fc2ブログ

すべてはプリキュアさんのために


というわけで、雨の中、

 『なかよし8月号』

を買ってきたんです。
本屋のオバチャンにキモい目で見られるのも慣れた…。
プリキュアさん、ていうか、夏木さんのためなら!

で、ネタバレ要素が無い(変身すらしない)ので、
ネタにしてみます。


 


まあ、ナッツハウスの宣伝・・・いや
「ポップンビーズメーカー」の宣伝に駈りだされた
みなさま。


 


・・・・・・・・・

なんだこれは。

認めぬ!万人が認めても、私だけは断じて認めぬ!

ナッツごとき謎生物に、私の夏木さんを・・・。

いくら販促だからって、酷すぎます。
ファンの心を踏みにじるようなもんです。
認めぬ!(わかったって・・・

夏木さん、お前もか!
お前も私を裏切るのか!?

あー・・・熱でてきた。。


 


そりゃあ、かれんさんも妬くわ。

スポンサーサイト



味楽る!ミミカ  めざせ!最後のフルーツ


ジャングルで探検ゲームを続けるミミカさんたち。
既に空腹は限界に達してしまってます。

若旦那:「おなかがすいて、がまんできないんだなー!」
若旦那が情熱的に叫んでる・・・。

ミミカさん:「今、食べ物に誘惑されてしまったら、負けて
       しまうかもー!」
食べさせてあげるからオジサンの家に

真之介くん:「最後のフルーツ、一体どこにあるんだ・・・ん?」
ジャングルの中に、何故かお寿司のイクラが。
唐突すぎるだろ。てか、お前ら今まで気づかなかったのか。

リンリンさん:「モリリンが仕込んだのよね」
真之介くん:「わかりやすい罠だな」

ミミカさん:(私の大好物のイクラ・・・!)
お前は何でも大好物だろうが。

リンリンさんたちが、そんな罠に引っかかるはずもなく。
しかしミミカさんは見事に引っかかり、落とし穴にハマり・・・
必死で引っ張り上げようとする真之介くん。
真之介くん:「お、重い・・・」
さり気なく失礼な事言うな。

結局、二人して洞窟のようなところへ落ちてしまいました。
真之介くん:「出口、探すぞ」
ひょい。
おいコラ!ミミカさんをおんぶするんじゃねぇっ。
スマキにして東京湾に沈めっぞ、ゴルァ!!!

ミミカさんファンの悲鳴が聞こえる中、進む二人をコウモリの
大群が襲撃。ざまーみろ!

何とか振り切った真之介くんとミミカさん。
勾玉が光り始めました。
洞窟の出口が見つかった上に、最後のフルーツ、パイナップルが
見つかりました。恐るべし勾玉。

リンリンさんと若旦那がどうなったのか気になりますが・・・
いや、非常に不愉快な今回でしたが、明日はいよいよ
フルーツを使っての料理ということで、とっても楽しみ。

つづく
プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR