fc2ブログ

迷宮世界

こんにちは。

寝不足です。
今日も、仕事は夕方からにしよう・・・。
どうせ、たいした仕事はない時期だし。

それよりも・・・・。

天地がひっくり返った。

美墨さん:「ぶっちゃけありえなぁ~い!」

でも、事実は事実。認めなくちゃいけないんだ。
はじめは、言葉を失った。
失恋?そんな生ぬるいものじゃない。
それなら、私が苦しめばいい。そんな単純なものじゃない。
まさに、ありえない・・・。
でも、落ち着くにつれて、現実を受け入れられるようになっていった。

動揺しまくった。
だが、私が動揺したら、どうしようもなくなる。
大切なひとの言葉を、耳をかっぽじってきいた。
きけばきくほど、哀しみが満ち溢れている言葉の連続だった。
神様はなぜ、このひとに、ここまで試練を押し付けるのか・・・。
世の中は、残酷だ。
このひとが、いったい何の悪いことをしたというのだ?!

寝て起きて、冷静になって考えるほどに、このひとが背負った
運命を、哀しく思う。
同時に、ぐらぐらと揺れる自分の気持ちを、どうすることも
出来なかった。
「ごめんなさい、ごめんなさい」
大切なひとは言い続けたが、あなたは決して悪くない。
ただ私のために、奇跡を起こそうとしていただけだ。
悪いのは、私だ。
「あんたが死ぬくらいなら、わたしが死ぬ!」
その言葉、そっくりあなたに返します。

私は、30を過ぎてから、人生を諦めるようになった。
詳しい話は、私の恥になるので書きたくない・・・。
闘病生活も永いし、もう疲れた・・・。

そんな中、私は生きる希望を見出した。
「もしかしたら、病気だって治るかもしれない、そうすれば・・・」
実際、ここ2~3年、私は強くなってきた。
いろいろ辛いこともあったけど、たおれる度に、立ち上がってきた。

私の事を大切だと言ってくれるひと。
私も、そのひとが大切だ。
だがそれが、悲劇を呼ぶことになろうとは・・・。

自己嫌悪。
絶望。
絶不調・・・なり・・・。

だが、冷静になって考えてみると、私にも彼女のために出来ることが
あるのではないか、私を大切にしてくれたひとに、恩返しが出来るのでは
ないか、そう思うようになった。

未来は、何が起きるかわからないのだから。
私たちの進む道は、違うのかもしれない。
でも、たとえしばらくの間でも、私を大切にしてくれたひとだ。
その人の幸せを、願う義務がある。
神様に情けというものがあるのなら、どうか彼女の願いを
叶えてほしい。

出来ることなら、私自身が幸せにしてあげたい。
私にそんな資格があるのかどうか、わからないけれど。
でも、あなたを泣かせることだけは、したくない。
葛藤です。

草薫る雨に消されないように
もっと、ずっと、そっと泣いてる

暴力解禁?! プリキュア SplashStar 第15話

オープニング。

みのり:「みのりもソフトボールやりたいー」

母上:「お姉ちゃんがソフト始めたのと同じくらい大きくなったらね」

みのり:「えー」

ふくれるみのり・・・回想シーンの、ちっこい咲・・・

日向姉妹キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!!

パンが焼けた。
母上:「よし!今日も絶好調なりー!」
・・・・・
娘の口癖の元は、母上であったか・・・(それとも逆??)。

本編。

朝練の後片付けをする咲たちを、冷たい目で見る満と薫。
そこへ無粋にもゴーヤーンが現れ、説教する。
ゴーヤーン:「今時の若いモンは・・・」
じゃあ、自分で闘えよ、ゴーヤーン。

放課後。
練習する咲のボールは、良い音をたててミットへ収まる。
咲:「絶好調なりー!」
今日は、いつまで「絶好調なりー!」と言っていられるのか
ワクワクします。

ドロドロンが見ている。そこへ、満と薫が。
満&薫:「あのパワーを封じれば・・・」
ドロドロン:「そっかー!」
素直なドロドロンは、超小型ウザイナーを、咲のグローブに
忍び込ませる。なんだか可愛いウザイナーさん。

とたんに、コントロールを乱し、咲は困惑する。喜ぶドロドロン。
それを、冷ややかに見る満と薫だった・・・。

帰り。
咲:「もう一度投げるから、見てて!」
舞:「ウン!」
・・・・やはり、コントロールは乱れっぱなし。ボールが
フラッピとチョッピの方へ飛ぶ。フラッピ、ナイスキャッチ。
フラッピ:「咲のノーコンのせいで、チョッピが怪我するところ
      だったラピ!」
咲は怒るが、舞の「咲、もう一回・・・」
・・・・愛し合ってます。
しかし、何度やっても同じだった。

咲:「絶不調・・・なり・・・」
崩れ落ちる咲。
実は、これを楽しみにしてました。かわいいなりー!(←鬼)

後半。

咲は、夕食も残して寝てしまう。母上は心配そう。
咲はそのまま眠るが、100回連続フォアボールの悪夢をみる。
ハッと起きたが、
咲:「はらへった・・・」
階下へ降りると、母上がパンを焼いていた。新作を考えていたのだ。
母上:「どうしたの?」
咲は、母上に相談する。思い出話の後、
母上:「明日の試合は、お母さんのグローブを使ってみなさい」
なんと娘思いなお母様・・・。
母上:「力いっぱい、一生懸命、そして楽しく!」
今週のキーワードです。人生の基礎を、さり気なく教える「プリキュア」
という作品、スバラシイ。

翌朝。

昨夜の母上とのことを、舞に話す。
咲:「私にも、なにか出来ることないかな、って」
ドロドロン:「なにもしなくていいんだよ~ん」
咲&舞:「ああ!あなたは!」
ドロドロン:「ドロドロン、です!」丁寧に自己紹介。なんか間抜け・・・。

咲:「今日はあんたの相手をしてる暇はないの!!」
ドロドロン:「うん、邪魔しな~い。でも試合には、自分のグローブを
       使いましょう」
咲:「やだ!」
ウザイナーを仕込んだグローブを使ってもらわないと、困るのだ。
ドロドロン:「絶対、使いましょう!」
咲:「絶対、イヤッ!!」
ご婦人に強要とは、良くないですな、ドロドロン。

そのとき、咲のグローブからウザイナーが!

かなり省略された変身をするふたり。
ブルーム:「ちょっとあんた!あたしのグローブに!」
ドロドロン:「すべてボクの作戦さ。驚いた?驚いた?」
そりゃ、驚きます。

掌でウザイナーをブチ倒す、ブルーム&イーグレット。その度に
カメラが引きます。気を遣ってますなぁ。
しかしついに・・・
ふたり:「ぜったい負けない!トアーーーッ!」
超モロ飛び蹴り。しかもアングルを変えて3回も!
制作者、開き直ったのか??

あとは、いつもの必殺技。今週は、なかなかいい戦闘シーンだった。

試合。

最後の1球。咲は、母上の言葉を思い出し、バッターを見送り三振に
うちとった。「やったー!絶好調なりー!」
あたたかく見守っていた母上も、嬉しそう。いいお話です。
・・・・・・
今日は何回、「絶好調なりー!」をきいただろうか・・・。

その夜。

咲は、家の夕食を作った。「咲ちゃん特製オムレツ」
その不気味な見た目に、不安そうなみのりと父上。母上が毒味してから
食べる。みのりも、父上も、冷たいです。

母上:「咲、ありがとう・・・」
咲:「うん!」
咲ちゃんの、眩し過ぎる笑顔がはじけて、今週もハッピーエンド。
母上と咲の絆・・・とても良いお話でした。

次週予告。

今度は健太が主役?久しぶりに舞の兄の和也も出るようだし、修羅場
に期待しています。

もう涙はいらない


「三十路、お前、カノジョいんの?(平板アクセントで)」

「う・・・友だち以上、恋人未満の人なら・・・」


実際、こういうことをきかれることは多い。
イヤミか・・・
モテない三十路は、返答に困ってしまうのだった。

でも・・・・・

恋心を抱いてくれなくても、私を大事にしてくれるひとがいる。
私の幸せを願ってくれるひとがいる。
どんなことでも、話し合えるひとがいる。
「いつかきっと」と言ってくれるひとがいる。

「こ、これ・・で・・思い残す・・こ・・とは・・な・・い」
ゴフッ(吐血)

問題山積。
それでも私は、そのひとを誰よりも好きだし大切だし
気の毒な境遇のそのひとを、幸福にする義務がある。
問題なんか、くそくらえ。

今まで、数多くの失恋を繰り返し、泣いてきたけれど
ひとりぼっちで、病気と闘ってきたけれど
すべてはそのひとに出逢うために重ねた不幸だった。

恋人だなんて、いえない。
けれど、お互いを大切に思ってる。これだけは事実。
待ちましょう、焦らずに。
その時が来るまで、大切にしなさい。と
神様が言ってる。

なんだか、とっても幸せ。

帰す


今週は、なんか暇だった・・・。
ずっと天気も悪く、調子がおかしくなりがち。

今日は久しぶりに青空が見えた。

何年ぶりだろう?ここへ来たのは。
1987年春、よくここに来ては、釣りをしたものだった。
この芝生に寝転んで、昼寝したこともあった。

あの頃見上げた青空は、今と違っていた。
あの頃は、まだ人生に「希望」のようなものを抱いていた。
学校には行けなかったにもかかわらず。
若さ・・・なのだろうか。

 風と一緒に あなたといたい

当時、そんな歌詞が頭にこびりついていた。
それが今、同じ事を考えているなんて・・・。

帰す。
すべてはあの海の彼方へ
すべてはあの空の彼方へ。
肉体は滅んでも、魂は消えない。
いつか、あの彼方へ帰す。

今がすべて

 カフェオ・レが冷めてしまうその前に
 もう一度帰すして je t'aime je t'aime

すべてが終わって、帰す前に
もう一度、ぬくもりを感じたい。
「フ・・・」
馬鹿なことを・・・。
懐かしいこの場所に来て、思わず夢をみてしまった
自分がアホくさかった。
現実に引き戻された。

帰す・・・

おやすみなさい、プリキュア Max Heart

こんにちは。

雨降りが続いています。
蒸し暑いです。
こういう日は、脚が痛くなります。なんでだろ・・・。

先日、中古店で懐かしい人たちを見つけました。

なぎさ、ほのか、ひかり・・・

プリキュア MaxHeart の戦士たち。

「フッ、今さら、ほのかさんか・・・」
って、

ほ、ほのか~~~~っ!(;_;) ヲイ、オッサン

舞さんも、まだまだ先輩を超えられていないんだなぁ・・・。

バンダイのがちゃがちゃ人形、
マックスハート プリティアイドール。

人形の後頭部の紐を引っぱると・・・じゃなくて
人形を寝かせると、目を閉じます。
ちょっと怖い人形です。

でも、なんだか闘いから解放されて、幸せそうに
休んでいるようには見えませんか。
この人形を見ると、前作の、熱い闘いが心によみがえって
きます。
懐古趣味・・・というツッコミ(?)は受け付けません。

彼女たちこそ、真の「プリキュア」だったのですから。
おやすみなさい、プリキュアさん・・・。
今は、後輩たちが頑張っていますよ。
おやすみなさい・・・。

プリキュア PAN PAKA パン 発売中なりー!

こんにちは。

今日は、なんだかとってもいい気分。
現金なやつ・・・という声も聞こえて来そうですが。

夕方、コンビニに行ってみると、

「プリキュア PAN PAKA パン」なる食玩が・・・。

「あれ?こんなの発売予定あったかなあ??」
と思いつつ、やっぱり買わずにはいられませんでした。
1個、315円(ラムネ菓子、税込)
あゝ・・・財布が寒くなる・・・。

そういえば前作でも、

「おいでよ!ベローネ学院」とか
「プリキュア タコカフェ」とかありました。

バンダイキャンディトイ発売、全5種。
1箱に1種類のフィギュアが付いています。
(謎生物は、2種)
三十路は、

①キュアブルーム(レジ)
②キュアイーグレット(キッチン)
③日向 咲(テラス)
④美翔 舞(カウンター)

の4種を買いました。
謎生物(フロア)は、カット(ひでぇ

買うときはやっぱり恥ずかしかったので

えっちな雑誌

と一緒に買いました。(恥ずかしさ増幅じゃないのか?

帰宅して、早速開封開封♪

・・・・・

全5種揃えないと、咲の家であるパン屋さんは完成しない・・・。
まあ、いいや。

とりあえず、カウンターを組み立てて、親指の頭くらいの
フィギュアを並べてみました。

か、かわいい・・・・(*´д`*) えー

こんなにちっちゃくても、プリキュアしてる!
グッジョブ!

タバコをプカプカ吸い、
口元に薄笑いを浮かべながらこれを眺める
30代独身男・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル ←さむけ


こんにちは。

今日は、めっちゃ暇だった・・・。
上司が外回りから帰って来ないとわからないのだが
そんなに忙しくはならなそう。

領収書などの整理をして、散歩に出かけた。

花・・・・・。

美しい。

私は、花の似合う男になりたい。。
この美しい花を編んで・・・
・・・・
どうにも似合わない。

いっそ、私は女性に生まれればよかった。
男は、悲しいことばかり・・・なんて言うと
女性団体から文句が出そうだが。

女性も大変だとは思うけど、私は女性になりたかった。
私が母の胎内にいた頃は、今度生まれて来る子は絶対に
女の子だと決め付けられていて、女の子の名前しか
用意されていなかった。
でも、いざ生まれてみたら、余計なものが・・・。

学生時代には、ノートの記名に、その私が本来つけられる
はずだった名前を使っていた。

教授:「???」

ダメだダメだ!
そんな弱気じゃ。
どんなことがあったって、全力で受け止める、何ものにも
動じないと、大切なひとと約束したではないか。

私は、男だ。
男ならでは、成し得ないものがあるはずだ。
男のままで、勝負だ!
そうすれば、この花のように美しく、素敵な未来が待っている
にちがいない。

美しい花だけれど、その花にも負けないくらい
素晴らしいひとがいるのだ。

美しい花に憧れるのもいいけれど、まずは自分の心を
花に負けないくらい、強く、美しくせよ。

私になら、それは可能だと信じてる。

井の頭線


パソコンのモデムが故障した。
午前中から新しいモデムが到着するのを待っていたのだが
結局、パソコンが復旧したのは午後6時をまわってからだった。


私は、いったいどこへ行こうとしているのだろう・・・。
大切なひとを残して・・・。

今日は、新しいモデムを待ちながら
一日中、ユーウツ気分に沈んでいた。
この、あたたかな春の雨のように。
あの、動きの速い雨雲のように。
でも・・・
心臓に錐をもみ込まれるような、あなたの言葉。

 走るように生きるあなたと
 歩くように生きてた私

 ひとり帰る井○頭線で
 今でも そう 好きだと思う

私にはもう、希望はないのだろうか?
どうあがいても、絶望しかないのだろうか?

それでは、今までの情けない自分のままだ。
ひとりぼっちで人生の深淵にのぞんでいたあの頃と・・・。

「絶対に、希望は捨てたくない」という強い気持ちを
持ち続けて来たけれど、なんだか張り詰めていたもの
が、急にしぼんでしまったような感覚に陥った。
でも、でも・・・。

希望さえ持ち続けていれば、そして私に「力」というもの
があるのなら、絶望することなんかない、はずだ。
大切なひとを、信じたい。
いや、信じなければならない。
そうでなければ、「すき」だなんて死んでも言えないはずだ。

私も、大切なひとも、不器用だ。
不器用なだけに、万一愛情のごときものが芽生えたならば
絆は強いだろう。
「アイツは、あたしがいないとダメなんだ。他の女になんか
渡してたまるか!」
・・・・・
夢です、そんなの夢です。
それこそ「ぶっちゃけありえなぁ~い(MaxHeart)」

どんな形であれ、幸福だと思える未来が待っていることを
信じたい。信じるしかない。
そうでなければ、生きている価値なんかない。
私は、生きる価値を見出すことが出来るだろうか。

以前とは少し違う、でもまた人生の深淵にのぞんでいる
3ピー歳の春・・・初夏を迎えている。

ラブラブ咲&舞 プリキュア SplashStar 第14話

オープニング。

大空の樹の下で、愛を語らう、咲と舞。
とっても楽しそう・・・。何しろ、愛し合っているふたりだから。

そこへ、なぎさとほのか・・・じゃなくて、謎の美少女が現れる。
誰???

本編。

咲と舞のクラスに、あの謎の美少女ふたりが転校してきた。

霧生 満
霧生 薫

どっちがどっちか、区別がつきません。いっつもふたりは一緒に
いるから、誰に名前を呼びかけているのかわからない・・・。

その頃、ダークフォールでは・・・
アクダイカーン様がお怒りだった。
ゴーヤーン:「まったく、カレハーン殿もモエルンバ殿も、ふがいなくて」

コラッ!ゴーヤーン!立派に闘ったカレッチとモエルンバの悪口言うなー!!
(と、思ったのは三十路だけではないだろう・・・)

次に現れた戦士は・・・ドロドロン。
土の中がお好きらしい。
ドロドロン:「・・・いってくる・・・」
ゴーヤーン:「言いたい事は、はっきり言いましょう」
・・・・
さり気なく、子供たちにメッセージ。さすが「プリキュア」。

学校。
満と薫は、ちょっと教科書を見ただけで、数学の問題を簡単に答え、
級友を驚かせていた。

咲:「私なんか、習ってもチンプンカンプンなのに」
舞:「もうちょっと、ちゃんと勉強したほうが・・・」

咲&舞の面白顔が出たが、ここは舞さんの言うことが正しいと思う。

体育の時間。
咲と舞の、体操服姿(;´Д`)ハァハァ ・・・じゃなくて
バレーボールでも、初めてやるとは思えないスゴ腕を見せて
級友を驚かせる、満と薫だった。

それだけの運動神経なら、どんなスポーツだってデキルに違いない。
そう思った仁美は「ソフトボールやらない?」と誘うのだが
霧生A:「それって、命令?」
霧生B:「私たちのやる事を決めないで」
・・・・・
冷たいふたりに、「そんなつもりじゃ・・・」仁美は怒って行ってしまう。
気まずい雰囲気のまま、CM。

後半。
満&薫と、仁美を仲直りさせようと、咲も舞も必死だ。
舞:「友達だから・・・」
それでも、冷たい言葉だけを残す、満と薫。冷血です。

仲直りもうまく行かないまま、校庭を歩く咲と舞の前に、新たな敵
ドロドロンが現れた。
ドロドロン:「・・・・・・」
咲&舞:「え?なに??聞こえない!!」
・・・・・
いや、別に聞こえなくてもいいんじゃ・・・?

ドロドロン:「ふたりはプリキュアー!!」
なぜか番組タイトルを叫んで、ウザイナーを召喚した。
余談だが、Splash Star の認知度を高めるために、叫ばされたような
気がしてならない・・・。

咲&舞は変身してウザイナーと交戦する。
その隙を突いて、ドロドロンがクモの網のようなものでプリキュアの
両腕を捕らえた。
ドロドロン:「つっかまえた♪ぐっふふふ♪」
しかし、校舎内の生徒たちの声が気になる様子だ。
ドロドロン:「ぼくは、楽しそうに笑ってる奴が嫌いなんだよ。目障りだから
       みんなまとめてブッ壊してやるー!♪」
・・・また余談だが、これだけ派手に戦闘しているのに、校舎の生徒たちは
全然気づかない・・・。好奇心旺盛な中学生なら、興味を持つはずなのに・・・。
ついでにもうひとつ余談。ドロドロンの科白からすると
同僚であったモエルンバとは、さぞウマが合わなかったに違いない・・・。

ブルーム&イーグレット:
「大切な学校を壊すなんて!!」 ハンマー投げの要領でドロドロンを放り投げた。

そして・・・!!
ブルーム、イーグレット:「トァーーッ!」
ウザイナーに思いっきり飛び蹴り・・・。いいのか・・・これ?
あとは、いつものように必殺技で撃退した。


昼休み。
弁当を持っていない満と薫に、咲はびっくり!
そこへ、自分の弁当を満と薫に差し出す仁美。クラス委員の安藤さんや
宮迫くん、それに健太も加わり、一応、和むクラスだった。

その頃、ダークフォールでは・・・
アクダイカーン様:「満と薫が、どう動いて何をするか楽しみだ・・・」
やはり、グルだったか、満&薫。

帰り。
咲:「満と薫って、ホントすごいよね!」
舞:「でも、咲の方が凄いと思うよ」
みんなが仲良しになれたのは、咲がいたから・・・。
舞さん、謙遜せんでください。あなたもすごいですよ?

それを、悔しそうに見送るドロドロン。そこへ満と薫が通りがかって
嫌味を言う。
ドロドロン:「おまえら、なんでここにいるんだ!帰れ!帰れー!」
・・・まるで地団駄ふんでる子供みたい・・・。
そんなことも構わず、冷たい目で咲と舞のラブラブぶりを見送るのだった・・・。

・・・・・

今週のポイントは、いったいなに??
あえて言えば、クラスの友達全員(?)で、満と薫の頑なな態度を
ほぐしてあげるところでしょうか・・・。
でも、薫&満の心は、閉ざされたまま・・・。

次週予告&またみてね
「絶不調、なり・・・」
咲がなにやら絶不調に陥るらしい。舞さんのフォローがとっても楽しみだ。

こんな空虚な・・・

今日は、夕方から泥のように眠りこんでいた。

ここ何日か、何週間かの疲れを取り戻すかのように
こんこんと眠った。

夕食をたべたのは覚えてる。
その後、居間でプロ野球を観ていたが、眠り込んで
しまった。

いろんな夢をみた。

不思議と、どの夢にも「電車」が出てくるのだ。
どの夢も、恐怖と焦燥と虚しさに満ちていた。
夢をみるとき、必ず電車が出てくる。
それに乗って、どこか知らない街に行こうとしているのだ。
ときにはそれが未来であったり、過去であったり
レールはどこへ繋がっているのだろうか。

自室に戻ってからも、眠り続けた。
やはり、いろんな夢をみたようだが、どの夢も
はっきりしない。

結局、目が覚めたのは、午前2時だった。
ついさっきだ。
なんとも言えぬ胸騒ぎと、哀しさと、喉の渇きと・・・。
今もまだ、夢の続きをみているのだろうか。

今もまだ、意識がはっきりしていない。
昏睡・・・そんな怖い言葉が頭に浮かぶ。
もし今、亡霊が現れたら、見えるにちがいない。
そんな危険な妄想にかられながら、これを書いている。
かろうじて、理性を保ってはいるが、これ以上書くと
なにを書いてしまうかわからないので
この辺で止めておく。

タバコが不味い。
不健康な証拠だ。

プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR