fc2ブログ

フレッシュプリキュア! 第16話 「恐怖の文化祭!夜の学校に響く足音!!」

最初にぶっちゃけておきますが、今週はタイトルに偽りありです。
文化祭は恐怖でも何でも無かったし、夜の学校が舞台でも無かった。
煽りです、煽り。

そんなベタな文化祭でも、実行委員となって働く桃園さん。
蒼姐さんとブッキーさんにも買物を手伝ってもらいます。

  

蒼い人:「こんにゃく…誰が使

桃園さんのクラスでは、お化け屋敷をやるんだそうです。
釣竿にこんにゃくとはまた古いセンス。

桃園さんが文化祭実行委員になったから、自分もなったというダイスケくん。
桃園さんに相当なお熱です。
外は雷雨。二人っきりで作業をすれば…

  

ダイスケくん:「あふぁっ!!」
桃園さん:「はい、ティッシュ」

セイシュンしてる二人を見て、覗き見してたウエスターさんも
思わず赤面。
ダイスケくんも桃園さんも、雷が苦手。
怖い怖いと思うと、何でも怖くなるものです。
ウエスターさんの操る骸骨ナケワメーケに追いかけられるのは
怪談回ではお約束でしょうか。

  

襲い掛かるウエスターさんに果敢に立ち向かうも、気絶するダイスケくん。
桃園さん:「ありがとうv」
ウエスターさん、若い二人の営みにまたしても赤面。

  

  

「ヒーリング・ブレアー・フレッシュ!」
「ラブサンシャイン・フレーッシュ!」

フレッシュな技で楽しそうにナケワメーケを浄化するパイキュアさんと
桃キュアさん。
それに引き換え、蒼キュアさんは旧式のエスポワールシャワーで
頑張ってます。が、それも限界。
技をナケワメーケに撥ね退けられたことで、自分にだけ新商品が
支給されない不満が爆発しかかってます。

  

蒼姐さん:「なんで、あたしだけ…」

大丈夫ですよ姐さん。ブッキーさんに先を越されてしまったけど、
彼女はメーカー様に裏金渡したりしたんだ、きっと。だって
腹黒いんですからブッキーさん。

そんなわけで、来週はシフォンに不満をぶつけてみることにしました。

  

力ずくでパワーアップか、美希たん。

来週も無事に感想が書けるといいなぁ。。


          

           「ブッキブキ同盟」参加中
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR