fc2ブログ

Yes! プリキュア5 第17話 純情乙女の恋物語


今週は、夏木りんメイン回。
それも、コイバナ。赤推奨な当ブログでは、
多分に私情をはさんだ感想になりますが、ご容赦ください
(でも反省はしません)。

ナッツハウスの2階で、せっせとアクセサリーを作るりん。
のぞみ:「滅多にアクセサリーを着けないりんちゃんが・・・!」
失敬なのぞみ。一応、純情乙女の称号を貰ってるんです。

鏡の前で妄想に耽りつつ、一人芝居なんぞをやってみます。
りん(女):「このアクセサリー、自分で作ったんです」
りん(男):「スポーツ万能で手先も器用。その上こんなに可愛いなんて」
りん(女):「いやだぁ♪」

 な に こ の 星 野 健 太

のぞみ:「りんちゃん、怖い・・・」
うらら:「楽しそうですね」
さすがの檸檬娘もドン引き。ココ、ナッツもたじたじです。
かれんさん:「きっと疲れてるのよ。部活もあるし、お店の手伝いも」
かれんさん、的外れですよ!

やがてりんは、店番をしなければならないと言って、バッグを忘れて
帰ってしまいました。かくして、4人と2匹の様子見の口実ができた。


ナイトメア。
ブンビーさん:「ギリンマ君、この書類に署名したまえ」
ギリンマ:「こ、これは昇進?!」
ブンビーさん:「ナイトメアを辞めるという書類だよ」
ギリンマ:「それって、クビぃぃぃぃぃ?!」
当てにならない社員はクビ。会社としては当然のことか。
期待が絶望に変わったギリンマ。


フラワーショップ夏木。
4人と2匹が近づくと、ちょうどりんが接客中。
・・・・・・
情熱のりんさん、デレデレです。相手は眼鏡をかけたヤサ男。
許せねぇ!!
男を見送ったところで、のぞみたちが到着。
のぞみ:「確か・・・前にりんちゃんがアクセサリーを着けたのって
     好きな人が・・・」
りん:「あわわわ」
さすが幼馴染、全て見切ってます。

 「隠さなくてもいいココ!」
 「そうナツ」
 「素敵な方でしたね」
 「優しそうだし」
 「悪い人じゃなさそうね」

仲間の評判も上々です。
りん:「いやだなあ、皆、なに勘違いしてんの?私はただ・・・」
好きなだけだろ。

のぞみの計らいで、4人と2匹で店番をして、その間に
りんには男に注文された鉢植えを届けてもらうことに。

のぞみ:「お店は任せて、ゆっくりしてきてね!」
何を言うかのぞみ!女子中学生にお洒落させて、どこの変態かも
わからない男のところへ行かせるなんて!!
更に、空気の読めないひと味違う男・ナッツは、りんが着けてる
のとお揃いのアクセサリーをりんに持たせます。
プレゼントしろ、と。不器用ナッツ。
この場面は、2匹とも人間態。動物態じゃ、格好悪いわな。

店番する、4人と2匹。
のぞみ:「う~、りんちゃんどうしてるかなぁ」
かれんさん:「見に行こうとか思っちゃ駄目よ?」
のぞみ:「りんちゃん、ああなると判断力が鈍るし・・・」

 そ れ は 危 険 だ

うらら:「心配ですね」
こまちさん:「乙女心かしら?」
かれんさん:「あのりんがねぇ」
それが恋というものだ、女子中学生ども。

のぞみ:「私、やっぱり行ってくる」
かれんさん:「私も行くわ。生徒会長として、フォローしないと」
さっきと言ってることが違う!
かれんさん、いつからギャグ担当に・・・。
女子中学生の好奇心は、恐怖です。結局、店番を2匹に任せて
4人で見物に。

当のりん。
男の家の前を、行ったり来たり。アクセサリーを渡す練習をしたり。
青春してます、情熱のりんさん。
それを見てるギリンマ:「期待すればするほど、裏切られたダメージは
             大きいぞ。ふふふ」

CM。『ポップンビーズメーカー』
アクセサリーを作る玩具です。どおりで今週はアクセサリーを不自然な
までに強調してたわけです。これの販促でした。
さすがプリ5、抜け目がねぇ。
しかし万一、りんが失恋でもしたら、「この商品は駄目だ」と
いうことに・・・。

CM明け、新商品の命運をかけて、りんが男にアタックします。
もしOKで、史上初の彼氏付きプリキュアなんてことになったら
どうしよう…。でも、新商品が…。

あまりの重圧に、呼び鈴を押すのをためらうりん。
それを覗き見する、のぞみ・うらら・こまち・かれん。
緊張が高まります。

がらがらがら。

ドアの横の窓が開いて、男が出現。りんは無事に鉢植えを渡します。
後は、もっと重要なプレゼントのアクセサリーを渡すだけです。
覚悟を決めてプレゼントをしようとした瞬間、
「どなた?お花屋さん?」
美人の女性が窓際に現れてしまいました。

ぴしっ

りんの心にヒビが…
男:「彼女の喜ぶ顔が見たくて、君の店で花を買ってたんだ」

どしゃあ。

りんの心は完全に崩壊。それでもりんは気丈にも、プレゼントの
アクセサリーと自分のお揃いのアクセサリーを、カップルに
プレゼントしました。とち狂ったとも言えますが、ここはりんの、
男に対する最後の愛情だと解釈したい。
とりあえずこれで、新商品の面子は保てた。

夕暮れの公園で、涙に濡れるりん。
りん:「あたしって馬鹿。またやっちゃった・・・」
そういう事を繰り返して、大人になるのだよ。
そこへ、ギリンマ襲来です。
ギリンマ:「ふっふっふ、惨め・・・だな」

りん:「人が落ち込んでるときに!」
ギリンマ:「全部、無駄に終わったな!」
そこへ、のぞみたちが駈けつけ。
のぞみ:「人を一途に思うことは、大切なことなんだよ!」

 プリキュア・メタモルフォーゼ!×5

失恋した腹いせvs会社の鬱憤晴らし、戦闘開始。
噴水コワイナーに、プリキュアさんは手も足も出ず。
水流攻撃を受けたアクアの背後には、ドリームとルージュが
いたはずなのに、吹き飛ばされたアクアを庇ったのは
レモネードとミント。しかも、アクアを庇ったはずの
レモネードが、アクアとミントに助け起こされるなど、
チームワークの悪さが目立ちます。

ギリンマ:「ふははは、絶望的だな、プリキュア」
ルージュ:「絶望なんか、しないんだから!!」
この言葉で急に元気になったプリキュアさんたちは、ココ、ナッツの
助けもあって、腹いせ対決に勝利。
ギリンマ・・・どうなるんだろ・・・。

りんも、仲間に弄られながらも元気を取り戻したところで、次週へ。

次週予告。
増子さん再登場。かれんさんのお宅拝見らしいです。
のぞみとかれんさんの夫婦漫才がイカしてる。

 『突撃!かれんの私生活』

みてみてみてね!

追記:画像の、りんが泣いてるシーンでもらい泣きした
    私はまだ純情だと思った。
    ええぃ~あ~…いえ、ちょっと言ってみたかっただけ。
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR