fc2ブログ

も~っと! おジャ魔女どれみ 「手がかりゼロ!最後の試験」

今週で、今期のノルマだったパティシエ試験は最後です。
今まで、春風さんたちが魔女になることに反対だった元老院魔女5人を
そのお菓子の力で納得させて来ました。
春風さん:「いや~大変だったよー、デキレースとはいえ」
あいこ姐さん:「シッ!!どれみちゃん!」


最後のパティシエ試験、その試験官は…

  

「マジョモンロー!!」
ももこさんズッキューン。マジョモンロー、マジョモンロー!
マジョモンローは、飛鳥ももこの元々の師匠。故人です。

  

「私はマジョモンローではありません!」
彼女の名は、マジョバニラ。マジョモンローとは同じバラの木から
生まれた、いわば姉妹のようなものだった。
ももたん:「ガックリガクガク」

マジョバニラさんが出した課題は、レシピ日記の破れたページに
書かれていた幻のお菓子。
マジョバニラさん、物凄い無茶振り。誰も覚えていないお菓子を
課題に出すなんて。

幻のお菓子は、先々代女王が人間の婚約者から贈られたものだそうで。

  

人間と結婚するためには、女王の座を降りなければならない。
それを決心させてくれたほどの銘菓。

  

先々代女王の専属シェフ・マジョロクサーヌさん再登場。
さぞ素敵なお菓子だろうとはしゃぐ、おジャ魔女さん。

  

一人だけ、マジョモンローの面影をマジョバニラさんに投影して
心ここにあらずな飛鳥ももこ。
一時はギャグに走った飛鳥さんですが、ここへ来て再び鬱モード。

ラズベリーを使ったお菓子だということはわかるけど、いったい
何を作ったら良いのか…まさに手がかりゼロ。

  

でこメガネ、電光のように閃いた。
婚約者が贈ったお菓子なら、先々代女王の名前を冠しているかも。

女王様から聞いた先々代女王の名前は、「マジョトゥルビヨン」。
トゥルービヨンとは、フランス語で「渦巻き」だそうです。
飛鳥さん:「そういえば、NYのMAHO堂にはトゥルビヨンという
       ケーキがあった…」

そうとわかったら、作った作った。

  

皆で楽しくクッキング♪
でも、やはり一人だけマジョモンローの亡霊に憑依されてる飛鳥さんが。

  

マジョバニラさん:「ももこという子は、いつも前向きで諦めない子だと
           マジョモンローから聞いていたけど、聞き違いだったようね」

マジョバニラさんに活を入れられ、やる気を起こした飛鳥さんは
精力的にケーキを作り始めた…。

  

できた!
……。この毒々しいケーキが、先々代女王の喜んだケーキ?

味見は勿論、マジョロクサーヌさん。
「美味しゅうございます。でも、これがレシピ日記に書かれていた
お菓子かどうか、わからぬ」

そこへ、春風さんたちの応援にキッチンスタジアムに駈けつけた
ハナちゃんのでこタッチ。
寸分の狂いも無く秘孔を突かれ、マジョロクサーヌさんの記憶が蘇った。

  

これこそ、先々代女王が婚約者に贈られた幻のケーキ、「愛しのトゥルビヨン」。
やや唐突で、都合が良すぎな展開ではありますが、そうなんですって。
最後のパティシエ試験の合格を告げる、マジョバニラさん。

  

魔女ガエルになりながらも、ももこと過ごす日々が楽しいと言った
マジョモンローの気持ちがわかるような気がする…ももたんを称える
マジョバニラさん。

おジャ魔女さんは、見事パティシエ試験を乗り越え、ついに魔女に!
…のはずだったのですが、彼女たちに先々代女王のどす黒い影が迫る。

残り2話。天下分け目の大決戦が、おジャ魔女さんを待ち受けている
ところで以下次週。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR