fc2ブログ

雪城さんの涙

こんにちは。

今日は、午前中曇り、午後晴れ間が出て、夕方から雷雨→吹雪になった。千葉にしては珍しい天気の変化だった。ここはロンドンか?と思うくらい(なんで?

雷雨から雪に変わる頃、三十路は車に乗っていました。吹雪で前は見えなくなるし、積もってきてスリップしそうな感じになったり、サイドミラーに雪が積もって後ろがよく見えなくなったり・・・雪の日の運転に慣れていない脆さがモロに出てしまった。

3月・・・別れの季節の雪。季節外れの雪、雪・・・雪!
雪だ、雪城さんだ(だからなんで?)。スプラッシュスターで浮かれている三十路に、雪城さんが「忘れないで・・・」と言っているのだ。

大丈夫さ。僕は雪城さんを忘れはしない。たとえテレビに映らなくてもね。三十路だけではない、きっと多くの人の心に生き続けるだろう・・・。
プリキュアの名がある限り、雪城ほのかの名は消えることはない。
何を自分に酔っているんだ、さぶいぞ、びそじ。プリキュアネタが続きすぎだろが。
外を見たら、まだ雪が積もってる。それは、消えかかる幻のように美しかった。遠く去っていった雪城ほのかのように。(だからさぶいって!
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR