fc2ブログ

も~っと!パニック障害MaxHeart

今日は親父殿が、友人であり仕事仲間でもあるお方と
いろいろ相談しつつ飲むのだそうで。

普段、役立たずな私は率先して親父殿を自動車で駅に
送って行きました。

家を出る前、何か嫌な予感がしてパニック発作の頓服薬を
飲んでおきました。
思えば、その「嫌な予感」がした時点で「発作」は始まって
いたのだと思えます。

車をスタートさせて間もなく、本格的にパニック発作が
襲って来ました。激しい動悸と吐き気に喘ぎながら、ハザードランプを
点滅させて、車を左に寄せて停車。

親父殿は、「何か心配事でもあるのか?」みたいなことを言って
ましたが、私の心はいつも不安だらけです。取り立てて今、発作の
原因になっているものは…全部かな。。

親父殿も、こういう私と何十年も一緒に暮らしているので、全く
驚きません。驚かないのがこいつ(私)にとって一番良いと
わかっているのです。

少し休ませてもらって、落ち着いて来たので車をスタートさせました。
なんとか親父殿を駅まで送り届け、すぐに帰宅。
帰路も、なんとなく胸がもやもや。

帰宅してからも、身体の硬直感や熱っぽさが抜けません。
体温を測定すると、37℃。まあ大した事は無いです。
発作から2時間半は経つのに、まだ尾を引いてるのは今までと
少し違う感じ。精神的にもキテます。

なんでこんな不愉快な事を書くのか。
「パニック障害」という病気について、一人でも多くの人の
理解が得られるように……なんて大仰なことは考えてません。
単なる私の個人的日記です。

発作が起きたからって、それを恐怖すればかえって飲み込まれる。
「あー、またなっちゃったよー」
くらいに笑い飛ばせれば、大事にはなりません。経験からいって。

ここまで書いてきて思った。
「書くことによって発作を認識し、考えを整理しようとしてる」んだ。
ただの日記じゃなかった。ちゃんと意味があったのです。
そう自己分析したところで以下次週。

少し気持ちに余裕を持てよ、と自分に言い聞かせてみた…。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR