FC2ブログ

おジャ魔女どれみ♯  母の日とお母さんのにがお絵


おジャ魔女さんたちの世界では、もうすぐ母の日だそうで。
学校の授業でも、「お母さんの似顔絵」を描くことに。

母親を亡くした中山さんは、しょんぼり。
それを見ていた矢田くん:「こんなくだらねぇ授業、やってらんねぇよ!」
飛鳥ももこの声だッ!

 

こんな絵を残し、勝手に早退してしまいました。
矢田くんのお家も、母上を亡くしているのだそうな。
現在の矢田くんの母上は、継母。

 

結局、母上の絵が描けなかった中山さん、翌日は
学校をサボタージュ。
公園に行くと、矢田くんもサボってました。

矢田くん:「あんな授業やるなんて、神経どうかしてるぜ」
よくわからないのですが、同情されたりすると母の死を
思い出してやりきれなくなるんだとか。

そこへ、関先生が駈けつけ。

 

 「ハァハァ…」

関先生:「あたしも小さい頃、父親亡くしてんだよね」
     「片親なせいで、就職出来なかったこともあった」
     「母の日には、お母さん心配いらないよと言えるくらい
      強い人間になってほしいんだ」
最近、この先生が和●アキ子みたいで怖い、という話を聞いて
笑ってしまいましたが、なかなかしっかりした先生じゃないか。
ただ、死別した母の絵を描くことと強くなることとの関係がイマイチ
よくわかりませんでした。そういえば、母親がいなくても堂々としてろ、
とか言ってたっけか。

感涙する、中山さんと矢田くん。
そこへ、

 

中山父、矢田継母が駈けつけ。
矢田くん:「死んだ母さんの顔、忘れそうで…」
関先生:「それって、今のお母さんが大好きってことだよな」
矢田くん:

 

 このツンデレ男めが


母の日当日。
MAHO堂では、母の日セール。
カーネーション2千本は売り切れまいと思ったら、完売しやがった。
嗚呼そうか。きっと瀬川さんのファンが押しかけたんだ。

疲れきった春風さんたちのところへ、中山さんがカーネーションを買いに。
春風さん:「カーネーションよりも、もっといいお花があるよ!」
その花を取ってくると言い訳して、

 

 「マジカルステージ!」
 やっぱり気になるこのシーン。嗚呼、男ってイヤ。

エーデルワイスというお花に魔法をかけます。
「しおりちゃんにお母さんの顔を見せてあげて!」

 

妹尾さん:「花言葉は、大切な思い出…」
瀬川さん:「しおりちゃんのために選んだの(棒読み)」

中山父子は、そのエーデルワイスを持って母上のお墓参りに。

 
 

 中山さんの母上の幽霊出現

幽霊:「天国から、しおりのことずっと見てるわ」
中山さん:「もうお母さんの顔、忘れないよ…」
 
す、すごいなおジャ魔女さんたちは。幽霊まで召喚出来るなんて。。

おジャ魔女さんたちも、それぞれ母上にカーネーションを贈り、
めでたしめでたし。

今週は「おジャ魔女どれみ」お得意の感動話キター!って感じ。
派手に闘うとかそういうのが無くても、心に訴えかけるものが
あるのがこのアニメの神髄。
ただ、マジカルステージってノルマなんでしょうか。
若干、無理矢理感が漂う場合も。
そんなに販促、販促という番組でも無さそうだし。

 

 こんなところに、秋元こまち発見。
 小学生時代は、髪の毛黄色かったのか。

■今週の瀬川おんぷ

 

 のぞき

この視線の先にあるものによっては、フォーカスされそう。
スポンサーサイト



飛鳥ももこに夢中


ここんとこ、少しブログ更新を怠ってました。
画像のとおり、おジャ魔女さんのガレージキットを
組み立ててました。

飛鳥ももこ。

画像の小さい方は、ガチャポンフィギュア。
完成品では飽き足らず、とうとうガレキに手を染めてしまいました。
去年、「カードキャプターさくら」の「李苺鈴」を作るまで
ガレキなんて私には絶対に作れないと思って敬遠してました。
何度失敗したことか…

それが去年、何とか飾れる苺鈴さんが出来たので、今回の挑戦と
なりました。


 

うーん、ちょっと髪の毛の緑が濃すぎるかなあ。
でもどっかのサイトさんの完成見本を見たらこんなもんでした。
ガレキって、顔の塗装が上手くいったらほぼ完成なんです。
根性の筆塗りにしては、まあまあか。
へたくそなのは仕方ない。
髪の毛がテカってますが、つや消しコートを吹き付けたばかり
なので。。

何故急に、飛鳥…とか思われそうですけど、今けっこう
自分の中ではブームです。


 

DVDを観て、感涙してしまいました。
流暢な英語、マジョモンローさんとの悲しい死別、
言葉の問題で皆からひんしゅくを買ってしまうところetc.
もうストライクゾーンど真ん中でした。
か、かわええ…。
クラスに同じ声の男の子がいるのが気になりましたが、
そんなのはどうでもいい。

DVDに関しては、これからチバテレビが「♯」の続編を
やってくれるかどうか怪しくて中古で買ってしまった。
もっとハジケた、ギャグな飛鳥さんも観たいけど、
あんまり先を知ってしまうと再放送を観る楽しみが無くなって
しまうので自重です。

換気は良くしていたつもりですが、塗料の匂いをかぎすぎて
ちょっと具合が悪いです。蕁麻疹が出なきゃいいけど。。

そんなわけで飛鳥さんは、苺鈴さんとともに飾り棚の
一番良い場所に展示してあります。

DVDの感想をちょこっとだけ書いておくと、飛鳥さんに英語と
日本語の表現の違いをアドバイスしてあげる妹尾さんが
ポイント高かった。
瀬川さんは、少しは黒さが消えたかな?いや、でも
やっぱり黒い。それでなくては瀬川おんぷじゃない。

藤原さんの影がずいぶんと薄くなってしまってるのが
ちょっと残念。今後の挽回に期待。
春風さんは、中の人に偏見を持っていましたが、アニメを
観ているうちに「なかなか頑張っておるな、うん」と
だんだんイメージが良くなってきました。

飛鳥さんは、ぶっちゃけ今すぐ結婚してくれ。









 
 
 

※2010年4月8日
 馴れ馴れしい粘着・迷惑コメントは削除します
プロフィール

四十路

Author:四十路
10万4?歳

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR