fc2ブログ

天国への階段


今日は、いやな天気だった。
こういう梅雨空のような曇り空を見上げていると、「死」というものを考えてしまうのだ。死ぬと、あの雲の彼方に行くのだろうか・・・。今までに、幾度となく考えた。考えても仕方がないことなのだが、考えた。

「今、たおれるわけにはいかない」・・・そう思って今日まで生きてきた。そんな強がりが通用するうちは、大丈夫だろう。

ふる ふる(頭を振って)明日はまた現場仕事だ。月末に向かって忙しくなるのに、くだらぬ事を考えている暇はない。死の影を振り払って、明日も生きる。

それにしても、梅雨みたいな空だ。菜種梅雨というのだろうか。菜種梅雨になったね(逝け
スポンサーサイト



プロフィール

五十路

Author:五十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR