FC2ブログ

アニメ 「かしまし」最終回に寄せて


毎週楽しみに、怖々観ていたアニメ「かしまし ガール・ミーツ・ガール」が終わってしまった。

怖い面もあったが、なかなか良い作品だったと思う。
声優さんのキャスティングも良かった。とくに三十路のお気に入りキャラの並子先生の声は、原作のイメージにぴったりであった。宇宙仁の声は、最初「え?」だったが、慣れたし。

「かしまし」では、主人公のはずむには、どうしても感情移入できなかった。とまりに感情移入して観ていた三十路には、つらい最終回だ・・・と思っていたら、「あらら?」という終わり方だった。なにか、含みを残したような終わり方だったから。続きが観たい・・・(心の叫び

やす菜に感情移入できなかったのは、どことなく三十路と似たところがあるように思えたからだった。ああいう弱さ、怖さを三十路も持っているからかもしれない。

とまりはいつも元気そうで、頼もしい女の子。いかにも三十路が憧れそうなキャラだ。ちょっと乱暴だけど(笑
そのとまりが、最終回で見せた涙と心の叫びは、三十路の涙腺を刺激しまくり。いい年こいて、もらい泣き。ええい~ああ~(それ違う

一番怖いと思っていたあゆきだが、やはり最終回で三十路の涙腺を刺激した。あんた、案外いい人だったのね。誰かは知らないが、男を振っただけのことはある。

突っ込みをひとつ。
やす菜・・・はずむに「ずっとそばにいるから!」と言われたとたんに、周囲の人々が見えるようになる・・・。調子よすぎです。やす菜ファンの方には申し訳ないのだが。

もうひとつ突っ込み。
並子先生・・・いつの間にあんなにドアップの宇宙先生の写真を撮った?ズッコケキャラだと思っていたが、油断のならない人です。でも、かわいいから許す(ヲイ

原作を読んでからアニメを観ると、がっかりすることが多いのだが、「かしまし」に関してはそういうことは無かった。着地成功というところか。是非、続編に期待したい。

原作の方も佳境に入っているようである。はずむの余命が・・・ネタバレになるので、気になる方は原作を読んでいただきたい。

ここからは、関係ない話。
また風邪をひいてしまった・・・。タバコがいけないのかなあ?ビタミンC を消耗するから。明日はまた釣りに行く予定だったのだが、だめぽ・・・。
頭、首、肩、腕、胸が痛い。熱は微熱だが。いつもの肩凝りかと思っていたが、違うようだ。解熱鎮痛剤を飲んだので、今は落ち着いている。さてと・・・今日開幕の巨人戦でも観るかな・・・。
スポンサーサイト



プチお花見

こんにちは。

今日は夕方、ちょっと散歩がてら桜を見てきました。
千葉県も、だいたい満開ですね。今日はちょっと寒くて、桜の花びらを冷たい風がいじめていました。

近所の公園に、こういうお花見の場所があるのですが、怪しげな男がタバコをプカプカ・・・。通報されなくてヨカッタ・・・。吸い殻ですか?えーと・・・・・・・、もちろん携帯灰皿ですよ(待てぃ

団地の中の公園ですから、さすがに夜中でも酔っ払いのお花見さんはいません。
行きかう主婦や、子供、三十路のようなオッサンその他の目を楽しませてくれるだけです。

もう何日かすると、この美しい花も散ってしまうんでしょうね・・・。
三十路のピ~~!のように。いいや!!三十路のピ~~!、これだけは命をかけてでも守らなくてはならないんです!壊してはいけないのです!ひとを傷つけないために。三十路が人間として生きていくために。

そんな強い決意を抱きながら、お花見の場所をあとにしたのでした。

LOVE と LIKE の狭間で


千葉港・・・。

私が、悲しい事があったとき、いつも泣きに来るところ。
私に、楽しい事があったとき、喜びを分かち合う海。

悲しいのか、嬉しいのか、自分でもわからない。あえて言えば、両方であろう。

恋愛とは?いつもこの問いかけが、私の頭の中を駈けめぐっている。
お互いを尊重すること・・・だと私は思う。
この海岸にもカップルがいたが、しょっちゅう会ったり、しょっちゅう電話したりメールしたり・・・そんな事がなくたって、恋愛は可能だと。要は、心の繋がり。相手を思いやる心。誰よりも相手を大切だと思う気持ち。それさえ備わっていれば、ほかに何もいらないのではないだろうか。

私は恋を捨てた、と以前書いた。
でも、まだ捨ててはいなかったのだ。今、はっきりと感じる。相手を思うとき、心が締め付けられる。これは、恋ではないのか?違うとしたら・・・。

暖かな一日だった。桜も咲いている。
この大切な時間を、あなたと共有したい。
暖かな春風と一緒に、あなたといたい。いや、あなたの心の中でだけでも。
私の心の中には、ずっとあなたがいる。この港にも、あなたの心を連れて来た。
私は、幸せだった。これ以上を望むのは、贅沢なくらいに。
私は、悲しかった。所詮、私の運命は、あなたと私を切り離すだけだろうから。

何を思ってみても、無駄であろう。それが今までの私の運命だった。これからは、違うかもしれない・・・などという幻想は、それこそ捨ててしまったほうがいいのかもしれない。そういう覚悟は、いつもしていなければならない。

あなたが大好きって、わたしも想ってる
大切だよ!って need you 見守って生きてるよ
(プ○ッキュア! プリッキュ○!)

なんて話もあるけれど、所詮は絵空事にすぎない事は、私にだってわかる。
荒んだ考え方だと、自分でも思う。でもこれが現実なのだ。まあ、私の少ない経験からでは、正しい判断は出来ていないかもしれないが。

先日のブログからは、想像も出来ないくらいの鬱っぷりである。躁うつ病という診断は下されていないのだが・・・。
もっとポジティブに生きられたら、どんなに楽かと思う。オプチミストと嘲笑されるくらいに。
こんな事を書いている自分に必要なものは、精神科医の診察なのかもしれぬ(沈没)。

プリキュア Splash Star 第8話だぜ、セニョリータ


オープニング。みのりが話に熱中して、咲のスカートに牛乳(?)をこぼしてしまう。怒る咲・・・怖!

本編に入ってすぐ、いきなりアクダイカーン様激怒。怯えるゴーヤーンのもとへ、炎が・・・。新たな敵だ。

その頃・・・。咲は自分の部屋で楽しそうに舞と語らう。これはやっぱり・・・。
舞の描いたイヌの絵に、咲は感心する。そこへ妹のみのりが、ジュースを持って入って来る。嫌な予感がするなァ、と思っていたら案の定、ソフトボールごっこに熱中したみのりが、舞の絵にジュースをこぼしてしまった。再び咲、激怒!「もう一緒に遊んであげない!(ガビーン!←効果音)」とまで言われて、みのりは泣き出してしまう。みのりちゃん・・かわいい・・(待てぃ

怒りまくる咲に舞が「みのりちゃんの気持ちもちゃんと(わかってあげて)」と言おうとするが、「舞にはわかんないんだから、ちょっと黙って」と舞の手を振り払ってしまった。気まずい時間が流れ・・・舞は逃げるように帰ってしまった。それぞれの自宅で、後悔する咲と舞。

翌日、学校で仲直りしようとするふたりだったが、機会を逸してしまう。どっちかというと、舞が咲を避けている感じに見えたが。
夕方、学校から帰ったみのりは、汚してしまったスケッチブックを抱えて舞に会いに行く。公園のブランコに揺られながら、舞はみのりに自分が小さかった頃、兄に叱られて泣いたことがあると話す。幼い頃の舞が泣いている映像が出た。か、かわいい・・・。普段から子供っぽく見える舞だが、今はお姉さんぶっていて、作画も心なしか大人っぽい。その舞が幼女!!

今週は舞たんキタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━ !!!!!

そのいいところへ、「モエルンバ♪モエルンバ♪」と、唄い踊りながら新たな敵キャラ「モエルンバ」登場(顔はビブリスそっくりだが、男)。な、なんだこのキザなヤツは・・・。「セニョリータ♪」じゃねぇっ。
精霊を渡せ、と舞に迫るモエルンバ。みのりをかばう、必死の形相の舞たんステキーーーッ!そこへ、みのりがいなくなって探していた咲が合流した。

モエルンバ・・・ウザイナーを操りながらも翻弄されてるドジ・・・このキャラは好き嫌いが分かれるんだろうなあ。
変身する咲と舞だったが、昨日からの気まずさで気持ちがひとつになっていないため、パワーを発揮出来ない。みのりをめぐって言い争うプリキュア。前にも見た光景だ・・・というツッコミは、この際ナシということで・・・。

気絶しているみのり(気絶のタイミングよすぎ)をウザイナーが襲うところを、身を挺してブルームが守る。やっぱり、妹は大切なんだなあ・・・と安心したイーグレットと力を合わせてウザイナーを撃退した。それにしても、強烈なキック・・・肉弾戦復活の兆しか?と思ったほどだ。

戦闘後・・・素直に謝るみのり・・・もう咲も怒ってはいなかった。「それよりみのり、舞お姉ちゃんに言うことあるんじゃないの?」咲も立派なお姉さんなんだね・・・と思ったのも束の間、みのりが舞に謝るのに便乗して謝り、仲直りしようとする咲!見損なったぞ!(でも可愛いから許す)
そんな謝罪でも、笑顔で受け入れる舞たん♪ 翌日(?)、咲とみのりが仲良く寄り添う絵を、舞は描いてあげたのだった。

今週は、姉妹の絆と、咲と舞の友情(愛情?)、舞とみのりの係わり方とがメインテーマだったように思う。そこへ、これを観ているお友達も、悪いことをしたら素直に謝るんだよ、という制作者のメッセージが込められていた。大人っぽい舞は、制作者の化身であろう。今週はなかなか良い作品になっていたように思う。面白かった。感動した!可愛かった!(ヲイ

しかし、「舞お姉ちゃんに言う事あるんじゃないの?」と言う咲と、すべて悟っているような舞・・・ここまでよく出来た中学生がいるだろうか?大人でも、ここまでできる人は、現代社会ではそう多くはないのではなかろうか?
そういう意味でも、プリキュアはいろんな年齢層の方々に観ていただきたいと思う三十路であった(エラそうな・・・

今年の初釣り


こんにちは。

今日は、今シーズン初めて釣りに行きました。
印西市から我孫子市まで、手賀沼周辺を車でまわって釣りました。親父と一緒でしたが、もちろん三十路が運転手・・・。まあ、男ふたりで軽ワゴンというのは、キツイですね。狭いところへ難なく入って行ける利点はありますが。

出発はまだ暗い午前4時半。はじめの釣り場に到着したのが5時すぎ。寝ぼけ気味の月と、朝焼けが綺麗でした。
その釣り場で、何時間ねばったでしょうか・・・。結局1匹も釣れずに移動しました。あちこち回りながらたどり着いたのは、数年前まで日本一汚い湖沼として有名な「手賀沼」でした。正確にいうと、手賀沼の周辺の水路です。汚い水です。

餌は、最初の釣り場ではネリエサでしたが、手賀沼ではミミズを使用。そういえばミミズを食べる奇人変人さんがテレビに出ていたなあ(笑)。さすがにモザイクがかかっていましたけど。

午前11時すぎ、1匹目のフナを釣り上げました。15cmくらい??
続いて親父が25cmくらいのフナを釣り上げました。
もういい加減にして帰ろうという午後1時すぎ、三十路が35cmくらいのコイを釣りました(画像)。タバコは比較用で、釣ったものではありません(んなことわかっとるわ!)コイにしては小物ですが、今年は初釣りが2匹で、幸先良いです。去年はボーズでしたから。

今日は暖かくなるという天気予報でしたが、最初の釣り場では
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル でした。今年は冬、寒かったせいか、春分の日をすぎても寒くてしょうがなかったです。
2匹が釣れた手賀沼の水路では、ポカポカと暖かくて気持ちE ! (古!

釣った魚ですか?もちろん撮影後、すぐにお刺身です(うそです
キャッチ&リリースですよ。コイやフナは、今や貴重な魚ですからね。もっと大きくなって、また釣り人を楽しませておくれ・・・と願いつつ、逃がしてやりました。

うわぁ! 3月だというのにもう、日焼けしとる!寝不足で日焼け・・・釣りも健康的なのか、不健康なのかワカリマセン・・・。

らぶらぶゲッチュゥ?と、兄の影

こんにちは。

今日は、いつもの神経科クリニックだった。
今朝は寒かったなあ・・・冬に逆戻りだ。重い心を抱えて、クリニックの扉を開ける。見慣れた室内、見慣れた患者さんたち。

「三十路さん、独身?」
「え?あ、ど、独身です・・・」
「いいなあ、身軽で。俺も独身に戻りたいなァ」
「私が結婚、ありえなぁ~い!」

話しかけてきたのは、60歳くらいのオジサンである。娘がいるときいている。独身が羨ましいなどと・・・。三十路だって、好き好んで独身でいるわけではないのに。まあ、こういうのって、このオジサンが幸せな証拠なんだろうな。三十路は微笑んで(ややひきつりつつ)返事をした。

いや、実際羨ましかったのかもしれない。奥さんと喧嘩することもないし、娘に生ゴミ扱いされなくて済むし。好きな女性と、好きなだけ付き合える・・・とか思ったかもしれない。若さが羨ましかったのかもしれない。
「こ、これが若さか・・・」

でもねえ、独身も大変なんですよ。同級生はみんな結婚してるから、同窓会などでは必ず子供の話題で盛り上がる。無論、三十路は蚊帳の外。
結婚相談所なるところから、しつこく電話がかかって来る。個人情報を聞き出そうとする。言いたくないじゃあないですか、こんな私生活。さすがに1月に三十路が激怒して電話を切ってからは、おとなしくなったけど。なんとなく、差し伸べられた手を、振り払ってしまったような罪悪感が残った。

「50歳までに縁がなかったら、諦めます」
「ああ、なるほどね・・・」
クリニックのオジサンは、妙に納得した様子だった。
三十路の従兄は、45歳(だったか)で16歳年下の嫁さんをもらった。50歳という年齢は、そのあたりから出たものだと思う。自分の発言ながら、なぜ50歳なのか、よくわからない。
50歳で、55歳の嫁さんをもらってもいいと思った。嫁さんだけではなく、婿に行ってもいいと思った(待てぃ。そんなオッサンいらんわ!

突き詰めて考えると、三十路は「兄」の後姿を見て憧れているのかもしれない。あくまで「偉大な兄」を目指す三十路。兄にかなうところなど、ひとつも無い・・・からこそ、目指すのだろう。兄よ、愚弟の生きる様を見守っていてくれ・・・。

モノクローム・ヴィーナス


今日は夕方から急に忙しくなった。
といっても、忙殺されるという程でもなく、適度な忙しさだったが。

先週末、気分が沈みこんだ。危ういところをなんとか浮上したが、またちょっと雲行きが怪しくなった(頼りない男め!

以前に振られた女性の夢を見たり、将来のことを考えたりしているうちに、おかしな精神状態に陥るようだ。
ゆうべも、夢を見た。8年前と3年前に振られた(2度も!)Aさんの夢だ。なんで今頃・・・。別に、未練がどうとかいうことはないのに。
振られたのには、三十路に原因があったことは、今ではよくわかる。当時の三十路はアフォだったと思う(今でもか
Aさんは、はっきりものを言わない性格の人だった。なんとなく振られてしまった・・・と思っていたが、原因はそれなりにあるのだろう。思い当たる節は、いくらでもある。未熟者の三十路には、Aさんの考えがわからなかっただけなのだ(今でもそうだが・・・

3ピー年の人生を振り返ってみると、こんな事を幾度となく繰り返してきたように思える。同じ失敗はしないと決意しても、気がつけば失敗していた。振られたり、振ったり・・・くだらぬ事柄に振り回されていた。
もう、疲れた・・・。
自分には、こう言う事は向いていない。だからこそ、私は・・・。
いくら考えても、答えなど出はしない。なら、考えないほうがいい。今の私は、自分の心を殺している。
明日は、いつものクリニックだが、こんな不安定な精神状態を訴えたところで、医師も困るだけであろう。だから、話さない。

こういう症状は、大抵正月とか春に現れる。この春さえ乗り切れば、また元気も戻って来る・・だろう。

おかしな話だ。いい年の男が、夢やら過去やらに振り回されるなど。病気と言ってしまえばそれまでだが、弱すぎる。将来が心配である。
せめて、今やるべき事ことを頑張ってやろう。自分の心は、抑えつけられるだけ抑えつけるべきだろう。人様に迷惑をかけることのないように。

「三十路」の原点

こんにちは。

うぅ・・・眠い・・・。
昨夜、チャットで遅くなったけど、朝はちゃんと起きました(幼稚園児か
WBC、良かったですねえ。日本の野球は世界一だということを、世界中に知らしめることが出来ました。王JAPAN、おめでとう!千葉ロッテの選手たちも、よく活躍してくれました。巨人ファンでもある三十路は、韓国のイ・スンヨプ選手の活躍もとても楽しみです。

4月27日は、「よつばと!」の第5巻が発売です。毎月、「電撃大王」で読んでいるので内容は知っているのですが、単行本になるのは嬉しいです。三十路のフルネームは、「三十路よつばと!ファン」ですから。なんやそれ、初めて聞いた、という方もいらっしゃるでしょう。でも三十路が他のサイト様に書き込みするときには、初めてつけたこのフルネームを使っています。皆さんが「三十路さん」と呼んでくださるのも、元はこのフルネームからなのです。

というわけで、「よつばと!」の主要キャラである「綾瀬家の3姉妹」です。この子たちの写真も撮ってやらねばと思い、写しました。ヒロイン(?)の「よつば」がいませんが・・・。
綾瀬家は、よつばの家のお隣さんです。よつばが毎日のように遊びに行って、ほのぼのとしたエピソードを作り上げています。3姉妹とその両親、よつばが可愛くて仕方がないようです。まあ、「サザエさん」に近いほのぼの物語です(違うかな?

左から、長女の「あさぎ」。大学生。超美人らしいですが、少しひねくれたところあり。いつだったか「振られたことがない」と言って、男性ファンのヒンシュクを買いました(?)。
真ん中は、三女の「恵那」。小学校4年生か5年生。やさしい子で、よつばと年が近いせいか、よく一緒に遊んであげています。三十路の一番好きなキャラです。ちなみによつばは、自称6歳・・・に見えないですけどね。
右の制服姿の子は、二女の「風香」。16歳の高校生。やさしくて面倒見がよく、よつばの面倒もよく見ています。「よつばと!」の中では一番のむっちり系です。写真の中では一番大きいですが、実際には「あさぎ」が一番背が高いです。設定身長は、たしか「あさぎ」が165cm、風香が158cmだったと思います。

読者人気でいうと、風香が一番・・・かなあ?登場頻度も高いですし。いつか「電撃大王」で、キャラクターの人気投票でもやってほしいものです。
アニメ化の要望もありますが、それはずっと先のことになりそうです。実際、声優さんのキャスティングも難しそうです。読者はそれぞれのキャラにイメージを持っているから、「恵那はこんな声じゃない!」とか思ってしまうこともあるでしょう。まあ、結局のところ「慣れ」でしょうけどね・・・。

春からは、新しい展開が待っていそうな「よつばと!」ですが、これからもずっと、読者を楽しませてほしいと願っています。
三十路、なんか今日は真面目だぞ・・・。らしくねぇ・・・。

汗かきすぎ!プリキュア Splash Star 第7話


ネタバレ注意!まだ3月19日のプリキュア スプラッシュスター観てない!という方は、ご覧になってからお読みくださいませ。





耳が腫れて、フラッピとチョッピが苦しんでいる。今までウザイナーを倒す度に入手していた7つの「奇跡の雫」を、2匹は耳に入れていたのだ(初めて聞いた)。雫の力が強くて、苦しんでいたという。雫を出した2匹の耳は、のしイカのようになっていた。

登校前に舞は、学校から帰ったら両親と外で食事する約束を、咲は、みのりとハンバーグカレー作りのお手伝いをしようと約束する(しかしあんた、カロリー高いメシが好きだねえ・・・将来はブーデ・・)。そのときフラッピが苦しむ声がするのだが、咲は自分のハラ痛だとごまかす。かわいいなりー。

その頃・・・。カレハーンはアクダイカーン様に叱られていた。捨て身の覚悟を決めたカレッチ。樹木ウザイナーと合体して、プリキュアに闘いを挑む。今回のカレハーンは、やたらと汗をかいていたなあ。それだけ必死だということか。
掃除機のように、精霊の光を吸い取って攻撃を繰り返すカレハーン。ブルームとイーグレットを地面に叩きつけた。暴力シーンはカットでは・・・?
すべてを枯れさせる「滅びの力」で、周囲を荒野にしていく。咲と舞の町が危ない!カレハーンの木のツルに縛られながら、イーグレットは母との約束を、ブルームは、みのりとの約束をそれぞれ思い出していた。こんなときに「家族で食事をすること」が大事だと言う舞っていったい・・・。

力技で緊縛を破る2人。プリキュア・ツインストリーム・スプラッシュでウザイナーは消滅するが、カレハーンは間一髪、脱出したようだ。なーんだ、今週もカレハーンは無事かぁ・・・と思ったかどうかは分からないが、咲と舞は変身を解いた。そのとき、カレハーン特攻!(観ていて、さすがにギョッとした)
次の瞬間、カレハーンは木っ端微塵に消し飛んだ。すべての力を使い切り、枯葉の吹雪に戻った(やっぱり枯葉だったのね・・・)。
カレハーン、死亡。(合掌)
特筆すべきは、プリキュアの技で粉砕するのではなく、自分の力を使い切って逝くあたり、これぞスプラッシュスターのやっつけ方だという事であろう。

集めた7つの「雫」を、フェアリーキャラフェに入れると、咲と舞は「樹の泉」に連れていかれる。アイキャッチに出てくるミキサーのような容器は、これだったのか。アメ玉を降らせる機械じゃなかったワケね・・・。
「奇跡の雫」を泉の痕に落とすと、樹の泉がよみがえった。喜ぶ2人と2匹の前に、フィーリア王女が一瞬、姿を現した。その姿はまるで菩薩像・・・。

7話に亘って楽しませてくれたカレハーンが亡くなったことは残念だが、これで一段落というところか。カレッチ、ありがとう・・・。

「またみてね」の画像によると、次の敵は「炎の使者」か??なんでもいいけど、ギャグのわかるヤツだといいなァ。

全体的に、今週のプリキュアはあまり面白くなかった・・・。戦闘シーンがメインで、その戦闘シーンも迫力に欠けたためだろうか。肉弾戦復活を願う。
それと、咲と舞の日常生活が、ほとんど語られなかったことも面白みに欠ける原因だったように思う。よくは分からないけど、「萌え」が足りないというか。。今回一番の「萌え」は、カレハーン散華だったかもしれませんなあ(それ違う

体育教師、骨折

こんにちは。

まだ風邪が抜けません。身体の痛みと微熱が続いています。やヴぁい病気なのか?
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
朝、布団を押しのけて眠っていて、寒くて目がさめたから・・・。治りかけてもなかなか抜けてくれないのでしょう。あと、気になること、心配なことがあると熱が上がることがあります。気になること・・・心配事・・・ピ~~~!しかないでしょうなあ・・・。まあ、考えても答えは出ないし、出したくもないし、三十路の生命すら・・・。こわいので、この話はこれで(笑

あまりにも部屋が散らかっているので、片付けました。片付けたつもりでした。片付かないんですねえ。。三十路は、物が捨てられないのです。とりあえず、整理はして、捨てられる物は思い切って捨てました。少しはマシに・・・なっていない・・・。物置みたいだ。どこぞの主婦さんみたい。元気になったら、もう少し本格的に掃除します。

片付けをしていたら、画像のようなものが出て来ました。「あずまんが大王」の「にゃも先生」です。何年も前に買ったものですが、しまっておいたら左腕がポッキリ折れてしまいました・・・。瞬間接着剤でくっつけたけど、こりゃ見苦しい・・・。せっかくのイベント限定品も、こうなるとおしまいですね。三十路には修理する能力もないし・・・結局、元の箱に入れてしまっておきました。こんなえろえろなキットは、なかなか飾れませんし。「どうせあたしはえろえろよー!」・・・ごめんよ、先生。


もし、三十路が死んだらどうなるのかな・・・とか考えます。家族は、厄介な病人の三十路がいなくなって、せいせいするだろうか。そのほうがいいのかな・・・なんて弱気になることもある、最近の三十路です。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR