FC2ブログ

木星と土星の最接近 2020年12月21日



近スギィ!

今日は待ちに待った木星と土星の最接近。
まぁ角度的に、地球から見てくっついて見えるだけなんですが。

これほど接近して見えるのは、400年ぶりだとか800年ぶりだとかなんとか言われてるけど、どっちが正しいんだろう…。

次の大接近は60年後だそうで、筆者は生きていないな。

ということでこのチャンスに望遠で撮った大接近の様子、遠くの電柱も一緒に写せたのでどれだけ接近しているのかがわかる…かも。

筆者は目が悪いので、よく目をこらして見ないと肉眼では両星がくっついてひとつの星に見えてしまうのですが。
双眼鏡では、丸い木星と小さな米粒のような土星がくっついていて可愛かったです。

日食や月蝕と比べて派手さはないんだけど、珍しい現象として記憶に残るでしょう。

スポンサーサイト



木星、土星、月の見かけ上の大接近



月が接近して見えるのは今宵だけですが、木星と土星はこれからますます近づき、12月21日には月の見かけの直径の1/3くらいまで接近して見えるとか。

なんでも200倍くらいに倍率を上げた望遠鏡の同一視野に見えるというから驚き。

これは数百年ぶりの天文ショーらしいんですが…
次に見られるのは300年くらい後だったかな(うろ覚え)

21日、肉眼ではよく見ないと木星と土星がほとんどくっついて見えるのではないかと期待してます。


★以下日記
母上が4人部屋に移動したそうで。
点滴だか何だかのチューブ類も取れるらしい。
病院へ行ってもコロナの影響で面会もできないのは、困ったもんだなぁ…

2020年11月30日 半影月食



東から昇った満月が、地球の半影に入る「半影食」を観測。

ベランダ観測所にいつもの12,5㎝反射経緯台を出して、食の最大を待つ……薄雲が行ったりきたり、月が雲でまだらに見えたりして不安がよぎるが…

食の最大の18時43分には、スッキリと晴れて撮影できました。
写真は18時44分、本影に近い左上(北側)ほど薄暗く、影から外れる右下(南側)は明るく輝く。

ゆで卵の輪切りでいうと、黄身が本影、白身が半影で、本影に入ったときに月が欠けて本当の意味での「月食(月蝕)」となります。
半影食の月面に立って太陽をみると、地球が部分的に太陽を隠して見えるというわけ。

月面の温度が、半影に入ると急激に下がるそうなので、この左上の薄暗いところはかなり冷えていると思われ。

影のせいなのか、いつもは(見た目)平坦に見える月面が、望遠鏡の眼視では少し球体に見えた…ような気がしました。

マーキュリー



先日23日の明け方、東南東の超低空にポツンと光る星が。
大急ぎでカメラと三脚を持ち出して撮影。

金星は割と高い位置に輝いていたけど、一番内側を公転する水星はいつも太陽のそばにしか見えないので、観測が難しい惑星であります。
丁度ベランダ観測所から見て、低空が開けた方角だったのでラッキーだった。
写真中央の、やや上部の星がそれ。

有名な天文学者、コペルニクスも実際に水星を見たことがなかったと言われているけど、本当だろうか…
望遠鏡で見ると、半月状に見えることもあるとか、でも高度10度にも満たない低空では大気の影響で鮮明に見るのは難しいと思われ。

水金火木土天海…天文歴37年で全部見ることができたなー。

火星と中秋の名月 2020



10月1日は十五夜、中秋の名月。

天気に恵まれ、Gの季節も終わった(?)ことだし、ベランダ観測所にいつもの12,5㎝ニュートン反射望遠鏡を出して観望&撮影。

真の満月は日付が変わってからなので、やや欠け際にクレーターが見られるのだけど…
丸くなってんぜ。

月を見上げると、東側に火星が赤く輝いていて、そっちも望遠鏡を向けてみる。
折しも、2年に一度の接近中の火星です。

「火星観測は難しい」とよく言われるが、本当に難しい。
望遠鏡の倍率を111倍に上げて見ると、木星よりは小さいものの、けっこう大きく見えるんですが…

表面の模様がよくわからない。
現在、極冠(火星の北極、南極にある雪で白く見える)が小さく、目立たなくなっているという事前情報はあったけれど、本当に微かに見えるかどうかというところ。

南側に、薄暗い模様が見えるけど名前がわからない。
にわか観測者あるあるなのかもしれません。
一応、写真も撮ったけれど…

0_20201001234556ab9.jpg

写真の上が南で、かすかに模様が写ってる……ような気がする?

プロフィール

四十路

Author:四十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR