FC2ブログ

ひなたんの誘惑



いや、最近Blog放置気味すみません。

日常生活でバタバタしており、アニメ録画も消化できず、精神的余裕が持てなくて…

母上の耳鼻科通院に付き添いもしたけど、本人が「コロナが怖いからもう行きたくない」と…
うーん、今はそこまで恐れることは…いや、怖いのか?また兄と相談して、説得するかどうか決めてみよう。

家電量販店にも行ってきて、先週見かけた「アイカツオンパレード」のゲーム筐体で遊んでいた20代(?)肥ったお兄さん、またいたよ…
前回にもまして、カードケースのカード増えてるような。気合入ってんなぁ。
アッー!ココさん使ってる!偉い、偉いぞキモオタ兄さん。
人気投票3位だからね、しょうがないね。

プリキュアその他売場では、平光ひなたがおいでおいでをするのを振り切って帰ってきた。。

昼間は良い天気なのに、夜になると雲が広がる気候で、ベテルギウスの観測もあまり出来ていません。
先日ちょっと見たら、少し明るさが回復しているような?
明るくなったり暗くなったりを繰り返しているのか、単なる観測条件の悪さかはわからないので、今後も注目していきたいと思います。

スポンサーサイト



ボビーの日。


今年はチョコなしかぁ…
と思ったとたんに、夕食時に送られてきたッ

義理…って言っちゃ失礼よな、十数年前には本命としてもらってたんだから。懐かしい2000年代。
とても美味しいです。
ありがとうボビー・バレンタイン、マリーンズを日本一にしてくれて。
もうBlogは見ていないよな、たぶん。。でもありがとう。

今日は夕方から、量販店内の眼鏡屋さんに用事に行ってきた。
発作が起きないように、ちゃんと服薬して休んで…楽じゃないし、きついけど帰宅したときの充実感バッチェ冷えてるゾ。

玩具売場も偵察したけど、スタプリ特売が泣けた。
まぁ今はヒープリの時代、商品の充実ぶりに感心したのであった。ラテぬいぐるみ高ぇよ。

アイカツオンパレードのゲーム筐体に向かって、20代半ばらしいお兄さんがプレイしてる!
カードケースにいっぱいのカードで遊んでる、気合が違うっていうか平日だから娘ちゃんに迷惑がかかりにくいというキモオタの鑑。

無論、それを横目で見ている私はプレイできないキモオタの屑。
心の中でrkちゃん!!💛 とか怖ぇよ。


殪れてのち已む



アニメではまった「上野さんは不器用」の原作を読んでみる。
なかなか面白いけど、さすがにアニメ2期はないんだろうなぁ…15分アニメってのは気が楽で見やすかった。
田中の反応が、アニメと微妙に違うのも面白いです。
芹澤さん結構好きなんじゃないか自分。


■以下しょーもない日記
なんか最近妙に疲労している感じだが、そんなこと言ってる場合じゃない。
これを乗り越えたところに、何か見えてくるのかもしれないと思っているのだけど、どうなんだろう。

自分の医者と、母上耳鼻科も残ってるんで、今は倒れてはいられない。
ちゃんと食べて、服薬もちゃんとして、適度な運動もして、体調を整えておかないと。

若い頃と比べて、一度発作が起きるとダメージ回復に時間がかかるようになってしまった。
そんなに老いてはいないつもりだけど、目に見えないスピードで衰えているってことよな、はーつっかえ。


冷たくしないで



先日、誕生日を迎えられた懐かしい同世代アイドル田村英里子さん。
いやぁ本当に懐かしい。
伝説の平成初期アイドル…というと言いすぎか。

埃をかぶったCDの山の中から出てきた一枚。
1989年作品で、私が聴いたのは病状が悪化する直前だから1991年はじめあたり?

定時制とか、20前とか多感な時期だった。
希望を持って入った高校で、人間関係の泥沼にはまって苦悩していた頃。
好きな異性を同い年の先輩に取られたりとか、上手くいかんもんだな…と痛感してた。

このアルバムの一曲「冷たくしないで」がとくに好きだったなぁ。
思春期特有の自己憐憫…?
いや、本当に好きな相手にはそんなものなくて、ひたすら思い詰める「若さ」が懐かしく羨ましい。

今はそんな気持ちはないもんなぁ。
相手がいないだけなのか、老いただけなのかは不明。

せめてもう一度だけ、あの日のときめきを…(ガクリ)


ネス●フェ


『マホガニーのテーマ』の思い出。
首を●●って失敗、親父に電気コードを外されて号泣したあの夜。

絶望、したつもりだった。

まだ若かったから希望を持っていたけど、かなわないと知った。
恥ずかしながら、あの時は自分が可哀想だと思った。
まったくケツの青いことよ。

本当の絶望がどんなものか、思い知るがいい。

自己憐憫は捨てた。
全て自分の責任、自分が招いたこと、自業自得。
可哀想なのは、私の人生に巻き込まれた人たち。
申し訳ない。

ああ、こう書いたからって自●なんかしないから大丈夫。
そんなに遠くない未来にくたばると思うんで、それまでせいぜいこの世というものを見ておこうと思う。


プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR