fc2ブログ

ナーバス⇒リラックス


NERVOUS BUT GLAMOROUS というタイトルに
しようかと思ったけど、歳がバレるのでやめた。

今日は朝から神経科クリニック。月一回です。
主治医に何を話すか、全然考えてなかったので、
「はあ」
「はい」
「飲んでます」
「毎日出てます(なにが?)」

超当たり障りの無い会話になってしまった。
仕方が無いんです。調子が悪いのはいつもの事だし
これといって相談したいことは…。
主治医もわかりきっていて、カルテに何か書き込んで
終わり。

結局は、パニック障害なんて自力で直すしかないわけで。
薬は、闘いのときの苦痛を和らげるために出されて
いるわけで。
あとは自力で道を拓け、と。

じゃあ、何か努力しているのか?と問われると
「う~あ、う~あ」
ガマオくん状態。
その日、やるべき事をやったら日が暮れる…。

「あんた、治す気あんの?」

そういう言葉を残し、去っていった友人が何人いるだろう。
先日、古いメールを処分していたら、そんなメールが
ざっくざく。
片っ端から削除しまくり。

友人の言いたい事はよくわかる。
でもそれは、健康な人の思考が言わせる言葉だからねえ。。
人間って、自分の理解を超える事を言う人を蔑むものだ。
自分に出来るから、他人にも出来ると思ってしまう。
出来ない人間の心情など、理解出来ないのだ。
私にだって、そういう傾向があるから大きな声では言えないけど。

「わかる、わかる」と言う人ほど、わかってない。
「わかる」というのは、自分が勝手に作り上げた他人の像。

もちろん、そういう人ばかりじゃない。
本当に私の事を理解してくれてる人も何人もいる。
私は、そういう人たちのために今日を生きている。
それだけが、私の恩返し。
今後、さらに恩返しが出来る事を信じて。

■追記
 >「わかる」というのは、自分が勝手に作り上げた他人の像。
 これは、読み直してみてちょいとキツい言い方だと
 思った。誤解を招くといけないので補足すると、
 パニック障害についてほとんど何も知らない人が
 「わかるわかる」と社交辞令のように言うことを
 指しています。「わかるけどわからない」が
 本心なんじゃなかろうか。
 
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR