FC2ブログ

夏コミで Yes! プリキュア5

コミックマーケット72

アクアのいけにえ (詳細)
8月18日(土)  東4 モー45b サークル名「あずバロン」
8月19日(日)  東5 ポー39b サークル名「あにだん」

私の盟友、及川みゆきさんが再び個人誌発行です。
タイトルは、「アクアのいけにえ」

・・・・・・

内容は私もまだ知りません。
わかっているのは、

 「Yes! プリキュア5」の「こまち&かれん本」

ということだけ。
でも、前回冬コミの「満・薫」本は大好評完売でしたから、
期待出来ると思ってます。
今回ももちろん、全年齢向けです。

私は、彼女が無い時間をつぎ込み、睡魔に打ち勝って
この本を作ったのを知っていますので、宣伝せずには
いられません。

委託を受けてくださるのは、及川みゆきさんにとっても
私にとっても恩人であるバロン金山さんです。
前回の霧生満・霧生薫本、「もうやめよう…。」
の大成功も、彼のパワーによるところが大きかったのです。

8月18日、19日に東京ビッグサイトに行ってみよう
という方、是非よろしくお願いします。

追記:詳細は、アクアのいけにえ特集をご覧ください。
スポンサーサイト



Yes! プリキュア5 プリティモデル


日曜日はいろんな事があって、寝不足。
プリキュアさんの感想記事も遅れてしまいました。

昨夜はよく眠れたのだけど、朝5時すぎにはガバァッと
起きてしまうので、寝不足。
今夜もバタン・キュウです、きっと。

バンダイのがちゃがちゃ新商品、

 Yes! プリキュア5 プリティモデル

ち、小せぇ…
春に出たプリキュアドールと比べると、ひとまわり小さいです。
まあ、値段も100円違うわけですが。

…中国製って、大丈夫かな…

そろそろ来年のプリキュアさんの進退が決まる頃(?)なので、
気合を入れて貢献してみた。
全5種だから、セット通販で買えばダブリも無いのですが、
あえてがちゃがちゃ販売機も回してみたり。

このラインナップ、こまち・かれんだけ制服姿。
何故だ…

あるお友だちは、「りんちゃんのパンモロ見られなくて残念でした」
なんて言うし。
でもキュアルージュさんは、お尻の形がくっきりしてるので許す。


 

 ババア 姐さん方


こまかれの画像は使いまわしです、すみません。
これで顔が情熱のりんさんだったらなあ…

キュアドリームさんには、プリキュアドールには無かった
「ヘソ」があり、小さいながらも細かい作りです。
表情も、5人の中でただひとり口を開けていて可愛い。

キュアレモネードさんも良い出来です。髪の毛の
ぐるぐるがよく表現されてます。
はじけてる感じが出てる…と思う。

100円安いのに、プリキュアドールよりこっちのほうが
出来が良いとは。
……キュアルージュ以外はな!
ネットに出回ってる画像と比べたら実物はマシですけど、
これだけはプリキュアドールに負けてます。
赤ファンなめんな!

秋以降に出るという噂の、プリティモデル2では、
のぞみ、りん、うららが制服姿で、こまかれが変身後
だそうで。
もう、そっちに期待するしかないってばよ。

Yes! プリキュア5 第25話 プリキュア合宿大作戦!


プリキュアさんたちも、夏休み。

りんはフットサル、うららはコンサート…凄い人気だな…
こまちさんは小説の執筆、かれんさんは生徒会。
そんな中、何もやる事が無いのぞみは、

 「第一回プリキュア合宿」

なるものを計画。


ナイトメア社。
カワリーノさんは、先週の失敗を思い出してます。
カワリーノさん:「プリキュア5…やつらは何故、絶望の力を
          はね返す事が出来たのだ…」
上司のご機嫌取りに必死なブンビーさんを無視して、
アラクネアさんはカワリーノさんに直接相談。
珍しく笑顔で出撃して行きました。
直接の上司、ブンビーさん立場無し。


夕方のナッツハウス。
のぞみは4人を集め、プリキュア合宿の計画を発表。
げんなりするりんの想像は、みんなで砂浜をランニングすること。
体育会系すぎるってばよ。
のぞみ:「違う、違う!ちゃんと目的があるんだよう」

しかし、お金は?旅行にはお金がかかります。
そこで、かれんさんが別荘に行くのに便乗することに…。
なんでも、かれんさんの別荘は、島ひとつ丸ごとだそうな。
お嬢様は桁が違う。
「かれんさんにばかり頼っていてはいけない」などと
言いつつ、瞳を輝かせるりん、うらら、こまちさん。
プリキュア合宿は、かれんさんの別荘で行うことけってーい。

のぞみが帰った後…
かれんさん:「いつの間にか、あの子のペースに乗せられるのよね」
りん:「みんな、のぞみに巻き込まれたんだから」
ここはのぞみを褒めてるシーンですが、科白だけ見ると
貶してるように見えるのは気のせいでしょうか。


翌日のスーパーマーケット。
合宿のお買物です。余計なものを買いまくるのぞみとうららに
りんがツッコミ。
りん:「そんなにいらないでしょ。これも、これも」
のぞみ:「あーーっ!じゃあ、りんちゃんのチョコもいらない」
りん:「そ、それはいるって…」

かれんさん:「皆、子供なのね」
と言いつつ、グレープジュースを手に取り、オレンジジュースを
選んだりんとにらみ合い。
りん:「私は、オレンジがいいと思うんです!」
かれんさん:「みんなの好みも考えなくちゃ!」
こまちさん:「ど、どちらも買いましょうよ…」
りん、かれん:(優柔不断女はすっこんでろ!)

りんは、のぞみがラジカセを買おうとしてるのを見とがめます。
のぞみ:「これは、合宿の目的なんだよぉ~」
りん:「はぁ?」
そこへ、アラクネアさん襲来。

アラクネアさん:「アタシも、ドリームコレットが欲しくてねえ」
のぞみ:「誰が!」

プリキュア・メタモルフォーゼ!

戦闘開始。
ラジカセコワイナーを蹴り倒すプリキュアさん。
今日は何故か人質を取らず、自信満々なアラクネアさん。
コワイナーを自分の蜘蛛の糸でぐるぐる巻きにコーティング。

たったこれだけで歯が立たなくなるプリキュアさん弱ぇ。
思わずドリーム:「ドリームアタック!」
どかん
しかし、ドリームアタックが効きません。これで新アイテム登場の
お膳立ては出来た。
反撃を喰らって逃げ惑うプリキュアさん:「あひょぉ?!」

アラクネアさん:「諦めて、ドリームコレットを渡したらどお?」
ドリーム:「そのラジカセ、返して!大事な合宿の目的なんだから!」
アラクネアさん:「はぁ?」
無理もありません。ドリコレよこせと言ってるのに、何を
言い出すのかこの女子中学生は。

のぞみの目的とは、みんなの声を録音して残しておくこと。
録音しておけば、どんな辛いことも乗り切れる…そうで。
ナイトメア社での悪夢が、トラウマになってます。

ルージュ、レモネード、ミント、アクアもこれに同調。
のぞみを信頼していることを吐露し、コワイナーを押し倒し。

すると、ドリームの胸の蝶から左手へ、新商品降臨。
先週の未確認飛行物体を小さくしたような…

ドリーム:「プリキュア・クリスタルシュート!」

新兵器でコワイナーを狙撃、一撃粉砕。
アラクネアさん:「そんな技、聞いてないよぉ~」
アラクネアさん撤退で、戦闘終了。

呆然とする他のプリキュアさんたちですが、それぞれに
新兵器を胸の蝶に秘めているはずです。
これから1話ずつ使って販促するのか……


無事に、お買物の続き。
りん:「ちょい待ち。他にもいらないものあるでしょ。これも、これも、
    これも、グレープジュースもいらない!」
かれんさん:「あっ!これは必要なの!」
グレープジュースを抱きしめるかれんさん。
りん:「あら~?みんなの好みを考えてるんじゃ?」
かれんさん:「だって…好きなんだもの…」

かれんさんの子供っぽさ、こまちさんのボケ、うららの
空気和ませ作戦が出たところで、次週、合宿へ。

次週予告。

やっと来た、こまちさんメイン回。しかもナッツと…?

 『ロマンス全開リゾートライフ!』

作画がとっても心配だけど、みてみてみてね!

映画情報。
プリキュア5が映画化。この時期から宣伝とは、抜け目無し。
りんのリボン付きドレス姿に興奮した私は変態ですかそうですか。

キラキラしちゃって My True Love


最近、なんか身のまわりにコイバナ転がってる…
ような気がする。

かつては私も、恋に生きた…けどやめた。

大学時代の悪友:「恋というのは、全て思い込みなんだよ」

悔しいけど、その通りだと思う。
その思い込みが原因で、何度痛い目に遭ったことか。

恋というのは、

 「もしかしてあの人、自分のこと好きなんかな…」

などと、思い込んでる時期が一番幸せなわけで。

 「この夕陽を、あの人も見てるのかな…」

とか、キモいことを考えてみたり。
さっき観た『ラブ★コン』もそうだったし。

あの修羅場以来、恋愛モノのドラマとかアニメとか
観ると、口から砂吐いてた。
そんなもん、この世に存在せぬわ!

でも『ラブ★コン』観てると、恋ってのもいいもんだよね…
などと自分らしくない事を感じてしまう。
薫…じゃなくてリサ、なんであんなに大谷のこと
追いかけられるのか。
心が腐った私の理解を超越してる。

超越してるのだけど、妙に共感してしまう自分が
いるわけで。
何だかとても懐かしい匂いがする。

私のチープな恋愛体験は、全てが悲劇で終わってる。
「もしかしたら、あの人~」
の時点でやめておけば良かったのに。
それでも決して、無駄な時間を過ごしたとは思わない。
今の私の歪んだ人格を形成する基盤になったんだからな!

なんてことを思いつつ、今日もチョコ食べまくる、くる、くる。

アニメイトで Yes! プリキュア5


うだるように暑い夕方、地元のアニメイトに
来月2日発売の

 『Yes! プリキュア5 設定資料集』

を予約しに行って来ました。

駐車場に車を入れ、エレベーターでアニメイトへ…

・・・・・・

こ れ な ん て コ ミ ケ ?

店内には、レジを待つお客さんの行列が出来てました。
それも10人や20人ではありません。
アニメイトには、レジを一人で30分も占領するような
お客さんもいるのです。
思わず近くにいた店員のお姉さんにきいてみました。

私:「今日は何かのイベントですか?」
お姉さん:「いえ、いつもの行列です」

駐車場代のことを考えると、どうしても予約して
駐車サービス券をもらわないと…
仕方なく、行列に並ぶことに。
商品陳列棚の間を蛇のように並ばされてるヲタさんたち。

あんまり退屈だったので、ヲタさん観察を始めました。
観察してるうちに、男性ヲタさんには大まかに分けて

①ギリンマ
②ガマオ

の2種類が存在することに気がつきました。
ギリンマタイプは、眼鏡をかけていて痩せ型…というか
ガリガリ。背中は猫背。
ガマオタイプは、太り気味…というかメタボリックで
汗をふきふき。
いずれのタイプも、アニメやゲームにばかり熱中している
のか、色白で体が弱そう。

私はどちらかというとギリンマなので、猫背にならないよう
背筋を伸ばして虚勢をはってみた。

女性ヲタさんについては、あまり観察できず。
じろじろ見るわけには……やたらと露出してるな、腐●子。
露出オーバーはいるわ、厚化粧はいるわ、コスプレまがい
はいるわで、目の保養になりましたよ、ありがとう。

40分くらい並んでるうちに、1/3ほど前進。
普段は駐車場代を気にしてよく見られない店内も、よく
観察出来ました。
ヲタグッズを見ているうちに、吐き気がしてきました。
冷房・換気が効いていない上に、ヲタさん特有の酸っぱい
匂いが充満してるせいでしょうか。
とにかく不味い、いつものパニック発作か…
恥ずかしかったのですが、薬を飲みました。なんとか元気回復。

ヲタグッズを見ていると、「ハルヒ」「らき☆すた」「Fate」
が三本柱なのに気づいた。あとは、腐●子向け。
私は真性ヲタじゃない…と思った。

1時間ほど経ったところで、女性向け同人誌販売コーナーの
ところへ移動してきました。18禁多数。
・・・・・・
プリキュア5本がある…
それも、すべてココナッツ本。不思議なことに、どの本でも
ナッツ(イケメン、動物態問わず)が女装してます。
チアリーディング姿の、もふもふナッツ。
メイドさん(?)の格好をした、イケメンナッツ。
異常に怖い顔をしたかれんさんに、頬っぺたを引っ張られてる
もふもふナッツ。
普通にココと愛し合ってるナッツ。
買う気はしませんが、思わず吹き出しそうです。
ナッツ、受難だな。

1時間半待って、やっとレジに辿り着きました。
無事に予約を済ませましたが、受け取り票には
「ふたりはプリキュア設定資料集 Y5」の表記。
これはなんですか?と店員さんにきいてみましたが、どうやら
アニメイトさんでは、「プリキュアなら何でも同じ」の
扱いらしいです。

帰りに、最近発売されたがちゃがちゃフィギュア、

 『Yes! プリキュア5 プリティモデル』

を回してみようかと思ったのですが、アニメイトには
機械がありませんでした。
仕方なく、幕●のイトーヨーカ堂に行ってみました。
ここはあまりお子様たちもいないし、がちゃがちゃコーナーも
閑散としてるので、回しやすいのです。

機械を見つけ、さっさと200円入れて回し、もう一回
200円入れて回し、逃げるように駐車場の車に飛び込み。
やった!
全5種のうち、欲しかった制服版こまちとかれんが出ました。
キュアルージュは?と思われそうですが、あちこちで画像を
見ると、キュアルージュさんが一番出来が悪い。
セット予約もしてることだし、ルージュさんは1個でいいです。
「こまかれ」は、余ったらマリー・デケイルウにあげる
約束だし。

大きさはショボいですが、造形はまあまあです、こまちさんと
かれんさん。
次は、制服版夏木りんさんに期待してますバンダイさん。

なんだかんだでヲタな自分に改めて気がついて
ちょっと複雑な夏の夕方でした。
でも、猫背ギリンマはやめようと思った。

パワフル・ビューティー強くなれ


今日は、友だちが戦場に向かった。
見送って、友だちの武運を祈ることしか出来ない私。
自分は無力だ…

と思いつつ、今日はお休みだったので、お昼寝。
ぶっちゃけやる事が無い…

ひとつだけあるとすれば、親父殿が葬式に行くので、
駅まで送迎する運転手役だけ。
親父殿を送ったあと、久しぶりにハンドルを握って
楽しかったので、そのままドライブ。

あぶねぇ…
四輪の左側を、猛スピードですり抜けていく二輪車。
トラウマが蘇りそう。

結局行き着く先は、いつものホビーショップ。
明日はごく薄い給料袋を受け取る日だから、今日は
7月分の繰越金を使ってもいいのです(だからなかなか
貯金が増えないのだ)。

まあ、大金使うわけじゃなし。
例によって、面白いものがあったら買おう、くらいな
気持ちです。計画性の無い駄目男。

夏木さん:「あんた…最近ミミカさんに浮気してない?」
え……そ、そんな事無いよ!
夏木さん:「このプロフィール画像はなんでしょう」
あー…これはまあつまり、気分を変えてみようと…

夏木さん:「ところで、何買ったの?また無駄遣いしたんじゃ
       ないでしょうね」
えっと…

 

夏木さん:「!!!」

ブラインドボックス買ったら、これが出ちゃってさあ…


 


夏木さん:「ちょっとあんた、変態だよ変態!」

まあまあ、りんちゃんも今度こういう格好しうわいたいゆるしt!!

…今日はサッカー中継があるので、誰も見てないだろう…
と思って妄想してみた。

それにしても、友だちは無事だろうか。。
能天気男の言葉に説得力無し。
人の心配するより、自分の心配をした方がいいと思った。

味楽る!ミミカ  ミラクルBOX



今日は梅雨明けしたかのような晴天。
暑くてたまりません。

そんな中、荷物が届きました。
予約してあった、

 『味楽る!ミミカ ミラクルBOX』

NHK教育テレビの超最先端紙芝居アニメ、
「味楽る!ミミカ」のDVD-BOXです。
発売を知って、貯金を切り崩して予約。
嗚呼、自分が駄目になっていく…

BOXの外観は、画像のようなもの。
味楽るなイラストが素敵です。
結構大きい荷物だったので、家族に怪しまれ…
どこにしまっておこう…


 

DVD6枚組。
2006年度放映分、全話収録。太っ腹。
ちなみにこれらはバラでも同時発売です。
自分の好きなお話が収録されたDVDだけ
買うことが出来ます。
映像特典として、ノンテロップOP、EDや
メイキング映像がつきます(巻数によります)。

私は2006年度分は全く観ていないので、
まとめ買いです。
ひと月以上前に予約しましたが、ようやく
貯金が元に戻って来ました。。
高いよ、ミミカさん。
でも、DVD-BOXとしては安い部類に入るのかな。

まだDVDを観ていないのですが、今年度は
出なくなった山内菜々ちゃんのコーナーが楽しみ。
一体、どんな味楽るぶりを発揮しているのか…
アニメパートも、現在とは少し違うところが
あるらしいです。




 
 「ビミ~♪ですぅ~」

初回限定で「姫野美味香オリジナル・フィギュア」が
つきます。
ミミカさん立体化は初めてじゃないでしょうか。
ちょっと目が大きすぎますが、可愛い出来。
不思議ポニーテールは、回転出来るようになってます。
どうせならボタンを押すと、おみまゆボイスで
「ビミですぅ~」とか喋る仕様にすれば良かったのに。

さて、スカートの中を撮影…

ミミカさん:「何するんですか!三十路さんえっちです!」

ミミカさんに嫌われるのはいやなので、自重。

NHK教育さんは、「ミミカ」が商品として売れることに
気がついたようです。
番組3年目に向けて、援護射撃してみました。
まあ、私ごときが応援してもしなくても、ミミカさんは
いつもマイペースですけど。

可愛いだけでもまだ大丈夫なの


『Yes! プリキュア5 キラキラトレーディングコレクション2』

先日、コメントをいただいて思い出したので、ネタにしてみます。

BOX買いして、フルコンプが2セット出来たので、
1セットは売却。結局安い値段でフルコンプ出来たことに。
……大人はしょうがない……

しかし、なかなか素敵な作画。
いくつか選んでみます。

このシリーズで一番欲しかったのが、画像の
夏木りんさん。このカードが欲しいがために
BOX買いしたアホな私。
いや、このカードの夏木さんの色気と格好よさは異常です。
テレビでは、失言が問題になって叩かれてる
夏木さんですが、私はそんなスキャンダルにめげません。
L・O・V・E・な・つ・き~~~。

実際あの失言は、虫の居所が悪かったために
つい心にも無い事を口走ってしまったものと
思ってます。夏木さんに悪意は無いんです。
もう許して…

もう1枚は、これも不人気極まりない秋元こまちさん。
上級生らしい大人っぽさと優しさをあわせ持つこまちさん。
さすが老舗和菓子屋さんの令嬢、大切な部分は
手で隠す慎ましさを持っています。
てか、その手どけろ!

このシリーズのベストは夏木さんですが、他の4人も
頑張ってます。
ちょっと載せてみる。


 


秋元こまちさんとともに、私の中で激しく2位争い中の
夢原のぞみさんと春日野うららさん。

夢見つつ現実に立ち向かう姿が心を打つ、夢原さん。
先日の放送でも、リーダーぶりを発揮して、ファンの
心を掴んでます。ココに惚れてるフラグが立ってるのが
ファンをやきもきさせてます。さすがヒロインさま。

リアルCDデビューも果たし、ますます勢いに乗る
春日野さん。変身後の姿も、見慣れてみれば
可愛らしいものです。最年少でありながら、一番
大人な彼女の今後に期待してます。
まあ、うららさんは私が応援せずとも大人気なので
心配してませんが。
夢原さんを巡って、夏木さんと争奪戦展開中。


キュアババアこと水無月かれんさん。


 
 

私の中で、5位独走中(ひでぇ
それでも、多くのファンに支持されてるかれんさん。
彼女も私が応援しなくても、心配ない一人です。
いえ、別に夏木さんと相性が悪いから5位なのでは
ありません。夏木さんとの対立は、むしろ大歓迎。
一番大人っぽい生徒会長さまでありながら、実は
一番子供っぽいかれんさんに乾杯。
変身に失敗した事など気にせず、頑張ってください。


まあ、一応番組に貢献してるということで、
ココナッツも載せてみる。

 

この作画はどうなのか、腐●子ではない私には
わかりません。
ただ、彼らのおかげで、大きなお姉さん方の
視聴者が増えたということは聞いてます。
……
「ウホッ」な趣味はないので、多くは語るまい…。
でも、ブンビーさんやギリンマさんのカードも
欲しかった…


カードは全30種。
「1BOXで全て揃うとは限りません」
という注意書きが箱にありますが、大抵
1BOXでフルコンプ出来るようです。
何箱も買わせようったって、そうはいきません。

しかし、プリキュア5はカード類出しすぎ。
さすがにもう、おなかいっぱいです。
もういい加減にして…
それでも、来年も夏木さんの笑顔が見たいから
ついつい……(結局はそれか

Yes! プリキュア5 第24話 新たなる5人の力!


ナイトメア本社。
ナイトメアの仮面をつけられて、のぞみの前に現れた
ルージュ、レモネード、ミント、アクア。

のぞみ:「皆どうしたの?!ねえ、返事してってば!!」
デスパライア様:「無駄だ。いくら呼びかけてもお前の声は届かぬ」

それならと、強引にアクアの仮面を引っ剥がそうとするのぞみ。
かれんさんの小じわが増えちゃう!

カワリーノさん:「無理ですよ。一度つけたら二度と取り去れない
          絶望の仮面ですから」
怒りに震えるのぞみ。

プリキュア・メタモルフォーゼ!

敵本社内で、大胆にも変身。
ブンビーさん:「ちょ!君!ここでドリームアタックはやめなさい!
         本社が壊れちゃ・・・」
カワリーノさん:「ブンビーさん、あなたの手を煩わせることは
          ありません」
カワリーノさん、もの凄い嫌味。

ドリームは、仮面をつけられた4人に押さえつけられ、カワリーノさんに
絶望の仮面を被せられてしまいました。
デスパライア様:「心地よい絶望だ」
変わった性癖の持ち主だな、お前。

カワリーノさん:「さようなら、プリキュア」
5人は自ら、穴に飛び込んでしまいました。
ココナッツはブンビーさんに捕まってますが、ミルクお得意の
顔面アタックで二匹を救出。ココはプリキュアさんたちが落ちた
穴に飛び込みます。


のぞみが気がつくと、笑顔のりん、うらら、こまち、かれんが
食卓を囲んでます。のぞみも加えて、楽しくお食事。
現実逃避です。
のぞみ:「美味し~い。ん?」
のぞみは、ココが作ってくれたビーズのキーホルダーを見て、
何か大切な事を忘れているような感覚に・・・。

一方では、穴の中の異空間を漂う、仮面をつけられたドリームを
ココが必死に追いかけます。人間態に変身してドリームを抱きしめ、
「のぞみ・・・」
なにこの深夜番組。

食卓を囲む5人。
のぞみ:「どうして私たち、こんな・・・」
うらら:「どうでもいいじゃないですかぁ」
こまち:「今が楽しければ」
かれん:「いつも楽しく仲良くするのが」
りん:「友だち、でしょ?」

ココの「これから先、どうするかが問題」という言葉を思い出し、
ハッと我に返るのぞみ:「楽しいだけじゃ、駄目なんだよ!!」

ココ(イケメン態)に抱きしめられるドリームの仮面にヒビが・・・

お花畑で抱き合う、のぞみとココ。
ココ:「もう、会えないかと思った・・・」
なにこの深夜番組。

やりたい事がある・・・現実に立ち返ったドリームの仮面が爆発。
その頃、ナイトメア本社。
カワリーノさん:「馬鹿な・・・仮面が砕かれた・・・」

正気に戻ったドリームは、ココとともに4人の仮面を剥がすべく
精神集中。
かくしてココ(動物態)を抱っこしたドリームは、現実逃避中の
4人のところへ現れ。
ドリーム:「皆、迎えに来たよ。一緒に帰ろう!」
しかし4人は、死んだ魚のような目で絶望したまま。

ドリーム:「5人一緒なら、なんでも出来るんだよ!」
両手を差し出すドリーム。その手に、りんとうららが手を繋ぎ、
こまち、かれんとともにフォークダンスのような輪に。
「5人で手を繋ぐなんて、初めて・・・」
そう、手を繋ぐのがプリキュアさんです。

我に返った4人の仮面が破裂。ナイトメア本社の穴から希望の光と
ともに、プリキュア5復活。

カワリーノさん:「私の計画が・・・」
ブチギレ寸前のカワリーノさんを、ブンビーさんがなだめます。
落ち着きを取り戻したカワリーノさんは、プリキュアさんたちを
競技場址のような遺跡に飛ばし、戦闘開始。
といっても、高級幹部のカワリーノさんは闘わず、怪物化した
ギリンマに闘わせます。

「あひょぉ?!」
5人でも、まるで歯が立たないプリキュアさん。
ドリーム、ルージュ、レモネードは、カワリーノさんにとどめを
刺されそうになりつつ助け合い。
ここで、先週のりんとうららの喧嘩の清算が出来た。

その3人に襲いかかるギリンマを押さえ付けるミントとアクア。
カワリーノさん:「仲間のためにまた損な役回りですか」
メイン回を後回しにされてるミントに、酷いことを・・・
アクア:「それがこまちの優しさよ!」
カワリーノさん:「独りぼっちのあなたに、何がわかるのです」
ミント:「ひ、独りぼっちになんか、絶対にさせない!」
これで先週の、こまちとかれんのギクシャクした雰囲気が清算された。

こうなると手がつけられなくなるプリキュアさん。見事ギリンマを
蹴り倒し。仕方なくカワリーノさんがハンドパワーを注ぎ込むと、
ギリンマ元気回復。更にパワーアップしたギリンマ。
プリキュアさん:「あひょぉ?!」

カワリーノさん:「茶番はこれまでです」
プリキュア5、死す。かと思いきや。
ミルクのキャリーから5つの光が天に発射され、現れたのは
大型未確認飛行物体。
「夢と希望の光とともに!」
「5つの光よ、今ここに!」

未確認飛行物体に乗ったプリキュアさんたちは、怪物化ギリンマに
体当たり。大和魂です。
ギリンマ:「うごぉ」
木っ端微塵に吹き飛ぶギリンマ。仮面が取れた瞬間、本来の
姿が見えたのがせつない。

ギリンマ氏 殉職

冷酷無比なプリキュアさんたちは、そのまま現実世界の学園に帰還。
特攻して帰って来るとは。恥を知れ。
未確認飛行物体は、5つの光となって5人の胸の蝶に吸収。
これが新アイテム&新必殺技の元となるか・・・。

デスパライア様:「絶望の闇の中で希望の光を発するとは・・・
           伝説の戦士プリキュア・・・危険極まりない存在だ」

後日のナッツハウスでは、のぞみとミルクのために一度
砕けた蝶のオブジェが完成。ミルクのツンデレぶりが発揮された
ところで、めでたし、めでたし。

Yes! プリキュア5  完

となりそうなところで、次週へ続く。

  ドリームトーチ 7月下旬発売!

早くも新アイテムの販促です。CMでネタバレしてどうする。
次週、新アイテム降臨か。

次週予告。

なにやらまた、りんとかれんさんが対立してるようですが。
「いつも楽しく仲良くするのが友だち」って言ったくせに。
りん・かれん、超うそつき。

 『プリキュア合宿大作戦!』

怖くないから、みてみてみてね!

余談:ブチギレ寸前のカワリーノさんに、
    「お、落ち着いてください、お茶をいれますから」
    お茶好きで愛社精神のあるブンビーさんに今週の欽ドン賞。

味楽る!ミミカ  七人?のさすらい


またダジャレタイトル。
お子様にはわからないだろ、これ…。

今日はいよいよ姫野島から帰る日。
ミミカさん:「寂しいです」
本当に……ミミカお嬢様の水着姿、私は一生忘れません。

「えええええぇぇぇぇぇーーーーっ」

アジマル先生:「大変なのねー!なのねー!」
若旦那と真之介くんも焦ってます。
原因は単純。
モリリンの漁船には、6名しか乗れないのに、アジマル先生が
漂流して来たため定員オーバーということです。

真之介くん:「一人くらいオーバーしてもいいんじゃねぇか?」
モリリン:「なりませんっ!守屋丸のモットーは、安全第一でございます」
船体に書かれた「安全+第一」のマークがボケ真面目なモリリンらしいです。

島に一人残ってもらうと言ってきかないモリリン。
案外頑固者だな、お前。

アジマル先生:「し、仕方ないのね…みんなのために先生がこの島に
          残るのねっ☆」
「いいトコあるじゃなーい」
「ありがとうなんだなー」
「よっ、教師の鑑」

アジマル先生:「でも新学期に先生が間に合わないと学園が困…」
若旦那:「心配ないんだなー。ケイコ先生が来てくれるんだな」
リンリンさん:「まあ、先生が漂流してきたのが悪いんだから当然よね」
…血も涙も無い教え子たち。アジマル先生の人望の無さに思わず涙。
が…

アジマル先生:「置いてっちゃイヤなのねーっ先生カッコつけただけなのねーっ」
泣くな、アジマル・アマグリ。教え子のために身を削るのが
教師というものだ…

またしてもリンリンさんの怒りが爆発しますが、結局はタマちゃんが
勾玉の中に戻れば6人になるので、全員乗れることに。
って、ケモノ一匹くらいで重量は変わらんだろうが、モリリン。

出発。

ミミカさん:「最高の夏休みの思い出ですねー」

うわ~~~~~~~~! 

若旦那:「船に酔ったんだな…」
アジマル先生:「先生もなのね……う…うっ」
危ない!カメラさん切り替えだ、切り替え!!

酸っぱい思い出が残ったところで、また再来週。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR