MS-07H。
1980年代のプラモですな。年代モノっぽい箱です。
接着剤が無いと組み立てられない、塗装も自分でするという、面倒な模型。
下手くそだなぁ、塗料の匂いを嗅ぎすぎて気分が悪くなった割には(えー
しかし、この歳でプラモデル…

  


例のプライズフィギュア、キュアマリン。
「腰の部分の花が省略されてる」というご指摘をいただき、改修してみました。

  

ブロッサムが余っているので、青く塗装して移植。
あんまり目立たないところですけど、これで便秘もスッキリ。
右腕は、Ver.2のものを流用。
私の汚い手が写ってしまい、すみません…。

  


ちょっとだけ臨時収入があったので、「ハートキャッチ」さんのDVD、第1巻を購入。

  

  

何故第1巻なのかというと、第3話「二人目のプリキュアはやる気まんまんです!」を
綺麗な画質で見たかったから。
えりか様の美しい変身シーン…素敵だわぁ…。

ちょ、別にキャプって壁紙にしたいとかじゃないんだからねッ!!

 
  

……。
…………。

  

  ひどいでゲソー!


  

侵略!イカ娘  第3話

「イカ娘」も3週目に突入。
原作準拠で、目新しさはあまり無いけど(えー)今回は主題がはっきりしてました。
ずばり、

 「怖いものは人それぞれ」

イカ娘を幽霊で怖がらせてやろうと、肝試しを企画する栄子さん。
ボディガードとして呼んだ悟郎くんが一番怖がってる。ライフセイバーでも、幽霊は怖い。

  

早苗さんの参加動機が不純ですが、気にしない。むしろ歓迎。
怖がりまくる悟郎くんに、「チキン!!」…イクトと喧嘩する日奈森さんに見えた。。

皆と墓場ではぐれてしまったイカの人。
ホタルイカの能力で発光、皆に見つけてもらおうとするのが逆効果に。

  

人間どもが、何故に幽霊などというものを怖がるのか、理解出来ないイカの人。
「見えないものに恐怖を感じるのはおかしい」
「サメやシャチが襲ってくる方が怖い」
まったくもって同感です。
いるかどうかわからない幽霊よりも、実際に命を奪う生きたものの方が怖いのです。

  

しかし…。
原作には無かった、イカ娘さんを見送る本物の幽霊。
ちょっとビビッた。でも、イカの人は怖がりません。

で、次はイカ娘さんが怖がる番です。

  

子供たちが遊んでる、シャチやサメの浮輪(浮き袋?)に恐怖するイカの人。
「イカ娘ビジョン」と称して、いかにサメやシャチが怖いかをリアルに伝えてる。
とうとう失神してしまうイカ娘さん。
子供たちにとっては面白いモノでも、イカの人にとっては恐怖の対象なところが、
「生きたモノの方が怖い」と言ったイカ娘さんの主張に芯が通ってる良い演出。


@斉藤渚

「れもん」に新しく入った、バイトの女の子。
ボーイッシュなサーファーな渚さん。ちょっと映ったむちむち(死語)の太ももが
タマランチ会長な彼女。

  

イカの人に対して、非常に恐怖します。
侵略という危険な思想の持ち主で、鋭利な触手まで常時装備しているイカの人は、
渚さんにとって恐怖の対象以外の何者でも無かったという。

  

子供たちに人気のイカ娘さん。
でも、渚さんは騙されません。ある意味、今までの登場人物の中では一番マトモな
神経の持ち主なのかもしれません。

  

悪乗りして、怖がる渚さんを更に怖がらせるイカの人。
今まで、栄子さんたちに舐められっぱなしだったイカの人にとっては、怖がってくれる
渚さんは、マジ天使。イカ娘ビジョンでも、渚さんは天使に描かれてます。

怖がりながらも、何とか自分でイカの人の侵略を食い止めようと決意する渚さん。
滑稽なようですが、幽霊を怖がる皆さんや、シャチの玩具を怖がるイカの人、同じ
レベルに描かれているのが上手い。
今週は、わかりやすい演出にヤられました。やるな「イカ娘」。単なる萌えアニメじゃなかった…かも。


●今週の千鶴さん

  

怒ると怖いけど、この笑顔はマジ天使。
腹黒さは、原作よりも抑えられてるけど、端々に見られる天然なのか腹黒さなのか
わからない言動がス・テ・キ。
悟郎め、勝負だ!(勝てる気がしないでゲソ

マリー&ガリー ver.2.0  第20話

今週も「マリガリ」は新作。
どうしたと言うのでしょうか。休み得意なマリカさんの筈なのに。
しかも、今週も探偵モノ。


  

ちょ、「けいおん!」?!

マリカさんが悩ましい格好をしておられる。もっとよく見せろ!!(えー
ガリハバラ軽音楽部…ではなくて、また科学探偵マリカ&ノリカですよ。チッ

怪盗ガリバが、エジソンくんの店の地下冷凍庫で倒された。
死体(?)のそばに水溜まりがあったところから、マリカさんは凶器が
氷であることを見抜く。

  

なんだこれは。

科学嫌いなはずの(直ってない)マリカさんが、そんな事に気づくなんて。
ついでにノリカ様も、「NO!理科」はどうした。。

マリカさん:「犯人はフレミングさん!」
ずばり言われちゃったYO!
でも、冷凍室で氷がとけるはずはないんだYO!

水溜りの水を舐めたペットの様子が変なところから、水には多量の塩が
混入されていることに気付くマリカさん。
怪盗ガリバも、ご丁寧に「凝固点」などと書き遺して倒れてます。

マリカさん:「犯人はフレミングさん!」

  

塩の混ざった氷は、普通の氷よりも凍りにくく溶けやすい。
凝固点が低いのです。

別に自白する必要も無いとは思いますが、がっくりうなだれるフレミングさん。

  

本当の狙いは、エジソン社長だったんだYO!
「電磁力アイス」は、オイラの左手の法則を使ってるのに、商品名に
「エジソンの~」ってつけやがったんだYO!

素朴な疑問ですが、エジソンくんと怪盗ガリバを見間違えるか?
そこは突っ込んじゃいけないのか。。

そういえば、普通に売ってるアイスにも、塩が入ってますね。だからアイスたべた後は
咽がかわくんだ。

フレミングさんは久しぶりの出番だったので、菊池正美さんに何かあったのかと思ったYO!
ダビンチさんに関する、不穏当な噂話も聞いたことだし…。

サブタイトルは、「怪盗ガリバの最後」なので(最期ではない)、一応探偵ものは
今回で終わりなのかな?
そろそろ飽きてきたYO! 
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR