FC2ブログ

たまにはプリキュアさんと遊んでみよう


最近、浮気ばかりしてプリキュアさんのことはほったらかし。
不味い。夏木さんの怒りが頂点に達しそうです。
ここはひとつアクションを起こさねば。
…エロゲかよ。。

というわけで、小ネタ。

 『Yes! プリキュア5 ミラクルドレスチェンジ』

一言で言って、「きせかえ」です。食玩です。
以前、仕事の帰りに弁当を買うついでに買いました。


 

こんなカードが入ってます。
ス、スパッツ……プリキュア服の下には、こんなの
着てやがったのか…(;´Д`)
手が邪魔なのには理由があります。


 

このシールを、上からぺたぺた貼って「きせかえ」する
ちょっと貧乏くさい玩具です。
夏木さんは貧乏だから、こんな食玩ひとつ買ってあげた
だけでも喜んでくれます。本当にいい子だ。

「スーパーキュアルージュ」の衣装がついてます。
映画宣伝に駆り出されたんだなぁ。

でも、せっかくドレスを着せて(貼って)も、髪型が
キュアルージュじゃ、お話になりません。
いや、これはそういうアンバランス具合を楽しむものなのでしょうか。
ココの顔を切り抜いて、キュアルージュの身体に
合わせたい衝動に駈られます。

映画宣伝繋がりでもうひとつ。


 

マクドで配布されていたカードです。
いまさら感が漂いますが、ネタが無いので勘弁してください。

映画でのキュアルージュって、どこか影が薄かったような。。
ダークルージュも、5人の中で唯一邪悪だったし。
やっぱり夏木さんをコピーすると、ああなってしまうんでしょうか。
邪悪な敵さんを容赦なく焼いたルージュさんは正解。
「ホントの自分」を否定する女・夏木りん。

でも、夏木さんの映画の中での最大の見どころは


 

 ワキ全開のドレス姿(;´Д`)

あの淫靡な姿に視線を奪われた大きなお友達が
多かったと信じよう。
「売れないアイドルが脱ぐ」
みたいな必死さがにじみ出ていたEDの「ガンバランスdeダンス」
やっぱり夏木さんは私のアイドルだZE!
スポンサーサイト



味楽る!ミミカ  第2巻

昨日は、「味楽る!ミミカ」
コミック第2巻の発売日。
昨日は忙しくて買いに行けなかったのねー☆

で、今日こそイオンの本屋さんに突撃です。
第1巻を買ったのと同じ本屋さん、必ずあるだろう…

 ね え

すぐにアニメイトに移動しましたが、そこにも無し。
世間様は、ミミカお嬢様になんて冷たいんだ。。

駐車場の車をそのままにして、丸善に行ったらちゃんとありました。
レジのお姉さん:「カバーかけますか?」
私:「袋に入れてください」
……本むき出しで渡しやがりました。
仕方ないので、駐車場へ歩く間、早速読んでました。
いろんな意味で、危ないんだなー。

まあ、内容は買って読んでください。
ネタバレになりますので。


 

 カラーページ

ミミカさん、なんて良い太もも可愛いこと。
もう、このページ見たらお腹いっぱい。
しかし、この本の内容は濃く。


 

 これは良い百合ですね

じゃなくて!
お子様が「そういう漫画」だと思ったら大変です。
これは真面目な食育漫画。
お子様にも安心してお勧め出来ます。

ちょっとホロリとする場面もあるのねー☆
若旦那:「それは三十路さんがトシだから涙もろいだけなんだなー」
      「三十路さんのロリコン趣味ど真ん中なんだなー」
うっうるせぇ! 僕はい…(自粛)


 

まあ、ミミカさんは漫画でも可愛いということで。。

味楽る!ミミカ  録画☆しっぱい


夕食が終わって、「味楽る!ミミカ」の録画を
観ようとわくわくしながらHDDのスイッチを入れると…


 ……

 ………

 

NHKからメールが来てるのね…☆

 「録画できませんでした」

な、なんなのね?放送事故なのね?☆
でも、どこのチャンネルに回しても、「アンテナ設置不具合」
のために放送を受信出来ません、なのね。。

そ、そんな馬鹿ななのね☆!
今日もアンテナがちゃんと繋がってるかどうか確認したのね。。

 はっ!!!

その後、CDを取り出すために本の入った袋をどかしたのね…。
アンテナを動かした可能性があるのね☆!

 ぐ、ぐやじいのねーーーーーッ☆!!!

これだから地デジはあてにならないのねーーー!!
かといって、うちではNHK教育のアナログは電波状態が悪いのね。。
とても観ていられない映像なのね。
ちなみに、袋には大人の本が入っていたのね☆

新しいアンテナ線を買おうかと思っても、居間のクソ重いタンスの
裏側にアンテナの元があるので、先生一人の考えでは動かせないのね…。

そういうわけで、録画は来週の再放送に持ち越しなのね…。
ちなみに夕食はカレーだったのね。。
「プリキュアカレーが食べたい」
などとは口が裂けても言えないのね……

 
  orz

味楽る!ミミカ  フツーと☆本格


「フツーと本格」?
この番組に、本格など似合わねぇ。
「フツーと味楽る」
にしなさい。


料理対決をすることになった、アジマル先生と猪頭先生。
うじうじする二人に、リンリンさんの怒り爆発。
リンリンさん:「こっちは忙しいのよーーーーーーーーーーー!」
二人を投げ飛ばしつつ、良いシャウトだったな。

「た、対決料理が決まらないのね…」
怯えるアジマルとプルコギに、
リンリンさん:「じゃあ、決めてあげるわ」

……嫌な予感が的中。
テーマは、「カレー」。。

ミミカさんの名誉のために言っておきますが、腹黒いのは
リンリンさん。…でも、ミミカさんも若旦那も万歳してたな。。
腹黒3人組、見事先生を乗せて、当番逃れ。

どちらかがフツーのカレー、どちらかが本格カレーを
作るということで揉めるアジマルとプルコギ。
リンリンさん:「ジャンケンで決めなさいよーーーーー!」
良いシャウトだったな…。

ジャンケンに負けたアジマルが、やたらと自信ありげ。
フツーのカレーでも、全力で料理するのね☆

料理するアジマル先生を突き飛ばし、猪頭先生が鍋に入れたのは味噌。
猪頭、謀ったつもりらしいですが、味噌がかくし味になって…
とかいうのが見えるような。。
今週は久しぶりに「味楽る」な料理が見られそうで楽しみ。

Yes! プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!


今日は休みをもらって、プリキュアさんの映画を観て来ました。
「どこへ行くの?」
って訊かれたら、答えようがありません。
まさかこの私が、プリキュア映画を観に行くなんて家族は
夢にも思わないでしょう。

で、京成電車に揺られて20分。
今年の正月に「SS」の映画を観に行ったのと同じ映画館。
発作が心配だったのですが、上手く薬が効いたのと、
もう電車に乗る自信がずいぶん付いたのとで、パニック発作は起きず。

チケット売り場にて。
私:「プ、プリキュア1枚…」
係のお姉さん:「プリキュア1枚ですね!

 ス ピ ー カ ー で 怒 鳴 る な

後ろで待ってるお客さんに、完全に聞こえたな。。

なんやかやで、上映開始。
お客さんは、平日の昼間を狙って行ったせいか、がらがら。
幼女さま5名、保護者さま4名、キモヲタ1名(私)。
こういうイベント(?)って、幼女さまの反応が楽しみな
だけに、ちょっと残念でした。

「!!!」
お子様、ペンライト持ってる! 子供の特権ですな。
(欲しいよ欲しいよ欲しいよーーーッ!!)


私はお馬鹿さんなので、ストーリーの細かいところは覚えてません。
ただ、終始ミルクが怖かった。。

あと、やっぱり夏木さんのドレス姿が素敵。
ワキの処理もばっちrゲフンゲフン!!
ごっつあんです。

ラスボスであるシャドウとの戦闘は、いつもの特攻でとどめを刺し、
あまり新鮮味が無かった。
「スーパープリキュア」になったんだから、何かやって
くれないと。あの羽、何か意味があるんですか?

その代わり、各プリキュアさんと各ダークプリキュアさんの
戦闘シーンは秀逸でした。
ただ、ルージュ対ダークルージュだけは、あまり燃えなかった。。
夏木さんへの期待がそう思わせるのか、あっさりとした印象。
ルージュバーニングの炎だけは、燃えまくってたけどな!

戦闘シーンのBGMが、いつもと違って悲しげなのが素晴らしい。
その音楽と相まって、ミント対ダークミントの場面では
年甲斐も無く涙が…。
ミント:「あなたも守ってあげたかった…」
抱きしめられ、これを聞いたダークミントが、最期に涙して
絶命するシーンでうるうる。

レモネード戦では、
レモネード:「私、そろそろ失礼します。ドリームが待ってるんで」
は?闘いの最中に何言ってんの?
科白とは裏腹に、檸檬が動く動く。いつも逃げてばっかりのくせに。
ダークレモネード:「私の歌で倒してやる!」
に吹いた。それなんて「ぴっち」?

ドリーム対ダークドリームは、激戦を経て、お約束の和解。
にも係わらず、シャドウの奴、ダークドリームさんを倒しやがって!
てか、ドリームを庇って果てていったのですが。
絶命寸前の、ドリームに見せた「友達」としての笑顔が心に焼きついた。
脚から光の粒になって消滅していくのも良い演出です。

 号 泣

アクアもルージュと同じで、あっさり気味。
期待のチャンバラも、どこか消化不良…。
なんかダークアクアの声が、やけにオバサン臭いのしか覚えてません。。

でも、大スクリーンで観るプリキュアさんは迫力が違ったし、
夏木さんも序盤の活躍でなんとか満足。
とにかく泣けるシーンが多くて満足。


 

 1,800円の価値は十分ある

でもまあ、何と言いますか、その…


 ダークドリームに惚れた

ぶっちゃけ、モロにツボです。
本物のキュアドリームが霞んでしまうくらい美しかった。。
嗚呼、もう、

 好き好き好き好き!!!









 



 

味楽る!ミミカ  あらそい☆ふたたび


今週は、ミミカさんの涙のシーンから。


 


ミ、ミミカさん、何があったんですか。
お兄さんに相談してごらん。

ミミカさん:「三十路さんが、浮気するんです…」
       「私もう、嫌われてしまったんでしょうか」

そ、そんなことないよ!僕はミミカさんひと筋だよ!
浮気なんか絶対にするもんか!

ミミカさん:「でも、プロフィール欄に…」

あ、あはは…は……。あれはジョーク♪
お馬鹿さんだなぁ、ミミカさんは。
僕は…

………虚しい妄想はやめて、本編。

ミミカお嬢様の涙の原因は、たまねぎを調理しているからでした。
料理しているのは他に、リンリンさんと若旦那だけ。
ミミカさんは皮むきが出来ないから、たまねぎ担当。
嗚呼、情けない…。

なんでも、寮の夕食当番なんだそうで。
たった3人で50人分のカレーを作らなくてはならないとか。
手伝ってくれる友達がいないあたり、3人の人望の無さが窺えます。

そこへ、アジマル先生が飛び込んで来ました。

アジマル先生:「大変なのねーーーー☆!!」
リンリンさん:「うるさい
容赦ねぇリンリンさん素敵。

それでも本当は優しい3人、アジマル先生の話を聞いてあげます。
「料理人いらっしゃ~い」
なるテレビ番組からお声がかかったと自慢するアジマル。

そこへ、一部で大人気だった猪頭プルコギ先生登場。
プルコギ:「あんな番組、観る価値もないのだー」
実はその番組は応募制で、アジマルは当たっただけでした。
本当は羨ましいくせに番組を馬鹿にするプルコギが、
人間の本質をよく表現していると思う。
イソップの狐ですな。

アジマル先生の出演権を横取りすると言い出す猪頭先生。
喧嘩する二人に、
ミミカさん:「ここは料理で対決したらどうですか?」
もともとの出演権はアジマル先生のものなのに、
プルコギ:「自信がないのだ~」
挑発に乗ってしまうアジマル。

テレビ出演権をかけたアジマルと猪頭の対決が今、始まる。

……アジマル先生も猪頭先生も、大事な事を忘れてる。
「味楽る!ミミカ」というテレビ番組に出演しているではないか。
二人に、自分たちの当番のカレーを作らせるとかじゃない
ですよね、ミミカさん?

しゅごキャラ! ハンプティ・ロック



ぶっちゃけ、発表当初は買うつもりは無かったんですけどね。
まあ、いろいろと広告を見ているうちに、なんとなく…





    欲しいよ欲しいよ欲しいよーーッ!!

結局、11月の予算に入れることに。
発売日の15日に買ってるあたり、凄く恥ずかしいです。
トイザらスのレジのお姉さんが、生ぬるい目で見てました。。

べっ別に日奈森さんにお金落としてあげようとか、
そんなんじゃないんだからね!勘違いしないでよね!

…で、遊んでみました。
また単4電池か。ドリームコレットに使った余りがあるので
それを使おう。


 

 こんなたまごがついてまして


 

 ボタンを押してこうやってたまごを近づけると…


 
 

 ※イメージです。女の子は付属しません


 キャラなり!アミュレットハート!!
 

 ひぃッ!!

ちょ!そんな大きな声出さないで!家族にバレちゃう。
こんな玩具で遊んでるなんて、私のキャラじゃないの!

思わずスピーカー部分を指で覆ってしまいました。
それでもかなり大きな音。

ハァハァ……

勇気を出して、もう一回。
「キャラなり中」でないと、他の機能が使えないんです。


 

 きらきらきら…

 しゅわしゅわしゅわ!

 オープンハート!!

 あふぁ!(もういいって…


他の機能も使ってみました。「おしゃべりモード」です。
しゅごキャラがお喋りしてくれます。
今度は青いたまご、緑のたまごをを近づけると……

ボクはミキ……

スゥですぅ……

他にも、「キャラチェンジモード」も使ってみましたが、
家族がいる身では、音声玩具は向きません。
いつ、「なにそれ?」と覗き込まれるか恐怖です。
言い訳のしようが無い。


 

一応、ストラップが付属してまして、日奈森さんみたいに
胸にぶら下げることが出来ます。
ひ、日奈森さんは、こんな恥ずかしい商品を毎週のように
使ってるんだ……。尊敬しちゃうよ。。
「あたしのキャラじゃないーッ!」
というのも、わかる気がします。

これは、家族の留守中にもう一回やってみる必要があるな。。
せめて本物の鍵みたいな構造なら、鞄にでもつけて…
無理です。


 

ちなみに、しゅごキャラどものフィギュアつき。
たまごをパカッと割って、中に鎮座させることも出来ます。
一番役に立たないこれが、一番心を癒してくれる皮肉。
嗚呼、救われるよ、ラン、ミキ、スゥ。

せっかくなので、いつも日奈森さんがやっている
「オープンハート」のときみたいに、胸の前に指で
ハート形を作ってみたりしてニヤニヤ……

  キモ!!

Yes! プリキュア5 第41話 伝わる気持ち こまちとうらら


うららが、ドラマのオーディションを受けることになったそうな。

 『恋のスカッシュ』

………どうしても檸檬のイメージから逃れられない檸檬娘。

最後の決め科白は自分で考えるということで、プリキュア仲間に
演技を見てもらうことに。
こまちさん:「どんなお話なの?」
うらら:「思いを寄せていた男の子に言う、別れ際の科白」
こまちさん、激反応。理由は言わずもがな。


ナイトメア社では、カワリーノ上級幹部が嫌味タラタラ。
ブラッディの爺さんが、怒りを抑えて自信たっぷりに出撃。


その頃のプリキュアチームは、暢気にお芝居の稽古。
一生懸命演じるうららに対し、「ああ」しか言わない相手役ナッツ。
責めるのぞみたちですが、仕方ないです。ナッツは、こまちさんじゃ
ないと燃えないのです。

あくる日、こまちさんは図書館で小説を執筆中。
まだナッツへの想いを綴った小説を書いてたのか。
もふもふリスに恋する女・秋元こまち。
こちらも、最後の決め科白が決まらず悩んでます。

そこへ、のぞみ、りん、かれんさんが訪れ。
こまちさん:「うららさんは?」
りん:「帰ったんじゃないのぉ?」
かれんさん:「オーディションも近いし」
のぞみ:「うららは学校にいるよ!皆で捜すぞ、決定ー!」
のぞみは既に、うらら探知機を装備。
りん…(つ∀`)


こまちさんは一人で、サンクルミエール大講堂へ。
いたいた、檸檬娘。
こまちさんも今回だけは、うらら探知機を装備していた模様。
二人は、ひとしきりアドリブ芝居でスキンシップ。
うらら:「言葉にしなくても、気持ちは伝わるんですね!」
そこへ無粋なのぞみが現れたところで、ブラッディさん襲来です。
少人数の時だけ襲って来るブラッディさんは、ベテランらしい策士。

ブラッディさん:「思いが伝わるなどと、愚かしい」
そう言ってコワイナー召喚。
今週のコワイナーは、無数の手。

のぞみ、うらら、こまち:「プリキュア・メタモルフォーゼ!」

奮闘むなしく、無数の手コワイナーに離れ離れにされてしまう
ドリーム、レモネード、ミント。

ようやくバリアに覆われた大講堂に到着した、
りん、かれん:「プリキュア・メタモル…」
嗚呼、駄目だ。番組開始直前に流れたナルトのCMのせいで
どうしようもなく萎える。
りん…(つ∀`)

ルージュとアクアは、講堂の外から攻撃。
ルージュ:「ドリーム!」
アクア:「レモネード!ミント!」
これらの科白、本日計2回。もう少し他の二人の事も心配しないと
来期に向けて不味いですよ、ルージュさん。

ミント:「ミントシールド!」
    「皆、私の思いに気づいて」

はっとする、他の4人。
 「クリスタルシュート!」
 「レモネードシャイニング!」
 「ルージュバーニング!」
 「アクアトルネード!」

バリア、脆くも崩壊。
ブラッディさん:「な、なぜだぁ…」

 お 前 が 弱 い か ら だ

ブラッディ爺さん、恐るるに足らず。ハデーニャさんとどっちが
先にファイブエクスプロージョンの餌食になるのかな?


翌日の学園。
うらら:「科白は無しにして、相手を見つめるだけのお芝居に
     したんです。おかげで気持ちを上手く表現出来ました」
おぉ、戦闘中の心の繋がりを参考にしたか。
こまちさん:「私も、主人公の女の子が何も喋らないことに
       しようと思って」
こまち姐さん、それは小説では不味いんじゃ……。

うららに小説のモデルについて言及されると、
こまちさん:「ちっ違うわよ、絶対!」
何が違うか。もう十分、腐女子の反感買ってるから。

もふもふに恋する緑の姐さんがやたらと可愛いところで、次週へ。


次週予告。

りんとかれんさん、また喧嘩ですか。仲良くしない子は
リストラされちゃうぞ。

 『りんとかれんのひそかな約束』

友情を深めるお話だと信じて、みてみてみてね!


 

闇ドリームさんが素敵すぎる。大ヒット上映中というのは
嘘ではないようだな。

しゅごキャラ!第8話 君の瞳に恋してるっ!



「君の瞳に恋してる」?
ああ、昔そんな歌があったねぇ。
「Can't take my eyes off you」だっけか。ディスコナンバーですな。

などとのんびり視聴していたら、やたらとテンション高い女・度会さん登場。

度会さん:「ねぇ聞いて、日奈森あむ」
       「私、唯世くんが好きなの、日奈森あむ」
       「日奈森あむは、全校生徒の前でフラレてるし!」

流れ流される日奈森さん、今週はまたわけわからん女に付きまとわれ。
出産してからこの方、良いことが一つも無さそうな日奈森さん哀れ。

救いようが無さそうな度会さんですが、王子様の前では猫かぶり。
唯世くんにばったり出会って逃げ出す始末。
ひ、日奈森さんまで…。恐るべし度会。
そんな女に大好きな王子を渡す応援してていいのか、日奈森さんよ。


敵さんであるイースター社では、歌唄お姉さんが本格始動する模様。
しかし彼女には、何か不満が…?


無闇にテンション高い度会さんは、日奈森さんに自分の心境を吐露。
ハイテンションすぎて人に嫌われる事の多い彼女を、唯世くんは
認めてくれたそうな。
回想の王子様:「元気があって、いいと思うよ」
嗚呼、勘違い。

そんな度会さん、唯世くんがキャラチェンジしてアドルフ・ヒトラーに
なってしまう自分について、なでしこさんに愚痴をこぼしているのを
盗み聞き。
唯世くん:「あんなテンション、嫌になるよ」
度会さん:「!!!」

嗚呼、勘違い。
王子様に嫌われてると思い込んだ度会さんは絶望し、×たま発生。

 あたしのココロ、アンロック

またアミュレットハートですか、ヒマ森さん。人気があるのはわかるけどさ!
日奈森さん:「自分の持ち味、否定すんな!」
        「あたし、アンタのこと気に入ってるんだよ!」
        「オープンハート!」

で、無事に×たま浄化。
超強引に取ってつけたような「オープンハート」よりも、日奈森さんの
一喝が一番の必殺技な気がする。
さすがクール&スパイシー女。

■はじめは2クール番組だと思っていましたが、これだけオリジナル
 ストーリーを入れたら1年間続くかも。
 連載中の漫画をアニメ化すると、どうしてもオリジナルな終わり方
 しなきゃならないけど、着地点をしっかりとね。

おかげさまで2周年


本日未明をもって、このブログも丸2年。
いつまで続くのかと思っていましたが、ついに3年目突入です。

思えばこのブログは、「プリキュア」さんとともに
歩んで来たようなものです。

2年前、「MHが終わる」と聞いて「もう駄目だー」
去年は、「SSが終わる」と聞いて「もう駄目だー」
……
ということは、今年も…?
まだわかりませんが、夏木さんたちには是非、美翔先輩たちが
成し得なかった夢の2年目をやってもらいたいものです。

初めて「プリキュア」を観たときの衝撃は、今でも
くっきりと心に刻まれています。
少女向け侮りがたし、と。

「プリキュア」さんが口火を切って、家族の「アニメ禁止令」を
かいくぐってアニメ視聴に走ったのです。
今でも黙認はされてますが、こっそりと観ています。

いろいろな番組と出逢い、ブログをやっているおかげで
RubyGillisさんをはじめとした素晴らしいお友達(と言っては失礼…?)も出来て、
本当に幸福な2年間でした(ブログを始めて最初のお友達が彼でした)。

今では多くの方々に支えられて記事を書いています。
読んでくださる方、コメントをくださる方、TBを送ってくださる方、
皆さんのおかげで何事も長続きしない私がここまで続けられて
さらに3年目に突入しようとしているわけです。
本当にありがとうございます。

この2年間で学んだ一番大きなことは、
 「笑ってもらえる記事を書く」
ということです。
普段から鬱な私にとって、それは簡単なことではないのですが、
笑うこと、笑ってもらうことで健康を保ってるとも言えるのです。

勿論、いきなり鬱な記事を今でも書いたりしますが
それはそれで生きている証拠。
沈没したら、また浮上すれば良いのです。ここでも
私を支えてくださっている皆さんの存在が大きいのです。
ブログをやっていなかったら、もっと鬱な人間になっていたかも。。
生きていてこそ、楽しみも苦しみもある。
そんな当たり前のことを教えてもらいました。


とにかく、もはや生活の一部になっているこのブログを
これからも続けられるだけ頑張りますので、どうぞ
よろしくお願いいたします。

 
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR