FC2ブログ

キラッとプリ☆チャン 第150話 ルルナ復活!新しいプリ☆チャンルールッチュ!?

はぇ^~すっごい社会派…

マスコットのそこそこ偉い人、ルルナ復活。
一度は廃案になった「ルルナがプリチャンを管理する」、新しいルールを力ずくで押し付けて独裁体制を敷く。
ああ、都★想みたいなやつね、と思ったら然にあらず。

健全と称して、プリチャンの内容を厳しく規制するルルナ作成ルールブック。
従わない者はプリチャン永久追放に処す。
これはあれだ、ゲーム規制や表現規制に鋭く斬り込む内容で、しかも数多の企画を正義だといって潰してきたどこぞの連中に対する抗議でもあるわけだ。

まさか公式が、アニメを使ってこういう話をするとは思わなんだ。
で、それに対抗するファイルーズや桃山の秘策は……

   ラ イ ブ

ほかに方法論ないのか、独裁者を吊るしあげたまでは良かったが、詰めは腰が引けてんな。

もうちょっと斬り込まないとなぁ、せめて半★の△ェ〇カスをギャフンと言わせてやれよ。
このシリーズの未来は、現役であるプリチャン諸君の双肩にかかっていることを忘れるな。
スポンサーサイト



キラッとプリ☆チャン 第149話 いよいよ決着!クイーンズ・グランプリだッチュ!

笑っちゃうんすよね。

最後の大グランプリ、残るはファイルーズ&輝イブと、ミラクルキラッツのみ。
先にライブするのは……ファイルーズ&輝イブ、見る前から敗退決定ってことだが、もしイブ社長が優勝したら忖度があったとかなんとか言われてしまうからね、しょうがないね。

トリのミラクルキラッツが優勝、真の王座についたという、予想と寸分違わぬ展開にニヤニヤしそうになったけど。
赤城が初めて萌黄の名前を呼んで称賛したのは、第1話から見ている身としては目頭が熱くなった。

これでプリチャン3年の歴史に幕を閉じるかと思いきや、巨大化ソルル&ルルナ登場、その真意は?

まさかこれで5月末まで引っ張るんじゃなかろうな、確かにソルルとルルナは暗いところでも他のマスコットと違って発光はしていなかった。
アーケード筐体では、ソルルとルルナを育てるモードもあったみたいだから、真のラスボスはこの2匹か。

斎賀みつき、山村響
 「カスが効かねぇんだよ」

最後まで同じパターンを繰り返すことしかできない、不器用なプリチャン悲しいなぁ…

キラッとプリ☆チャン 第148話 ついに開催!クイーンズ・グランプリだッチュ!

ところで今回のプリチャンを見てくれ、こいつをどう思う?

すごく…店じまいです…

イルミナージュクイーンとやらを決める最後の大イベント開催、ただライブ見てりゃいいんだから感想も何もないよ。
ボーっと見てんじゃねーよ!

くじでライブの順番を決める……一番手の虹ノ咲&黒だいあ、二番手のリングマリィ、三番手のメルティックスターが実質敗退決定悲しいなぁ…

ラビリィが感謝の気持ちを手紙にしたり、メルパンがキラッツを特別扱いしたり、まとめに入っていて本当にプリチャン終わるんだなぁと実感。
まぁラビリィはゾンビィ業頑張ってどうぞ。

ライブ中に各人回想っぽいことを言うのも、第1話から見ていてこそ感慨深いものがあるわけで、3期から見始めた女児ちゃんは???かもしれん。

残るはファイルーズ&輝イブと、ミラクルキラッツ。
王道を征く展開ならキラッツ優勝で終わりなんだろうけど、「みんなが優勝、みんながイルミナージュクイーン!」という小学校の運動会みたいなENDだけはやめてさしあげろ。

キラッとプリ☆チャン 第147話 プリ☆チャンシネマパラダイスだッチュ!

申し訳ないが総集編はNG。

激川とらぁらの映画館で、キラッCHU主演AV上映。
ようやく制作もキラッCHUに求められているものがわかった…わかってない?

映画上映と言いながら、ひたすら過去のライブ映像を流す手抜き回。
マスコッツ、激川&らぁら、おしゃまトリックス等これまであまり流さなかったやつを見せていたのは、せめてものサービスですかね。

プリキュア業を終えたレスラーの奥さんとそのマスコットも登場、やはりプリチャンのライブは素晴らしいという桃山の台詞がまとめに入っていて悲しいなぁ…
現在は、コロ助による休みを補う延長戦でしかないのか、なんちゃらグランプリという大イベントを最後にプリチャン終了の噂も流れてきたけれど。

とりあえず、ライブ前にジャンプした激川の黄色パンツがモロ見えで大興奮、現場からは以上です。

キラッとプリ☆チャン 第146話 グッバイ! める様宇宙にいっちゃうパン?!

めるめる宇宙に還る。

まぁもともと宇宙人みたいな女だったしな~。
人間離れしためるめるには、宇宙は相応しい舞台なのかもしれない。

めるめるのご両親が宇宙から帰還、娘を連れて新たなプロジェクトへ…
しんみりする赤城と緑川、めるめる。3人の幼少期の話を映したりして、シリアスな展開に持っていくのが怪しいんだよなぁ。

どうせ勘違いだったとか、予定が変わったとかで地球に残ってこれまで通りメルティックスターの活動をするんだろ。

という予想を裏切って、本当にロケットに乗って宇宙に行ってしまっためるめる。
嘘だろ……もうあのめるめるの美乳を拝めないのか、ちょっとタツノコプロに電話させてもらうね。

後日、学校の校庭に着陸したロケット…に乗って登校してきためるめる、まさかのロケット通学。
宇宙を家というか拠点にしつつもロケットで地上と行き来して、今まで通りメルティックも活動すると。

   一 本 抜 か れ た

めるめるにはもう何度も抜かされてはいるけど、これは完全に予想の斜め上を行くオチだった。
さすがプリチャン、この番組にしかできない芸当を見せつけられた。
本紙記者の愚息もあえなく昇天。
プロフィール

四十路

Author:四十路
10万4?歳
軽佻浮薄

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR